管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

Awesome City Clubおすすめ人気曲・アルバムランキング!PORIN「温泉に入るぞっ」

Awesome City Club(オーサムシティクラブ)

【メンバー】atagi(ボーカル・ギター)/PORIN(ボーカル・シンセサイザー)/モリシー(ボーカル・ギター・シンセサイザー)/マツザカタクミ(ベース・シンセサイザー・ラップ)/ユキエ(ドラムス)

【ジャンル】J-POP/シティポップ/ファンク

【活動期間】2013年~

 

5人組バンド、Awesome City Club。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめ人気曲ランキング

 

第5位 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる

 

第4位 Don’t Think, Feel

 

音楽の心地良さとオシャレ感が魅力的なバンド、Awesome City Club。
通称、ACC。
なんて楽しそうな集団なんだろう。
これは若者が憧れそうだ。
しかし、彼らの音楽を聴いて、初めて浮かんだ感想は「劣化Suchmos」というマイナスイメージ。
だが、結局の所それは最初のみで、聴き込んでみるとSuchmosとは違った面が多数見えてくる。

 

ACCにあってSuchmosには無いもの。
それは、女性陣を上手く使った華やかさとそれに準じたリスナーの幅の広さ。
若い世代に刺さるのはおそらくこっち。
そして女性リスナーをより獲得出来そうなのもこっち。
彼らのMVを観ていると、こういった所で他のポップバンドと差別化を図っている印象を受ける。
若者が憧れるようなオシャレ感の演出の上手さというのか。
この部分が、同ジャンルのバンドと比べても突出している。
時にこの過ぎるリア充感に居た堪れなくなる時があるが・・・。

 

第3位 青春の胸騒ぎ

 

そして、ACCで初めて聴いた楽曲が「青春の胸騒ぎ」だったので「劣化Suchmos」という感想が口を衝いたのかもしれない。
ジャンルも近く、雰囲気が似ていたせいもある。
だが、聴き込んでみると女性ボーカルが入るだけで、それはもう別物だと気付かされる。
「これがACCの中で一番良い!」
「この人達がしたい音楽が詰まっている感じがする」
「このグルーヴ感めっちゃ良い」
とACCでNo.1楽曲という太鼓判を押す方も多い良曲。
しかし・・・。
PORIN「いえーい、温泉に・・・入るぞっ」
ってなんか上手く言えないけど、これズルくない?
ここ観る為だけにMV再生してる人居るでしょ?
こういう所、本当に抜かりないけど、これもまた彼らの持ち味か。

 

第2位 アウトサイダー

 

「青春の胸騒ぎ」に比べてポップでキャッチーな印象が強い「アウトサイダー」
彼らがデビューして最初に作った楽曲だと言うのに、この完成度の高さである。
ギターのカッティングから掴みはOK。
そこから、キャッチーなメロディに繋がっていき、聴き心地も抜群の楽曲。
そして、楽器一つ一つの音を大事にしている印象で、どの音色も目立ち過ぎず、消え過ぎずの絶妙なバランス加減。
「フジファブリック全盛期のような雰囲気を感じる」
「度肝を抜かれた」
「一目惚れしました!」
とこの曲をきっかけにACCにハマったという方も多い。
そして「今始めるのさ」「今踏み出すのさ」という歌詞からも伝わる。
決意が込められた彼らの出発点とも言える楽曲。

 

第1位 ASAYAKE

 

そして「ASAYAKE」は、これまでのACCの楽曲とは一味違う印象。
これまで培ってきたシティポップ要素の脱却。
引き出しは多いに越したことは無いし、この楽曲が彼らの今までの魅力を消しているとは一切思わない。
これまで以上に、先進的になり、音楽の質の向上と幅の広がりも感じる。
ただ、一般的にこの楽曲は賛否両論の様子。
「個人的に神曲」
「この路線に付いていけないならそれまで」
「このバンドは日々進化している」
という賛成意見から
「シティポップ要素どこ行ったの?」
「これは求められてる方向性じゃない」
「なんか嫌」
という否定意見まで、聴いた人が感じる意見は様々。
だが、個人的には圧倒的に賛成意見に賛同。
一つのジャンルやポリシーを貫くバンドももちろんかっこいい。
だが、好きなバンドほど毛色が違う楽曲だって興味本位で聴いてみたくなるもの。
そして、この楽曲を聴いちゃうと「劣化Suchmos」とか完全にただの妄言になる件。

 

