音楽の話題を中心に楽曲やアルバムを紹介していくブログ

ワルキューレおすすめ人気曲・アルバムランキング!フレイアΔ鈴木みのりに惚れる

ワルキューレ

【メンバー】美雲ΔJUNNA/フレイアΔ鈴木みのり/カナメΔ安野希世乃/レイナΔ東山奈央/マキナΔ西田望見

【ジャンル】アニメソング/J-POP

【活動期間】2016年~

 

5人組音楽ユニットのワルキューレ。
彼女達の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめ人気曲ランキング

 

ワルキューレというグループはテレビアニメ「マクロスΔ」に登場する架空の女性5人組による音楽ユニット。
架空と言ってもアニメ内の枠を飛び出し、各キャラクターの声や歌を担当する女性声優・歌手により現実に実在するグループである。
ちなみにメンバーの顔と名前と歌声が一致しない人は色で見分けるのがおすすめ。
紫→美雲ΔJUNNA
赤→フレイアΔ鈴木みのり
黄色→カナメΔ安野希世乃
黄緑→レイナΔ東山奈央
ピンク→マキナΔ西田望見
とどの楽曲でも基本的に色分けされている。

 

続編はあるかもしれないが、アニメ「マクロスΔ」の放送を終えた今もワルキューレとして、音楽活動を続けている。
現在も音楽活動を続けている背景には、アニメ内のユニットとして終わらせるには勿体無いほどの歌声と作曲者から提供される質の高い音楽。
そして、たくさんのファンが活動を望んでいる点にあるように感じる。
そんなファンを魅了するワルキューレの魅力はなんと言っても、メンバー全員それぞれに良さがある所。
歌唱力に特化したJUNNA、鈴木みのり、安野希世乃、声優出身で特徴的な声が魅力な東山奈央、西田望見。
この5人の役割とバランス感も絶妙。

 

第3位 絶対零度θノヴァティック

 

そんなメンバーそれぞれの良さが伝わる楽曲「絶対零度θノヴァティック」
この楽曲は、メンバー5人にわかりやすくソロの部分があるので、各メンバーの歌声がよくわかる。
それぞれが特徴的なその歌声によって、1フレーズごとに曲色が変わる所も魅力の一つ。
透明感があり神秘的な音とメンバーの歌声が上手くマッチしている楽曲。
「素晴らしい、全員がプロ!」
「5人が等間隔で良い仕事をしている」
「なんか中毒性がある」
という意見もあり、全員が主役でワルキューレの魅力が詰まった楽曲。

 

第2位 一度だけの恋なら

 

ワルキューレのデビュー曲となった楽曲「一度だけの恋なら」
出だしのインパクトの大きさで、始まりから即テンションの上がるこの楽曲。
そして、この楽曲の主役は間違いなくJUNNA。
この楽曲を聴けば、JUNNAの歌唱力の高さは一目瞭然。
ちなみに、このJUNNAだけ歌手が本業のプロでアニメ内のキャラクターの声優ではない。
マクロスFのシェリルパターンで、アニメ内の美雲・ギンヌメールの声優は、小清水亜美が担当している。
「紫の子の歌がずば抜けて上手い」
「紫の人ばかり見てしまう」
「紫の子の芯の強い歌声が好き」
とJUNNAの歌声に誰もがうっとり。
誰もが認めるJUNNAの声量と歌唱力の高さに、派手で疾走感のある音が合わさり、破壊力抜群の楽曲。

 

第1位 ワルキューレがとまらない

 

謎のトレーニング風MVだが、メロディ・音・歌声どれも取っても最強の楽曲「ワルキューレがとまらない」
中でも特にサビのメロディのタイトル通りの止まらない疾走感が堪らない。
あと、サビの所だけMVの動きが速くなる所がシュールでクスッと来る。
ちなみに、個人的にこの楽曲で一番好きな部分は、ラスサビ前の鈴木みのりの「とーまらないから」の所。
これは惚れる。
ここを迎える度に鳥肌も止まらない。
「一度だけの恋なら」の紹介で散々JUNNAを褒めちぎったが、実際他のメンバー(特に鈴木みのりと安野希世乃)の歌唱力のレベルも相当高いというのがこの楽曲からはよくわかる。
「なんだかんだで一番好き」
「映像はネタ感があって面白いのに歌は死ぬほどかっこいい」
「公式が病気ww」
といった意見もあり、曲でもMVでも良い意味で話題になる楽曲。

 

