管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

BIGMAMAのボーカル金井政人とバイオリン東出真緒の存在感。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

BIGMAMA(ビッグママ)

【メンバー】金井政人(ボーカル・ギター)/柿沼広也(ギター・ボーカル)/安井英人(ベース)/東出真緒(ストリングス)/リアド偉武(ドラムス)

【ジャンル】ロック

【活動期間】2001年~

 

5人組ロックバンドのBIGMAMA。
彼らの音楽の魅力について紹介しています。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 君想う、故に我在り

 

第4位 A KITE

 

第3位 #DIV/0!

 

第2位 Swan Song (チャイコフスキー『白鳥の湖』)

 

第1位 MUTOPIA

 

多彩かつ高水準な演奏から繰り出されるBIGMAMAの音楽。
その演奏にバイオリンの音色も相まって彼らの作り出す音楽には魅力しか感じない。
この他バンドでは表現出来ないような音楽こそBIGMAMAにしかない良さ。

 

多彩な演奏で、新しさも感じるMUTOPIA。
特にバイオリンの音色が際立ち、雰囲気はダンスミュージックに近い印象。
MUTOPIAは、ダンスミュージックの躍動感とバイオリンの上品さを感じる良曲。

 

Swan Song (チャイコフスキー『白鳥の湖』)は、有名なクラシック音楽のアレンジ。
ロックとクラシックが見事に融合した一曲。
演奏力はもちろん、この作曲能力には脱帽。
この音楽は、彼らにしか作れない。

 

聴き応え抜群のロックと聴き心地の良いバイオリン。
ある意味相反するこの二つの融合こそBIGMAMAの魅力でもあり持ち味。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

同率第3位 Roclassick

【収録曲一覧】
01. 走れエロス (ヴィヴァルディ『春』)
02. 虹を食べたアイリス (ベートーヴェン『運命』)
03. テレーゼのため息 (ベートーヴェン『エリーゼのために』)
04. 英雄を抱いてマリアは眠る (バッハ『フーガト短調』他)
05. ツルギが無い (ハチャトゥリアン『剣の舞』)
06. 荒狂曲”シンセカイ” (ドヴォルザーク『交響曲第9番”新世界より”』)
07. 計算高いシンデレラ (パッヘルベル『カノン』)

 

Pick Up!
02. 虹を食べたアイリス (ベートーヴェン『運命』)
03. テレーゼのため息 (ベートーヴェン『エリーゼのために』)

02. 虹を食べたアイリス (ベートーヴェン『運命』)

誰もが知る運命のロックアレンジ。
運命の特徴的なメロディを上手く使い、爽やかなロックを引き立てた楽曲。

 

03. テレーゼのため息 (ベートーヴェン『エリーゼのために』)

これは、素晴らしい。
クラシックの音色とロックの軽やかなテンポが魅力的な神曲。


この2曲が収録されている。
クラシック音楽の名曲達とBIGMAMAのロック音楽の見事な融合を体現した全7曲のアルバム。

 

同率第3位 Roclassick2

【収録曲一覧】
01. Animanimus (『ハンガリー舞曲』)
02. Swan Song (『白鳥の湖』)
03. No.9 (『交響曲第9番「歓びの歌」』)
04. Royalize (『ジムノペディ』)
05. Perfect Gray (『ペールギュント』)
06. bambino bambina (『威風堂々』)
07. MoonLight (『月の光』)

 

Pick Up!
01. Animanimus (『ハンガリー舞曲』)
04. Royalize (『ジムノペディ』)

01. Animanimus (『ハンガリー舞曲』)

クラシック音楽の壮大さとロック音楽の疾走感。
どちらも感じられる魅力的な楽曲。

 

04. Royalize (『ジムノペディ』)

ジムノペディの繊細な音色は大事にしながらもBIGMAMAの良さが出ている。
クラシックとロックのバランスが絶妙の楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、Swan Song (『白鳥の湖』)が収録されている。
Roclassick2というタイトル通り、Roclassickの続編となるアルバム。

 

第2位 The Vanishing Bride

【収録曲一覧】
01. The Vanishing Bride
02. Flameout
03. Sweet Dreams(bittersweet)
04. A KITE
05. Frozen Diamond~漂う宝石~
06. Swan Song
07. ワンダーラスト
08. Lovers in a Suitcase
09. INVIS
10. Royalize
11. Theater of Mind
12. Why You Refrigerate Me?
13. alongside
14. 神様も言う通りに

 

Pick Up!
02. Flameout
14. 神様も言う通りに

02. Flameout

ツインボーカルが良いアクセントになっている。
ロック色が強く、かっこ良さ溢れる楽曲。

 

14. 神様も言う通りに

ポップでキャッチー。
BIGMAMAの新たな面を感じる楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、Swan Song、A KITEが収録されている。
キャッチーな楽曲が多く、今までのBIGMAMAとは違った魅力を感じるアルバム。

 

第1位 Love and Leave

【収録曲一覧】
01. the cookie crumbles
02. Baseball prayer
03. We have no doubt
04. HAPPY SUNDAY / BIGMAMA
05. Today
06. CHAIN
07. Neverland
08. The Man’s Sorrow
09. I’m so empty
10. CPX
11. Moo
12. Candy House

 

Pick Up!
01. the cookie crumbles
10. CPX

01. the cookie crumbles

バイオリンの美しさとロックの疾走感が同居している。
BIGMAMAらしい楽曲。

 

10. CPX

ボーカル金井政人の英語の歌声が魅力的。
爽やかなロックとクラシックの上品さが感じられる楽曲。


この2曲が収録されている。
BIGMAMAの真髄とも言えるバイオリンロックが味わえる質の高いアルバム。

 

最後に

 

ボーカル金井政人は、過去にステージで思うように歌えず悔し泣きをし、それ以来泣き虫王子とも言われている。
表情が豊かで純粋な人物だというのが伝わる。 

 

さらに、BIGMAMAの音楽には欠かせない美しいバイオリンの音色を操る東出真緒。
上品な旋律を奏でる彼女が居るからこそ、BIGMAMAのバイオリンロックが成り立つ。

 

BIGMAMAのメンバーは皆、魅力的だが、特に金井政人と東出真緒の二人は色々な面で存在感を発揮している印象を受ける。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。