管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

SILENT SIRENなんて所詮メンバーがモデルの素人バンドだと思う?おすすめの人気曲・アルバムランキング

SILENT SIREN(サイレント サイレン)

【メンバー】吉田菫(ボーカル・ギター)/山内あいな(ベース)/黒坂優香子(キーボード)/梅村妃奈子(ドラムス)

【ジャンル】ロック/J-POP

【活動期間】2010年~

 

4人組バンドのSILENT SIREN。
彼女達の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 ユメオイ

 

第4位 AKANE

 

第3位 KAKUMEI

 

第2位 女子校戦争

 

第1位 フジヤマディスコ

 

SILENT SIRENは、読者モデルを中心に構成されたバンドなので・・・。

 

「ちっ、読者モデル上がりのバンドとかアイドルよりタチが悪いやんけ。」
「やめろ、これ以上、音楽業界を汚すな!」

 

と了見の狭い、恥ずかしい事を思っていた時期が自分にもありました。

 

確かに、結成されたばかりのSILENT SIRENの楽曲は、初々しく、キャピキャピしたバンドという印象で、正直な所【いかにも可愛いモデルをただ集めてバンドを組んでみました感】を個人的には感じてしまっていた。
好きな人には申し訳ないが、Sweet Pop!やビーサンなんて特に。
圧倒的な在り来たり感というか。
だから、気にも留めなかったし、ましてや外で曲が流れていても耳にも入らなかった。

 

ところが、最近の彼女達の楽曲はどうだろう。
演奏の安定感も楽曲自体のクオリティも格段にアップしていて、結成当時の音楽とはまるで別物のよう。
読者モデルを集めた色物系バンドから、実力派ガールズバンドに進化を遂げた。
そう感じているのは自分だけではないはず。

 

特にそれが顕著に表れている楽曲、KAKUMEI。
「この曲は本当の意味でサイサイに革命をもたらした曲」
これは、YOUTUBEのコメントから拝借させてもらったが、この表現が自分の中でもピタリと合致する。
そして、この楽曲以降、明らかに彼女達の楽曲の質が向上した印象を受ける。
「前向きになれて、頑張ろうと思える」
「この曲がサイサイのベストソング」
という声も多く、サイサイファン皆が認める楽曲。

 

そして、また違ったSILENT SIRENの良さが味わえる、女子校戦争。
不思議な中毒性とボーカル、吉田菫のキュートで甲高い声が癖になり、ハマる人多数。
当然、自分もその一人。
歌声だけ聴くと甘ったるくなりそうなのに、全然そんなことは無く、むしろ爽快感すら感じる。
これは、演奏の幅の広さと技術の向上あってこそのものだと思っている。
ちなみに・・・。
「MVの教師が全然イケメンじゃない」
というコメントが多数あるが、女子校だとあのレベルの教師でも相当なイケメンに見えるらしい。
とりあえず、女子校って怖い・・・けど可愛い、そんな楽曲。

 

そして、フジヤマディスコに関しては、最初のイントロだけで惚れてしまう。
ベースの音色が活きる楽曲にハズレなし。
ボーカルが歌い出すまで、SILENT SIRENの曲だとは気付かなかった情けない自分。
初期のSILENT SIRENしか知らないと、このイントロのかっこ良さは想像できない。
リズム隊も安定してて上手いから「本当にこの人達が弾いてるの・・・?」と思う人の気持ちもわからなくもない。
それほど、高いレベルの演奏力を感じられる良曲。

 

しかし、まぁ・・・。
「SILENT SIRENなんて所詮メンバーが読者モデルの素人バンドとか思っててすいませんでした!」
というようなコメントの多いこと、多いこと。

 

全く、初期の頃だけ聴いてそのバンドを判断してるから、そうなるんだよ。
成長するバンドだって多いんだから、そこはある程度は年月を追って判断してあげないと。

 

というわけで、この場を借りて、自分も一言。
「SILENT SIRENなんて所詮メンバーが読者モデルの素人バンドとか思っててすいませんでした!」

 

これを機に若いバンドを最初だけで判断せずに、ある程度年月を追って聴いてあげたいなと思います。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第3位 サイレントサイレン

【収録曲一覧】
01. 無音の警告
02. KAKUMEI
03. BANG!BANG!BANG!
04. Routine
05. 爽快ロック
06. 手をつないで
07. ラッキーガール
08. DanceMusiQ
09. 恋い雪
10. 女子校戦争
11. 曖昧 me mine
12. ストロベリームーン

 

Pick Up!
04. Routine
12. ストロベリームーン

04. Routine

低音が響く、ベースラインがしっかりしたSILENT SIRENの楽曲にハズレ無し。
歌声はキュートなのに、全体を通したら、ここまでかっこ良く仕上がるって凄い。
キーは低めで、低音ロック気味の方が、実は向いてるんじゃない?
と思わせられるクールな楽曲。