しかしワルキューレのような声優で構成されたグループというのは、少なくとも必ず一人は「本業は声優なんだから歌唱力にはある程度目をつむろう」と思うものだが、ワルキューレに至っては目をつむる必要が無いっていう。
全員の歌唱力・歌声が素晴らしいのはもちろん、その中でも上手すぎて目立ってしまうJUNNAの歌声には、本当に驚かされる。
ちなみに、JUNNAは2017年3月に安野希世乃は2017年7月にソロデビューを果たしている。
そしてワルキューレのメンバーで個人的に最も推している鈴木みのりも2018年にソロデビューが決まっている。
透き通っていて芯が強く、可愛くリリカルな歌声なのに、たまにかっこ良さも垣間見える彼女の歌声が堪らなく好き。
「鈴木みのりは天使」というのは、間違いない。
そう思うほど、彼女の魅力にどっぷりハマっている。
ソロデビュー後も作曲に恵まれず相当な駄曲のオンパレードにならない限り、彼女のアルバムは買うことになりそう。
そういったソロでの活動も込みで、今後のワルキューレメンバーのとまらないような活躍が非常に楽しみ。

スポンサーリンク

 

おすすめアルバムランキング

 

第3位 ワルキューレがとまらない

【収録曲一覧】
01. ようこそ! ワルキューレ・ワールドへ
02. 涙目爆発音 ~with Claire~
03. 星間飛行 ~Freyja Ver.~
04. 僕らの戦場 ~Freyja Solo Edition~
05. ダイアモンド クレバス ~Mikumo Ver.~
06. 僕らの戦場 ~Mikumo Solo~
07. GIRAFFE BLUES ~Kaname Solo Requiem~
08. ワルキューレがとまらない

 

Pick Up!
03. 星間飛行 ~Freyja Ver.~
05. ダイアモンド クレバス ~Mikumo Ver.~

03. 星間飛行 ~Freyja Ver.~

誰もが知っているマクロスFのランカ・リー(中島愛)の「星間飛行」フレイアver。
原曲はもちろん名曲だが、それに負けずとも劣らない。
ちなみに鈴木みのりは中島愛の握手会に参加したことがあるほどの筋金入りのマクロスFファン。
だからこそ、この再現度の高さが実現出来たのかもしれない。
フレイアファン、鈴木みのりファンにとっては堪らない楽曲。

 

05. ダイアモンド クレバス ~Mikumo Ver.~

マクロスFのシェリル・ノーム(May’n)の「ダイアモンド クレバス」の美雲ver。
演出込みで原曲が強すぎてなかなか越えられないかもしれないが、それでもこのJUNNAの歌う「ダイアモンド クレバス」も素晴らしい。
特にサビは、何度リピートしても感動出来る。
マクロスFを観ていた人からするとおそらくこの「ダイヤモンド クレバス」はきっと特別な楽曲。
そんな楽曲とJUNNAの質の高い歌声が見事に合わさった一曲。


この2曲に加えて、おすすめの人気曲として紹介した「ワルキューレがとまらない」が収録されている。
「マクロスΔ」のレアトラック集ということで、マクロス関連の楽曲がズラリ。
美雲、フレイア、カナメそれぞれ主役の楽曲があり、マクロスΔの世界観に入り込める一枚。
特に「マクロスΔ」を観ていた人におすすめしたいアルバム。

 

第2位 Walkure Trap!

【収録曲一覧】
01. Absolute 5
02. 絶対零度θノヴァティック
03. おにゃの子☆girl
04. LOVE! THUNDER GLOW
05. Silent Hacker
06. 破滅の純情 ~Mikumo Solo~
07. Hear The Universe
08. 涙目爆発音
09. ワルキューレのバースデイソング
10. God Bless You
11. 風は予告なく吹く ~Freyja Solo~
12. 愛・おぼえていますか

 

Pick Up!
01. Absolute 5
10. God Bless You

01. Absolute 5

一曲目から最高の楽曲でスタート。
戦術音楽ユニットというワルキューレらしさが存分に出ている印象。
サビの歌声とハモリで厚みと勢いが出ている。
秀逸なメロディはもちろん、メンバーの歌声が交わるサビの部分は、感動してしまうレベル。
それに加え、個人的には鈴木みのりのソロパートの部分が、言葉では言い表せないくらい最高に好き。
良い意味で「これが一曲目ってマジかよ」と思ってしまうほど、クオリティの高い神曲。

 

