管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

flumpool熱再び!最近のかっこ良さはもはや反則。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

flumpool

【メンバー】山村隆太(ボーカル・ギター)/阪井一生(ギター)/尼川元気(ベース)/小倉誠司(ドラムス)

【ジャンル】ロック/J-POP

【活動期間】2007年~

 

4人組ロックバンドのflumpool。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 Because… I am

 

第4位 どんな未来にも愛はある

 

第3位 花になれ

 

第2位 強く儚く

 

第1位 夜は眠れるかい?

 

夜は眠れるかい?を聴いて、flumpool熱が再燃。
それほどかっこ良さに衝撃を受けた楽曲。
演奏、歌声、MVどこをとっても神がかったかっこ良さ。

 

今までのflumpoolとは明らかに違うベクトルで魅力溢れる曲。
彼らがここまで振り切ったかっこ良さを持ち合わせているなんて・・・。
正直、初めて聴いた時はflumpoolの楽曲だなんて思いもしなかった。
どうしても爽やかなと切なさを兼ね備えたバンドというイメージが強かったが、そこをいい意味で払拭してきた、まさに凄まじい衝撃を受けた楽曲。

 

強く儚くは、切なさに振り切った楽曲。
聴く度に感傷に浸れる名曲。
この曲と夜は眠れるかい?と有名な君に届け。
この3曲全部同じバンドとか・・・。
彼らの音楽の幅とセンスがヤバ過ぎる。

 

キャッチーなメロディと爽やかな歌声。
まさにポップロックの代名詞という存在でもあったflumpool。

 

彼らと音楽のスタイルが似ていて、ポップロックを売りにしているバンドに対して「flumpoolっぽいね」なんて言っていたが、夜は眠れるかい?という楽曲の存在で、この言い方はflumpoolに対して失礼。
今後そういう言い方は、自重しようと思う。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第2位 The Best 2008-2014「MONUMENT」

【収録曲一覧】
[DISC-1]
01. 花になれ
02. 星に願いを
03. どんな未来にも愛はある
04. 春風
05. 君をつれて
06. 微熱リフレイン
07. Belief ~春を待つ君へ~
08. MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~
09. labo (Re-format)
10. two of us
11. 強く儚く
12. Over the rain ~ひかりの橋~
13. ビリーバーズ・ハイ
14. 覚醒アイデンティティ
15. 証

 

[DISC-2]
01. 明日への賛歌
02. reboot ~あきらめない詩~
03. 大切なものは君以外に見当たらなくて
04. 今年の桜
05. 残像
06. Because… I am
07. Touch
08. Answer
09. イイじゃない?
10. 見つめていたい
11. Hydrangea
12. Snowy Nights Serenade ~心までも繋ぎたい~ (Choral Xmas Ver.)
13. 夏Dive
14. 君に届け
15. フレイム

 

Pick Up!
[DISC-1]02. 星に願いを
[DISC-1]09. labo(Re-format)
[DISC-2]03. 大切なものは君以外に見当たらなくて
[DISC-2]09. イイじゃない?

[DISC-1]02. 星に願いを

これぞ、flumpool。
聴きやすく爽やかで大衆に受ける音楽。
まさに、イメージ通りのflumpoolといえる楽曲。

 

[DISC-1]09. labo(Re-format)

サビが印象的で耳に残る。
メロディにどこか懐かしさを感じる楽曲。

 

[DISC-2]03. 大切なものは君以外に見当たらなくて

雰囲気が一味違う楽曲。
この音楽の幅の広さも彼らの武器。
独特のテンポとメロディで、flumpoolの中では少し異質な楽曲。

 

[DISC-2]09. イイじゃない?

アダルトな雰囲気を感じる、オシャレな楽曲。


この4曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、強く儚く、花になれ、どんな未来にも愛はある、Because… I amが収録されている。
これまでのflumpoolの集大成とも言える二枚組ベストアルバム。

 

第1位 EGG

【収録曲一覧】
01. 解放区
02. 夜は眠れるかい?
03. World beats
04. 今日の誓い
05. DILEMMA
06. 絶体絶命!!!
07. LINE
08. Dear my friend
09. 産声
10. とある始まりの情景 ~Bookstore on the hill~
11. 夏よ止めないで ~You’re Romantic~
12. 輪廻
13. Blue Apple & Red Banana
14. 明日キミが泣かないように

 

Pick Up!
03. World beats
06. 絶体絶命!!!
12. 輪廻

03. World beats

歌声の加工とか今までのflumpoolには無かった。
音楽も明らかに今までとは違う面を感じる。
flumpoolの音楽への意欲と新しさを感じる楽曲。

 

06. 絶体絶命!!!

かっこ良さ溢れる楽曲。
響くギターの低音とエレキギターの高音が本当に堪らん。
夜は眠れるかい?だけじゃなかった。
この路線の開拓を希望。
かっこ良さに振り切ったflumpoolが味わえる楽曲。

 

12. 輪廻

重く深い歌詞が心に響く曲。
迫るような歌声も魅力的な楽曲。


この4曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した夜は眠れるかい?が収録されている。
これまでのflumpoolの魅力、そして新境地を開拓してきたflumpoolの魅力。
どちらも味わえる、まさに傑作と言えるアルバム。

 

最後に

 

夜は眠れるかい?以前にも、Because… I amやAnswerなどロックを全面に出した曲はあったが「まあまあ良い曲」止まりで再燃とまではいかなかった。

 

花になれがLISMOのCMソングとして流れていた当時私はクソガキでしたが、メロディと歌声に惚れflumpoolのファンに。
当時は、友人とライブに足を運んだこともあるほど。
その後楽曲にワンパターン化を感じ、それ以降ほとんどflumpoolを聴かなくなった。
そして年月が経ち、夜は眠れるかい?を聴いて彼らのかっこ良さに惚れ、flumpool熱が再燃するという。

 

私が再燃したキッカケもflumpoolが、貪欲に曲を作り続け、更なる開拓をしようとした結果。
この挑戦する気持ちは、音楽を聴いてもらう上でアーティストにとって最も大切なことなのかもしれない。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。