 

12. ストロベリームーン

演奏は控えめで、ボーカルの歌声、表現力にスポットを当てた楽曲。
圧倒的しんみり感と寂しさ。
そして、最終回を迎えるような脱力感を感じる
アルバムのラストを飾るのに相応しい楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、女子校戦争、KAKUMEIが収録されている。
どちらかと言えば、キュートで可愛さを前面に出した楽曲は少なめ。
聴きやすくPOPな楽曲と爽快感溢れるクールな楽曲でバランス良く構成された印象のアルバム。

 

第2位 S

【収録曲一覧】
01. チェリボム
02. 八月の夜
03. milk boy
04. ハピマリ
05. Love install
06. hikari
07. 吉田さん
08. レイラ
09. alarm
10. nukumor
11. C.A.F.E.
12. スローモーニング
13. secret base ~君がくれたもの~

 

Pick Up!
08. レイラ
12. スローモーニング
13. secret base ~君がくれたもの~

08. レイラ

このアルバムを象徴するかのような楽曲。
いつもの楽しい彼女達から一転。
寂しさと切なさを感じる感傷に浸れるナンバー。

 

12. スローモーニング

ベースライン、リズム隊の技術の高さが光る楽曲。
歌声を活かす、絶妙なバランス感。
この楽曲を聴くと、彼女達の今までの努力と成長がよくわかる。
疾走感溢れる爽やかなナンバー。

 

13. secret base ~君がくれたもの~

言わずもがな、ZONEの名曲のカバー。
結局やっぱり名曲は年月が経っても色褪せない。
カバーでも一聴の価値ありの楽曲。


この3曲が収録されている。
いつもの楽しくキュートなSILENT SIRENだけじゃない。
切なさや大人な部分も感じられる。
楽曲の構成のバランスが絶妙で、様々な面のSILENT SIRENの良さが味わえるアルバム。

 

第1位 Silent Siren Selection

【収録曲一覧】
[DISC-1]
01. Sweet Pop!
02. stella☆
03. →
04. Remember
05. want CHU□
06. Soda
07. ビーサン
08. I×U
09. LOVE FIGHTER !
10. 「Are you Ready?」
11. Delay
12. ぐるぐるワンダーランド
13. ラッキーガール
14. 恋花
15. LOST.W

 

[DISC-2]
01. BANG!BANG!BANG!
02. What show is it?
03. 恋い雪
04. 爽快ロック
05. チャイナキッス
06. KAKUMEI
07. DanceMusiQ
08. 女子校戦争
09. 曖昧 me mine
10. ハピマリ
11. 八月の夜
12. alarm
13. キミスキスマイル
14. ワカモノコトバ
15. チェリボム
16. 吉田さん

 

Pick Up!
[DISC-1]10. 「Are you Ready?」
[DISC-2]02. What show is it?
[DISC-2]15. チェリボム

[DISC-1]10. 「Are you Ready?」

このアルバムのDISC-1の中では、良い意味で異色の楽曲。
1曲目から9曲目まで、陽気でキュートな楽曲が続き「Are you Ready?」のクールなかっこ良さがより引き立つ。
ロック色が強く、合いの手を入れたくなる、ライブで聴いても映えそうな楽曲。

 

[DISC-2]02. What show is it?

祭りをテーマに和の要素を取りれた楽曲という印象。
シンセの音色が際立ってるのに、和をしっかり感じられるって凄い。
これは祭りで聴くとテンション上がる。
祭り特有の力強さと楽しさが味わえる楽曲。

 

[DISC-2]15. チェリボム

これは、ある意味エロい・・・のかな。
歌詞も絶対狙ってる気がする。
でも、実はこの楽曲のMVが一番個人的には、面白い。
ちょっとした妄想だけで、高まる楽曲。


この3曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、女子高戦争、KAKUMEIが収録されている。
SILENT SIREN聴き初めの人にこそ、おすすめしたい。
まずこの一枚があればOKと思えるほど、聴きやすい楽曲がズラリ。
サイサイを手軽に幅広く知れる、初心者向けのアルバム。

 

最後に

 

アルバムに関しては、やはり最初の一枚は何と言っても、Silent Siren Selectionを推したい。
ベストだけあって、曲数も多くお得、質も申し分無し。
これまでのアルバムとかなり曲も被ってるし、まずこの一枚があれば問題無いかなと。

 

あと上でサラッと話したチェリボムのMV一応置いときますね。

 

チェリボム

 

このMVに出てくるマッチョメンに対するコメントが本当に秀逸。
しかし、歌詞これ絶対狙ってるよね。
かなり、攻めてる。

 

SILENT SIRENを通して
「初期の楽曲だけを聴いて、食わず嫌いをするのは良くない」
ということを学んだような気がする。

 

今後の彼女達の更なる活躍にも大いに期待したい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。