10. God Bless You

フレイアΔ鈴木みのりが主役の楽曲。
彼女の歌声は天使だって、はっきりわかるんだね。
アニメ「マクロスΔ」の劇中歌としても使われていた、心に響くバラード。
曲中にフレイアとしてのセリフが入っていて、彼女の声の魅力が十二分に感じられる楽曲。


この2曲に加え、おすすめ人気曲として紹介した「絶対零度θノヴァティック」が収録されている。
このアルバムからは、これまで以上に聴き手を引き付けるような魅力を感じる楽曲が多い印象を受ける。
どちらかと言うと迫力や勢いよりも癒しや落ち着きを感じられて、前作までとはまた趣が違うといった感じ。
成長を遂げ、さらに洗練されたワルキューレの魅力が味わえるアルバム。

 

第1位 Walkure Attack!

【収録曲一覧】
01. 恋! ハレイション THE WAR ~without Freyja~
02. 一度だけの恋なら
03. ジリティック□BEGINNER
04. 不確定性☆COSMIC MOVEMENT
05. 僕らの戦場
06. NEO STREAM
07. AXIA ~ダイスキでダイキライ~
08. GIRAFFE BLUES
09. Walkure Attack!
10. ルンがピカッと光ったら ~album version~
11. いけないボーダーライン ~album version~
12. 恋! ハレイション THE WAR ~album version~

 

Pick Up!
07. AXIA ~ダイスキでダイキライ~
08. GIRAFFE BLUES
11. いけないボーダーライン ~album version~

07. AXIA ~ダイスキでダイキライ~

この楽曲の主役は、カナメΔ安野希世乃。
どこかお淑やかで澄んでいる彼女の歌声とピアノとオーケストラの音色が美しいこの演奏は最高の組み合わせ。
アニメ「マクロスΔ」の挿入歌で、この楽曲が聴きたいが為にこのアルバムを買った方も居るほど。
アニメを観ていなくても、彼女の歌声と良質な音・メロディに感動できること間違いなしの美しく儚い神曲。

 

08. GIRAFFE BLUES

この楽曲は何回聴いても感動して泣きそうになる。
1番はフレイアΔ鈴木みのり、2番は美雲ΔJUNNAという構成。
正直どちらの歌声も甲乙付け難いほど、素晴らしい。
壮大なバラードで歌唱力・歌声勝負の曲なのに、この圧倒的な高クオリティ。
歌声も曲もあまりに良すぎて涙が出る神曲。

 

11. いけないボーダーライン ~album version~

どこか懐かしく大人でセクシーな印象の楽曲。
特にJUNNAの歌声は、どう考えても十代のそれじゃない。
そのJUNNAのセクシーさと鈴木みのりのキュートさ。
この二つの魅力を感じることが出来る楽曲。


この3曲に加え、おすすめ人気曲として紹介した「一度だけの恋なら」が収録されている。
ポップで楽しい曲とシリアスで泣ける曲の住み分けが素晴らしい。
どの楽曲もメンバーそれぞれの個性が活かされていて、聴き応え抜群。
そして、どの楽曲もシングルで出しても問題ないほどの完成度。
アニメの枠を完全に超越したワルキューレの魅力が詰まった最高のアルバム。

 

最後に

 

フレイア・ヴィオン役は一般公募のオーディションで選ばれた新人が声と歌を担当するという形だった。
いわゆる、マクロスFのランカ・リー中島愛方式。
そのオーディションを見事に勝ち抜いたのが鈴木みのり。
鈴木みのりを選んでくれた河森正治総監督には、感謝しかない。

 

ちなみに、他の主要キャラも基本的にオーディションで決めたが、特に美雲役の人材探しは難航したらしい。
でも無理もない。
エースボーカルで圧倒的な歌唱力の持ち主という人材探しの難しい設定。
逆にそこによくJUNNAという適役が見つかったなという感じ。
エースボーカルという非常に重要なポジションなのに、役通りの圧倒的な歌唱力でアンチを沸かせないJUNNA半端ない。

 

たくさんの人をアニメ内でも現実世界でも魅了するワルキューレが今日に至るまでは、色々な苦労があったのが窺える。
でもここまで入り込めるグループを作ってくれたアニメにも、携わってきた人にも、そしてもちろんメンバーにも感謝したい。
ワルキューレというグループが今後ずっと続いていくとは考えにくいが、メンバーそれぞれのソロ活動が続くかどうかは、おそらく需要次第。
今後のワルキューレメンバーのそれぞれの活躍を心から応援したい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。