管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

Aimerおすすめ人気曲・アルバムランキング!顔を隠し病気を公表せずとも

Aimer(エメ)

【生年月日】1990年7月9日

【職業】歌手/作詞家

【ジャンル】J-POP/アニメソング

【活動期間】2011年~

 

歌手で作詞家のAimer。
彼女の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめ人気曲ランキング

 

第5位 ポラリス

 

第4位 茜さす

 

第3位 歌鳥風月

 

第2位 everlasting snow

 

第1位 us

 

この人の声は本当に凄い。
最近は、主に音楽番組やCMでAimerの歌声をふと聴く機会が増えたが、その度に聴き入っている自分が居る。
ちなみに音声・音響のプロは、このAimerの唯一無二の声を「振幅のゆらぎと周波数のゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主」と分析していて、その道のプロに対しても「他のシンガーとは違う」と言わしめている。

 
そして、現在のAimerの声質・歌唱法は、過去に声帯を酷使し、痛めた際に確立したもの。
けがの功名・・・という言い方は好きではないが、酷使の副産物というか。
言うなればAimerが現在の自分の声と出会ったことは、まさに運命という言葉がしっくりくる。
「奇跡の声」という魅力的だが、どこかありふれたキャッチフレーズは彼女の為にあると言っても過言では無いのかもしれない。

 

その「奇跡の声」の魅力を遺憾なく発揮している楽曲、花鳥風月。
「シンプルな伴奏だからこそ、Aimerの歌声が際立って綺麗に聴こえる」
「生でこれを聴いたら、泣いてしまう」
「これを超える楽曲は、当分出ない気がするくらい良い曲」
と聴く人に言わしめるほどの、良曲。
【バラード+Aimerの歌声=神】
この方式あると思います。

 

そして、everlasting snowは聴くと毎回のように鳥肌が立つ。
冬にこれ以上に聴きたくなる楽曲が他にあるのか?
私は無い。
冬になったら、色々な場所でこの曲を流すべき。
というか、流せ。
それだけで、冬の季節感をグッと感じられるBEST OF WINTERSONG。

 

ここまでの流れでAimerの歌声は本当に優しくて癒される・・・。
と思わせてからのus。
この人は、迫力とかっこ良さも兼ね備えているという凄さ。
ちなみに、この楽曲は凛として時雨のTKが提供したもの。
なので、曲調は時雨色満載だが、完璧に自分の物にして歌いきっているAimerに脱帽。
これ歌うの相当難しいと思う。
だが、どんな楽曲でも彼女は完璧に歌いきる。
彼女の歌唱・表現のスキルの高さがよく分かる楽曲。

 

あまりに魅力的過ぎる歌声も持つ彼女。
デビュー時に顔を見せなかったり(現在は音楽番組にも出演し、素顔は周知)病気を公表して声や経緯に箔を付けなくても、歌声で聴く人を魅了して売れてた。
これは間違いないと思う。

スポンサーリンク

 

おすすめアルバムランキング

 

第3位 daydream

【収録曲一覧】
01. insane dream
02. ninelie with chelly (EGOIST)
03. twoface
04. Higher Ground
05. for ロンリー with 阿部真央
06. 蝶々結び
07. カタオモイ
08. Hz
09. 声色
10. closer
11. Falling Alone
12. us
13. Stars in the rain

 

Pick Up!
02. ninelie with chelly (EGOIST)
03. twoface

02. ninelie with chelly (EGOIST)

EGOISTとの合作。
【壮大で幻想的なEGOISTが作る音+Aimerの歌声=神曲】
個人的にはおそらく最強の組み合わせ。
とにかく聴いているだけで、引き込まれる。
EGOISTの良さ、Aimerの良さが同時に味わえる良曲。

 

03. twoface

andropの内澤崇仁が作詞作曲を担当。
要所要所の変則的なベースラインでandropらしさを感じる。
ただ、サビはロック+ピアノの音色も相まって抜群の心地良さと疾走感。
清々しく気持ちいいナンバー。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、usが収録されている。
様々なアーティストがAimerの為に楽曲提供をしたこのアルバム。
提供者もワンオクのTakaやRADの野田洋次郎など、本物ばかり。
一曲一曲で全く異なる音楽性の為、Aimerの色が青から赤に、白から黒に次々と変わっていくような彼女を全色楽しめるアルバム。

