音楽の話題を中心に楽曲やアルバムを紹介していくブログ

fhánaおすすめ人気曲・アルバムランキング!towanaの歌声は唯一無二

fhána(ファナ)

【メンバー】towana(ボーカル)/佐藤純一(キーボード・コーラス)/yuxuki waga(ギター)/kevin mitsunaga(サンプラー・鉄琴)

【ジャンル】J-POP/アニメソング

【活動期間】2012年~

 

4人組グループのfhána。
彼女達の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめ人気曲ランキング

 

第5位 ムーンリバー

 

第4位 Hello!My World!!

 

様々なアニメソングのタイアップを手掛けるfhána。
特にアニメファンから絶大な支持を受けており「fhánaの作るアニソンにハズレ無し!」と言われるほど。
最近になって再びアニメを観始めた自分もその意見に納得。
どれも素晴らしい楽曲ばかりで、いつもは飛ばしがちなOPもfhánaの楽曲だと最後まで聴いてしまう。

 

そして、fhánaの最大の特徴とも言えるのが、ボーカルtowanaのハイトーンボイス。
どうです、このtowanaの歌声。
癖になるでしょう?
リピートが止まらないでしょう?
私はこの中毒性から抜け出せなくて、特に最近は1日1fhána再生しないと禁断症状が出る始末。
この歌声+αで中毒性に拍車を掛けているのが、楽器隊の多彩な音使いからなる演奏。

 

第3位 星屑のインターリュード

 

楽器隊の多彩な音使いとfhána特有の中毒性の両方がしっかりと感じられる楽曲「星屑のインターリュード」
始まりの透明感溢れるイントロで既に鳥肌もの。
そして、その演奏にtowanaの歌声が加わることによって、誰にも真似出来ないfhánaにしか作れない音楽になる。
メロディも秀逸で、聴き飽きない所も魅力。
「この楽曲はtowanaの歌声にマッチしていて非常に気持ち良い」
「なんか頭から離れない」
「この曲を聴くために天体のメソッドを観てた」
とファンからも非常に評価が高い楽曲。

 

第2位 ワンダーステラ

 

fhánaの中でもシリアスでかっこ良い楽曲「ワンダーステラ」
「ワンダーステラ」は特にfhánaのブレインで作曲担当の佐藤純一の音楽能力の高さが際立つ印象を受ける。
この楽曲に限らずだが、towanaの歌声を最大限に活かす作曲は本当に素晴らしい。
クールでかっこ良さに特化したfhánaも魅力的だというのがわかる楽曲。
ちなみに、この楽曲は女性でも歌うと喉が死ぬらしい。
確かに聴いているだけでtowanaの凄まじい音域の高さがわかる。
「何度聴いても神曲」
「いつ聴いても飽きない」
「この心地良い高音と歌詞にグッド」
とtowanaの高音に魅了される方が多数。
fhánaの楽曲の中でもtowanaの歌声の魅力がよくわかる楽曲。

 

第1位 青空のラプソディ

 

1日1fhána再生の元凶になってしまった楽曲「青空のラプソディ」
最初聴いた時は
「何の変哲もない明るい歌だなぁ・・・」
と思っていた時期が僕にもありました。
一回聴く→あれ?なんかもう一回聴きたい
二回聴く→あれ?なんかさっきより良い
三回聴く→なんや神曲やんけ!!
以降は常に神曲。
「青空のラプソディ」はそんな楽曲。
中毒性という観点から見ればfhánaの楽曲の中でも最強だと私は思う。
「中毒性半端ない」
「声が最高過ぎる」
「センスの塊」
と誰もが感じる作曲のセンスとtowanaの歌声。
そして、とてつもない中毒性。
気付いたら鼻歌を歌ってしまうほど、耳を離れない神曲。

 

fhánaの最大の魅力はなんと言ってもボーカルtowanaの唯一無二の歌声。
fhánaは元々ゲストボーカル制度を採用していたが、towanaの歌唱があまりに良かった為にtowanaを正式メンバーに格上げ。
towanaを正式メンバーとして迎え入れたのは、おそらくfhána最大のファインプレーだったように思う。
今後もfhánaが作るtowanaの歌声の魅力を引き出してくれる楽曲の数々が楽しみで仕方がない。

スポンサーリンク

 

おすすめアルバムランキング

 

