管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

LILI LIMITはサカナクションを彷彿とさせる音楽。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

LILI LIMIT

【メンバー】牧野純平(ボーカル・ギター)/土器大洋(ギター)/黒瀬莉世(ベース)/志水美日(キーボード)/丸谷誠治(ドラムス)

【ジャンル】ロック/ポップ

【活動期間】2012年~

 

5人組ロックバンドのLILI LIMIT。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 N_tower

 

第4位 at good mountain

 

第3位 Living Room

 

第2位 Festa

 

第1位 A Short Film

 

A Short Filmから感じる心地良さは異常。
LILI LIMITは、どの楽曲も耳触りが心地く、それが彼らの音楽の売りでもある。
要所要所で工夫を感じる多彩な音と優しい歌声がこの心地良さを醸し出している。

 

Festaは、もう始まりが既にフェスタ感満載。
多彩な演奏からコーラスまでこなし、この世界観を演出している。
彼らの楽曲は全くブレることがない。

 

暗い路地裏を歩いていようが彼らの音楽を聴いていればそこはオシャレな風景なんだと錯覚するほど入り込める音楽。
LILI LIMITの音楽にはそんな不思議な力がある。

 

多彩で芸術すら感じる音の使い方からは、サカナクションを彷彿とさせる。
彷彿とさせるとは言っても、サカナクションの地位まで登り詰めるかどうかは、今後の彼ら次第。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第2位 #apieceofcake

【収録曲一覧】
01. Festa
02. Boys eat Noodle
03. N_tower
04. morning coffee
05. seta gaya
06. vanilla ice claim
07. lycopene
08. nnmnd

 

Pick Up!
02. Boys eat Noodle
07. lycopene

02. Boys eat Noodle

歌い方にもタイトルにもどこか遊び心が溢れた曲。
LILI LIMITの中ではギターやベースの音色が際立っていて、ロック寄りな印象の楽曲。

 

07. lycopene

心地の良いピアノの音色と歌声が魅力的な優しい音楽。
安眠用音楽としても効果を発揮する楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、Festa、N_towerが収録されている。
LILI LIMITの持ち味である心地の良い音楽。
そして、多彩な音使いや優しい歌声を感じられる彼らの魅力が詰まったアルバム。

 

第1位 a.k.a

【収録曲一覧】
01. A Short Film
02. Wink, Blink
03. Kitchen
04. Observe
05. On The Knees
06. Suite Room
07. Neighborhood
08. Space L
09. Living Room
10. A Few Incisive Mornings
11. Space R
12. Naked
13. Self Portrait

 

Pick Up!
02. Wink, Blink
13. Self Portrait

02. Wink, Blink

透明感あふれる繊細な歌声が魅力。
この歌声もLILI LIMITの武器だと改めて気付かされる楽曲。

 

13. Self Portrait

一言で言うと優しいロック。
ベース、ドラム、ギターの心地良い音色と歌声で繊細な世界観が体現された楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、A Short Film、Living Roomが収録されている。
LILI LIMITの第一歩とも言えるメジャー1stフルアルバム。

 

最後に

 

メジャーデビューして間もない彼らだが、彼らの楽曲を聴いた瞬間に今後売れると思った。
それくらいポップで馴染みやすく現代の音楽性に合っている。
大雑把な印象で言えば、上でも挙げたサカナクションやSEKAI NO OWARIに近い。

 

「LILI LIMITが将来オリコンTOP20入りを果たすことができるか。」
という合法な賭け事がもしもあったら、まあまあな金額を賭けたいと思うくらいに自信がある。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。