 

第2位 Sleepless Nights

【収録曲一覧】
01. TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR -prologue-
02. 夜行列車~nothing to lose~
03. あなたに出会わなければ~夏雪冬花~
04. 笑顔
05. Re:pray
06. 悲しみはオーロラに (Restarred by Takagi Masakatsu)
07. 寂しくて眠れない夜は
08. AM02:00
09. 星屑ビーナス
10. 雪の降る街
11. 冬のダイヤモンド (Re-echoed by Genki Rockets)
12. 六等星の夜
13. TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR

 

Pick Up!
03. あなたに出会わなければ~夏雪冬花~
08. AM02:00

03. あなたに出会わなければ~夏雪冬花~

至高のラブソング。
Aimerの歌声で切ないラブソングを歌われたら敵わん。
バラードを歌う彼女の歌唱力・表現力の高さは凄まじい。
感情移入なんて、容易で出来てしまう心に響く名曲。

 

08. AM02:00

Aimerの深夜シリーズ。
一応このAM02:00の他にAM03:00とAM04:00もある。
深夜シリーズということもあって、このタイトル通りの時間に聴くとより入り込めてしまう。
聴きながら夜散歩するも良し、安眠用音楽として活用するも良し。
落ち着いていて、耳に優しい心地良い楽曲。


この2曲が収録されている。
落ち着いた楽曲が多く、彼女の歌声が作り出す心地良い空間にどっぷりと浸かれる一枚になっている。
Aimerの歌声を全身で感じたい方にこそおすすめしたいアルバム。

 

同率第1位 BEST SELECTION “noir”

【収録曲一覧】
01. StarRingChild
02. Brave Shine
03. insane dream
04. Stars in the rain
05. 眠りの森
06. LAST STARDUST
07. 凍えそうな季節から -extended ver.-
08. 誰か、海を。
09. ninelie
10. holLow wORlD
11. us
12. s-AVE
13. RE:I AM
14. zero

 

Pick Up!
02. Brave Shine
08. 誰か、海を。
14. zero

02. Brave Shine

重低音の利いた演奏が迫力に拍車を掛ける。
サビにかけての盛り上がりとAimerの力強い歌声は圧巻の一言。
Fate/stay nightの2ndシーズンのOPで、まさにFateの世界観にも合致した、かっこ良くも圧倒される楽曲。

 

08. 誰か、海を。

良い意味で不気味かつ恐怖。
演奏はシンプルで、ほぼアカペラという印象。
Aimerの表現力が全て。
鬼気迫るような、訴えかけるような。
心をグッと掴まれる楽曲。

 

14. zero

ラストがこれとは・・・。
これを聴いて上げたテンションはどこに持っていけばいいのか。
Aimerの歌声も去ることながら、多彩で繊細かつ重厚感のある音使いが魅力。
デタラメなほどかっこ良く、Aimerの楽曲の中でもサビのダイナミックさは随一。


この3曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、usが収録されている。
タイトルがnoir(黒)ということもあり、ダークで深い楽曲がズラリ。
これまでのAimerの楽曲の陰の部分を集めたという印象。
Aimerの表現力と迫力、そしてかっこ良さが最大限に感じられるベストアルバム。

 

同率第1位 BEST SELECTION “blanc”

【収録曲一覧】
01. 六等星の夜
02. 蝶々結び
03. あなたに出会わなければ~夏雪冬花~
04. ポラリス
05. Re:pray
06. 星屑ビーナス
07. broKen NIGHT
08. カタオモイ
09. 君を待つ
10. 茜さす
11. 雪の降る街
12. everlasting snow
13. March of Time
14. 歌鳥風月

 