第2位 What a Wonderful World Line

【収録曲一覧】
01. The Color to Gray World
02. What a Wonderful World Line
03. ワンダーステラ
04. Relief
05. little secret magic
06. Antivirus
07. 虹を編めたら
08. Critique & Curation
09. c.a.t.
10. Appl(E)ication
11. 追憶のかなた
12. ホシノカケラ
13. コメットルシファー~The Seed and the Sower~
14. gift song

 

「What a Wonderful World Line」全曲試聴動画

 

Pick Up!
04. Relief
11. 追憶のかなた

04. Relief

fhánaでは珍しく全歌詞英語の楽曲。
それでも透明感溢れる音使いと透き通るtowanaの歌声はもちろん健在。
英語の歌声だからこそ、より感じられる繊細さや耳当たりの良さがあってtowanaの更なる魅力に気付ける。
聴き心地が良く、聴いているだけで幻想的な風景が広がるような楽曲。

 

11. 追憶のかなた

とにかく「感動」の一言。
ピアノの音色が際立った壮大なバラード。
そして、towanaの透き通る歌声が心にグッと来る。
ピアノの音色とtowanaの歌声で感動を誘えるのもfhánaの強み。
鳥肌必須の良曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した「ワンダーステラ」が収録されている。
明るくポップで楽しいfhánaというよりは、心地良く癒されるfhána成分が多めという印象を受ける。
fhána特有の壮大かつ幻想的な演奏とtowanaの透き通る歌声に癒されたい方にこそ、おすすめしたいアルバム。

 

第1位 Outside of Melancholy

【収録曲一覧】
01. Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~
02. tiny lamp
03. divine intervention
04. lyrical sentence
05. スウィンギングシティ
06. はじまりのサヨウナラ
07. いつかの、いくつかのきみとのせかい
08. Paradise Chronicle
09. ARE YOU SLEEPING?
10. ケセラセラ
11. innocent field
12. 君という特異点 [singular you]
13. 星屑のインターリュード
14. white light

 

「Outside of Melancholy」全曲試聴動画

 

Pick Up!
01. Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~
02. tiny lamp
05. スウィンギングシティ

01. Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~

爽やかで明るいこのアルバムを象徴する楽曲。
聴いていると視界がパッと広がるような心地良さに感動する。
そして、サビは心が弾むようなメロディとtowanaの歌声にワクワクする。
以降の楽曲が楽しみになる、これ以上ない最高の一曲目。

 

02. tiny lamp

爽快感と疾走感を兼ね備えた楽曲。
明るい、楽しいという陽のfhánaの魅力が凝縮されている楽曲という印象。
そしてこの楽曲は、個人的にfhánaのTHE BEST DRIVE MUSICに認定したい。
是非ともドライブのお供に推薦したい楽曲。

 

05. スウィンギングシティ

この楽曲はドライブというよりお散歩。
歩きながら聴きたいような印象の楽曲。
色々な方向から違う「楽しい」を表現出来るfhánaは本当に凄い。
弾むようなピアノの音色と透き通るtowanaの歌声で、オシャレな街並みが想像できる楽曲。


この3曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した「星屑のインターリュード」が収録されている。
このアルバムは爽やかで楽しい陽気なfhánaの魅力が凝縮されている印象。
引きこもりの私でも外に出て街に行きたくなるような爽快感溢れる楽曲の数々。
fhánaの明るさ、爽やかさに魅力を感じてる人は満足出来ること間違いなしのアルバム。

 

最後に

 

fhánaのメンバー全員がアニメ「CLANNAD」のファン。
なので、同じ京アニの「小林さんちのメイドラゴン」のタイアップが決まった時は、本当に嬉しかったと語っている。
私も大好きな「小林さんちのメイドラゴン」の主題歌「青空のラプソディ」は「fhána史上最も明るい曲を作ってくれ!」と言われ佐藤純一が試行錯誤した末に完成した楽曲。
fhánaの作詞担当の林英樹から歌詞が送られてきた時は予想以上に明るい歌詞(特にchu chu yeah!の部分)で驚いたそうだが「青空のラプソディ」は、今やじわじわとロングヒットを続けfhána最大のヒットシングルになっている。

 

ちなみに、fhánaというグループ名は、ゲール語の坂(スロープ)に由来している。
これも「CLANNAD」というタイトルがゲール語が由来という説にちなんでいるらしい。
このグループ「CLANNAD」どんだけ好きやねん。

 

殻を破るような意欲的な挑戦を続け、良い意味でfhána自体が「何でもアリになってきている」という。
その意欲的な挑戦の結果「青空のラプソディ」という神曲が完成したと言っても過言では無い。
今後も殻を破りまくってfhánaという存在をたくさんの人に知って欲しい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。