しかし、ACCのメンバーから溢れ出るリア充感はやっぱり何故か居た堪れない気持ちになる。
信頼できる仲間と本当に楽しそうに音楽を作っているこの感じ。
キラキラし過ぎてて直視出来ないよ。
嫉妬と羨望を込めて・・・。
「リア充メンバー共め!爆発しろ!」
そして、今後も良曲量産を楽しみにしてる。

スポンサーリンク

 

おすすめアルバムランキング

 

第2位 Awesome City Tracks 4

【収録曲一覧】
01. 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
02. Girls Don’t Cry
03. Sunriseまで
04. Cold & Dry
05. Movin’on
06. 青春の胸騒ぎ
07. Action!

 

Pick Up!
03. Sunriseまで
07. Action!

03. Sunriseまで

音の多彩さには毎度のことながら驚かされる。
これぞシティポップという音楽。
atagiの歌声は、音を一切殺さない。
優しくて繊細なこの歌声があってこそのACCの音楽だと気付かされる。
これを聴きながら夜の街を散歩とか最高の贅沢。
個人的にACCで一番好きな良曲。

 

07. Action!

ピアノの音色が特徴的な楽曲。
このピアノの音色とギターのカッティングの相性は抜群。
曲調はピアノJ-POPという印象。
聴きやすく心地良いというACCの持ち味が詰まった楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」「青春の胸騒ぎ」が収録されている。
様々な色の楽曲で構成されていて、何度リピートしても全く聴き飽きない。
彼らの様々な持ち味を一曲一曲に反映させている印象で、その引き出しの多さに脱帽。
全7曲という少なさを感じさせない内容の濃いミニアルバム。

 

第1位 Awesome City Club BEST

【収録曲一覧】
01. ASAYAKE
02. 青春の胸騒ぎ
03. 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
04. Vampire
05. Don’t Think, Feel
06. pray
07. アウトサイダー
08. GOLD
09. Lullaby for TOKYO CITY
10. 涙の上海ナイト
11. 4月のマーチ
12. Lesson
13. Children

 

Pick Up!
04. Vampire
12. Lesson

04. Vampire

ヴァンパイアなんてタイトルだし、一体どんな悪魔的な楽曲かと思いきや・・・。
まさかの超絶キュートな楽曲。
ポップで可愛らしさ全開のこの路線でも勝負出来るのは、彼らの強み。
歌詞も秀逸で歌詞を読むだけでその可愛い乙女心にキュン死にしそうになる。
その歌詞に加え、透明感溢れる音からどこか舌足らずで甘えたPORINの歌声まで全てが可愛い。
兎にも角にも、PORINにメロメロになってしまう楽曲。

 

12. Lesson

シンセ・ドラム・ベース・ギター。
全ての楽器が主役のような音使いは、さすがとしか言いようが無い。
この楽曲のボーカルの主役はatagiで、裏声を駆使した歌声もまた美しい。
どこか懐かしさも感じる全歌詞英語の楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した全ての楽曲が収録されている。
これまでのACCのミニアルバム「Awesome City Tracks1~4」の集大成と言う位置付けのアルバム。
メンバーがセレクトしたこともあり、ACCを代表する楽曲が多く、ACCというバンドを知ってもらうのに持ってこいの一枚。
これまでの集大成でもあり、ここからまた新たなACCのスタートという強い思いが伝わるアルバム。

 

最後に

 

一つ気になったのは初めて聴いたにも関わらず、楽曲「アウトサイダー」の既視感ならぬ既聴感。
どこで聴いたんだろう・・・と考えてながら、調べて行きついたのがフジファブリックの「パッションフルーツ」
既聴感は、これが原因で間違いない。
改めて聴き比べてみると確かに似てる。
似てるというかサビの入りは全く一緒というレベル。

 

彼らが知らず知らずのうちに、フジファブリックから影響を受けていたのかもしれない。
それに、これだけ膨大な数の音楽があればメロディが多少被るのは仕方が無い事。
おそらく私と同じ感想も持った方も居るはずだが「パクリだー!」と非難して音楽の幅を狭めないで欲しい。

 

しかしACCは、この活動期間の短さで既に日本以外、台湾でも公演も行っているとは驚き。
ミニアルバムの発売スパンも短かったし、この行動力と挑戦心は他のバンドも見習うべき。
そして、私も見習いたい。

 

まだまだバンドとしてスタートを切ったばかりのAwesome City Club。
彼らが行きつく先を1リスナーとして見届けたい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。