Pick Up!
07. broKen NIGHT
13. March of Time

07. broKen NIGHT

説明不要の神曲。
数あるAimerの楽曲の中でもこの曲が最もバランス良くAimerの魅力を引き出していると思っている。
壮大で幻想的かつ、繊細で力強く深い。
Aimerの良い所取りをしたような印象。
好き過ぎるあまり、客観視出来なくて、大した説明が出来ないほど、個人的に入れ込んでしまっている楽曲。

 

13. March of Time

この楽曲は寂しくも明るく前向きな別れを歌った印象。
青春ソングというAimerではあまり無かったパターンなので、彼女の歌う楽曲の幅の広さにも再度驚かされる。
歌い方も演奏も優しく繊細で、歌詞が共感出来そうな学生の頃に聴きたかった楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、ポラリス、茜さす、everlasting snow、歌鳥風月が収録されている。
タイトルがblanc(白)ということもあり、明るく繊細な楽曲がズラリ。
これまでのAimerの陽の部分を集めた印象。
Aimerの優しさと繊細さ、そして心地良さが最大限に感じられるアルバム。

 

最後に

 

歌唱による酷使が原因で声帯を痛め、治療の為に沈黙療法を選択したことで、発声が出来ない期間を半年間経験。
そして、回復後に現在の声質と歌唱法を確立したというAimer。
ちなみに、完治してしまうと現在の声は出せなくなるので、声質の傷は完全には治癒していない状態を保っているとのこと。

 

これを聴いてしまうと少し不安になってしまう。
また「声帯を痛めてしまうのでは無いか」とか「今度こそ声が出せなくなるほどの大怪我をしてしまうのではないか」とか。

 

プロのシンガーなので、なかなか難しいことかもしれないが、声帯の酷使だけは避けて欲しい。
無理は極力避けて、Aimerが大好きな歌を歌い続けてくれたら、自分は本望。
今後も彼女の魅力的な声が聴けることを楽しみにしたい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

    • Delgun
    • 2017年 10月 07日

    「aimer 良い曲」で探索すると通りすがりました。
    全文目を通しておらず恐縮ですが、

    音声、音響のプロとかその道のプロが言ってた、、、
    神、、、
    ブス?!、、、

    アートの世界でナンセンスな評価だと思います。
    あなたの快感する真っ直ぐな気持ちをただ言及した方が良いのかと。

    私は今現在、aimerの歌声よりも楽曲、アンサンブルに興味をもっております。数曲で緻密さを感じました。

      • とも
      • 2017年 10月 07日

      コメントありがとうございます。
      全く持ってその通りだと思います。
      改めて見ると、ブスという表現は確かにナンセンス、無粋でした。
      少し表現を変えさせていただきました。
      書きたいばかりになってしまうと、不快な言い方や言い回しに気付かなくなることもあるので、こういった意見は非常に助かります。
      楽曲、アンサンブルに興味ですか、確かにAimerの歌声が活きるのは緻密な音作り、演奏があってこそですよね。
      そんなDelgumさんのお気に入りの一曲が大変気になるところです。

        • Delgun
        • 2017年 10月 11日

        優しくご返事ありがとうございます。
        既にこれだけの曲があったことに驚いております。本ページ活用させていただいています。

        noir!noir!がとても気に入ってます。
        視点が違うのですが、
        同アルバムのAM0400の様な曲調も声の質感とギャップが心地よく黒人の生演奏とか想像し、
        Stacia OrricoのSecurityを思い出しました。

          • とも
          • 2017年 10月 12日

          返信ありがとうございます。
          少しでもこのページを活用して頂ければ、これほど嬉しいことはありません。

          あー!なるほど、なるほど。
          noir!noir!は、まさに演奏ありきの楽曲といった感じですもんね。
          私もこの楽曲の雰囲気、最高に好きです。

          すみません、洋楽には疎くStacia OrricoはStuckしか知らないという無知っぷりです・・・。
          Stuckも中学か高校の英語の授業で先生が流してくれたから辛うじて知っていたという感じです。
          改めて聴くと、凄まじく良い曲ですよね。
          今Securityも初めて聴いて、声質は全くの別物ですが、確かに楽曲の雰囲気はAM04:00にどことなく似ている印象を受けました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。