管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

ココロオークションのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

ココロオークション
LINEで送る
Pocket

 

 

ココロオークション

ココロオークション

photo by cocoroauction.com

 

メンバー:粟子真行(ボーカル・ギター)/テンメイ(ギター)/大野裕司(ベース)/井川聡(ドラムス)

ジャンル:ロック

活動期間:2011年~

 

4人組バンド、ココロオークションについて、紹介しています。

スポンサーリンク


ココロオークションのメンバーを詳しく紹介!

 

ココロオークションの4人のメンバーを1人1人、詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

粟子真行

粟子真行

photo by natalie.mu

 

担当:ボーカル/ギター

 

ココロオークションのボーカル・ギター担当の粟子真行。

読み方は【あわこまさゆき】

作詞・作曲も担当しています。

 

ゆずやBUMP OF CHICKENから、影響を受けたという、粟子真行。

ココロオークションの音楽からも、その2バンドの影響を受けたというのが、伝わる。

 

おおらかな性格で、おじいちゃんっぽいところもある。

歌声も性格も優しい印象の彼。

 

初めての作曲は、なんとガラケーの携帯アプリで、行ったという。

しかも、初めて作曲をした曲が、下で紹介している「ナゾノクサ」

ココロオークションの中でも、個人的に屈指の良曲。

 

これは、アプリが凄いのか。

それとも、粟子真行が凄いのか。

 

ガラケーのアプリでも、あのレベルのメロディを作ってしまう彼の作曲能力。

そして、聴く人の心に直に伝わる、歌詞と歌声。

それら、彼の良さは、そのままココロオークションの魅力につながっている。


テンメイ

テンメイ

photo by syachirock.jp

 

担当:ギター

 

ココロオークションのギター担当のテンメイ。

ココロオークションに加入したのが、2016年1月と、最も新しいメンバー。

 

テンメイという名前は、本名では無く、ステージネームだという。

「ジョジョの奇妙な冒険」から取ったそう。

ジョジョが好き、というか花京院が好きなのが、伝わるテンメイ。

 

ココロオークションは、歌を真っすぐに届けられるバンド。

と、自身のバンドに自信を持っている印象。

 

加入するまで、1年以上ココロオークションのサポートギタリストとして、活動してきた彼。

新しいメンバーではあるが、メンバーからの信頼は厚い。


大野裕司

大野裕司

photo by natalie.mu

 

担当:ベース

 

ココロオークションのベース担当の大野裕司。

ココロオークションのリーダーも担当している。

 

THE BLUE HEARTSが好きだという大野裕司。

バンドを始めたきっかけでもあり、自身の音楽のルーツにもなっている。

野球も好きで、広島東洋カープのファンだという。

 

ココロオークションというバンドは、この大野が発起人となり、始まったバンド。

リーダーとして、メンバーの誰よりもバンドの事を考えている印象。

ココロオークションにとって、彼の存在は非常に大きい。


井川聡

井川聡

photo by natalie.mu

 

担当:ドラムス

 

ココロオークションのドラムス担当の井川聡。

元々、音楽には興味が無かったという彼。

 

ゲームが好きで当時は「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」ばかり、やっていたそう。

しかし、ドラクエのサウンドトラックを聴いた時に、交響曲が好きになって、トランペットを始める。

 

高校までトランペットを続け、高校の英語の先生から、The Beatlesを教わり、その後は、バンドに目覚めたそう。

そして、その影響で、ドラムを始めた井川聡。

彼は、夢中になったら、とことん極めるタイプなのかもしれない。

 

ドジっ子で、小さな不幸が訪れることが多々あるという彼。

例えば、エレベーターに彼が乗り込もうとした瞬間に閉まったりとか・・・。

あと、彼の発言はほとんどがスベるらしい。

 

これは、ある意味、天性のスベリ型ムードメーカー。

こういう人物が1番、実は空気を温かくしてくれていたりする。

 

ドラムの演奏力はもちろん。

彼からは、場を和ませ、ココロオークションというバンドを良い雰囲気にしている印象を受ける。

スポンサーリンク


ココロオークションのおすすめの人気曲ランキング!

 

そんな4人のメンバーからなる、ココロオークションのおすすめの人気曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第5位 フライサイト

ココロオークション「フライサイト」MV

 

第4位 雨音

ココロオークション『雨音』[Music Video]

 

第3位 夏の幻

ココロオークション 「夏の幻」 [Music Video]

 

第2位 蝉時雨

ココロオークション 「蝉時雨」 [Music Video]

 

第1位 ナゾノクサ

ココロオークション 「ナゾノクサ」 [Music Video]

 

歌詞とメロディ、そして、優しい歌声で、聴く人を感動させる。

引き込まれる、曲の作り方は素晴らしい。

 

ちなみに「1.蝉時雨→2.夏の幻→3.雨音」の順番で短編映画MVになっている。

こういった試みも、面白い。

他のバンドはあまりやっていないことをやるというのは、すごく重要。

 

特にこの3曲は、質の良い、恋愛小説を読んでいるような。

そんな感覚を味わえる。

 

だが、この3曲以外にも、ロック色が強い曲もまた、良い。

書く歌詞が、秀逸なのは、もちろん。

メロディでも魅せられる、質の高いバンド。


ココロオークションのおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、ココロオークションのおすすめのアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 CANVAS

 

アルバム「CANVAS」の収録曲一覧

1.フライサイト

2.バース

3.4月1日

4.スパイダー

5.Rainbow

 

上で紹介した「フライサイト」は、もちろん。

他にも「スパイダー」「Rainbow」など。

彼らの魅力溢れる、サウンドが味わえる。

曲数は少ないながらも、質の高いアルバム。


第1位 Relight

 

アルバム「Relight」の収録曲一覧

1.day day day

2.ここに在る

3.ターニングデイ

4.雨音

5.あの夜を越えて

6.プリズム

7.サイレン

8.Orange

 

上で紹介した「雨音」は、もちろん。

他にも「ターニングデイ」「サイレン」など。

どの曲もレベルが高く、聴けば聴くほど、引き込まれる楽曲ばかり。

中でも「ここに在る」は、歌詞、演奏ともに彼ららしさが最大限に味わえる楽曲のように感じる。

ココロオークションのアルバムだったら、まずこれ。

と自信を持って、おすすめできるアルバム。


私の感想と余談

 

ココロオークションという、バンド名。

「ココロオークションの音楽を聴いている人の心の価値を高める」

という意味らしい。

ただ、リズムやイントネーションの良さで決めただけで、意味は後付けらしいが。

 

ココロオークションは、過去には「eo Music Try2011」という関西で1番大きい、コンテストに出場。

そこで、名だたるバンドを抑え、グランプリに輝いた実績も持つ。

なんと、あのKANA-BOOMも出ていて、KANA-BOOMを抑えてのグランプリというからさらに、驚き。

 

同じ関西出身のバンド、KANA-BOONについては、別の記事で詳しく紹介しているので、こちら→KANA-BOONのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

を是非どうぞ。

 

コンテストでグランプリに輝くなど、きっての実力派バンドのココロオークション。

彼らの今後の活躍も非常に楽しみ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。