管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

Insheartおすすめ人気曲・アルバムランキング!心を癒す現役医師二人組ユニット

Insheart(インスハート)

【メンバー】Toshi(ボーカル・ヴァイオリン)/Jyun(ギター)

【ジャンル】J-POP/ジャズ

【活動期間】2015年~

 

2人組ユニットのInsheart。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめ人気曲ランキング

 

第5位 ちどりあし

 

第4位 あなたが生まれて

 

現役医師二人組による音楽ユニットInsheart。
「医療で身体を治すだけでなく、音楽を通じて心まで癒したい」という思いから結成に至ったという彼ら。
現役医師として人の身体を救い、音楽家として人の心を救おうというこの心意気。
「はいはい、売れる為に綺麗事を並べてるだけでしょ?」と思った人ももしかしたら居るのかもしれない。
売れる為だけに綺麗事を並べるアーティストは実際に居るし、そう思ってしまう気持ちも分かる。
だが、彼らInsheartは違うと断言できる。
何よりもその証拠に、実際の行動でその本気度を示している。
特にその中の活動で素晴らしいと思ったのは、病院や施設でのボランティアライブ。
同じ人間として敬意すら抱くほど、この活動は素晴らしい。

 

しかし、聴いてもらえなければ土俵にも立てない厳しい音楽の世界。
これだけ素晴らしい目標を持っていても肝心の音楽が低クオリティだったら意味が無いという心配も彼らの音楽を聴いてみると杞憂に終わった。
ボーカルToshiのハイトーンボイスの歌声とヴァイオリンの演奏。
そして、Jyunが奏でるギターの音色は、まさしく文字通り【癒し音楽】そのもの。
歌唱力・演奏力共にクオリティが高く、とても医業と並行して活動しているとは思えない。
音楽を奏でる彼らの姿は、まさしくアーティストそのもの。
心が癒され、さらに深く心を打つ魅力的なInsheartの楽曲の数々だが、題材も非常に深く踏み込んだ内容のものが多い。

 

第3位 おばあちゃんの のこしもの

 

「原爆」という重い題材をテーマにした楽曲「おばあちゃんの のこしもの」
実際に被爆者の方々のお宅に訪問し、その話を元にして制作されたこの楽曲。
被爆者の方が話す凄惨な内容とその言葉の重みが歌詞に強く反映されていて、原爆の惨さ、戦争の悲惨さがこの楽曲からは痛いほど伝わってくる。
特に歌詞で私が印象に残っている所は「二度と二度と二度とあの日を繰り返さないで」という言葉。
このおばあちゃんが一番言いたかったのはここなんじゃないかと私は思う。
実体験から原爆の悲惨さを伝える事が出来る人は年々少なくなっているが、このあまりにも悲惨過ぎる出来事は決して忘れてはいけないという事を強く思わせられる。
「手を繋いで一緒に歌う世の中を作りたい」
「この歌が世界中に広がることを心から願います」
という感想もあり、平和について考えさせられる楽曲。

 

第2位 ぬくもりに包まれて

 

「ぬくもりに包まれて」は、末期ガンで母を亡くした女性のお話。
母を亡くすという悲しい出来事がありながらも、それを乗り越え前を向いて生きる彼女の強さを感じる楽曲。
ヴァイオリンの切なくも情緒溢れる音色とToshiの感情の込められた歌声が、より歌詞の内容を引き立たせる。
歌詞の内容とMVのイラストも合っていて分かりやすく、一つの物語のような印象。
「涙が止まらないです」
「Amazing song」
といった感想もあり、聴いている人を感動させる楽曲。

 

第1位 孤独舞う蝶

 

おすすめ人気曲として挙げたInsheartの中で明らかに毛色が違う楽曲「孤独舞う蝶」
この楽曲のテーマはDV(ドメスティックバイオレンス)
誰しもが加害者にも被害者にもなる可能性があり、ある意味身近とも言えるテーマ。
DVという荒々しい内容がテーマの楽曲ということもあり、紹介した二曲とはヴァイオリンの使い方も、メッセージの伝え方もまるで違う印象を受ける。
Insheartの作る楽曲はバラード調を主体としたものが多い印象だったので、初めて聴いた時はこの楽曲の攻撃的な曲調に驚いた。
そして、様々な曲調の楽曲を作るJyunの作曲センスにも脱帽。
「もしもあなたがあの時この手を放すことが出来ていたら」
「あなたを本当に愛している人の手はあなたを傷つけたりはしない」
というPVに出てくる言葉は、精神科医として働いているJyunがDVに悩み精神が病んでしまった患者さんに対して伝えたい言葉なのかもしれない。

 

凄惨なものや重い事象から目を逸らさずに音楽を通して伝えたいことを伝える彼ら。
現役医師だからこそ書ける歌詞や特に説得力という点では、彼らにしか作れない音楽を作っていることは間違いない。
「医療で身体を治すだけでなく、音楽を通じて心まで癒したい」という彼らの思い。
この思いは既に少なからず伝わっている人には伝わっているはず。
そして、もっともっと音楽を通じて心に癒しが必要な人の手助けとなって欲しい。

スポンサーリンク

 

おすすめアルバム

 

おばあちゃんの のこしもの

収録曲一覧
01. The Bell
02. おばあちゃんののこしもの
03. 孤独舞う蝶
04. あなたが生まれて
05. K-now
06. 瞳の中のあなた
07. ぬくもりに包まれて
08. ちどりあし
09. 道化師
10. 足跡
11. Message

 

Pick Up!
05. K-now
09. 道化師

05. K-now

Toshiの力強くも繊細な歌声が魅力的な楽曲。
特にファルセットの透き通り具合が素晴らしい。
そしてヴァイオリンの音色も心地良く、間奏だけでも聴きたくなるレベルの演奏力。
Toshiの魅力的な歌声に壮大で幻想的なヴァイオリンと哀愁漂うギターの音色も相まって、感動を覚える楽曲。

 

09. 道化師

Insheartでは珍しくアップテンポで体が乗れる楽曲。
そしてそのサビのかっこ良さに惚れ惚れする。
どんな演出も出来るヴァイオリンの音色と多彩なギターの音色がそのかっこ良さに拍車を掛ける。
ちなみに個人的にはInsheartでこの楽曲が一番好き。
普段とはまた違う彼らのかっこ良さが味わえる楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した全ての楽曲が収録されている。
「楽しめて、感動出来て、考えさせられる」という様々な感情が自然と生まれる印象のアルバム。
「現役医師だし、音楽は副業で大したことないんでしょ?」と思っている人が居たとしても、このアルバムさえ聴いてもらえれば、そんなことは微塵にも思わないはず。
それほど本業がアーティストとしか思えないクオリティの高さで、Insheartの魅力がたっぷり詰まったベストアルバム。

 

最後に

 

Insheartというユニット名は、Inside your heart(あなたの心に寄り添う)という由来から名付けられたそう。
なんとも優しくも心温まる彼ららしい由来。
ちなみに、さだまさしの冠番組「生さだ」で紹介されたり、各TV曲から特集されたりと既にメディアでも取り上げられつつある彼ら。
そして、患者さんの為を思い病院の勤務地は明かしていない。
医者としてもアーティストとしても患者さんの事を第一に考える姿勢は本当に尊敬する。

 

これまで彼らがやってきた活動だけでも既に心を救われた人は絶対に居るはず。
今後も活動を続けて、様々な人の心に寄り添うような音楽を届けて欲しい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。