管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

米津玄師の作曲センスは別次元の領域。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

米津玄師

【生年月日】1991年3月10日

【出身地】徳島県

【職業】アーティスト/イラストレーター/コンポーザー

【ジャンル】ロック/J-POP

【活動期間】2009年~

 

アーティストの米津玄師。
彼の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 アイネクライネ

 

第4位 ゴーゴー幽霊船

 

第3位 アンビリーバーズ

 

第2位 ポッピンアパシー

 

第1位 LOSER

 

LOSERは、今までの米津玄師とは違った魅力溢れる楽曲。
まず、イントロが神。
この音の使い方、一体誰が思いつくんだ。
そして曲もダンスのMV含め、かっこ良すぎる。
しかも聴けば聴くほどハマる中毒性も兼ね備えている。
彼の作る楽曲の多彩さと種類の豊富さは、もはや異次元。

 

ポッピンアパシーも独創性溢れる音の使い方が味わえる楽曲。
この音楽は米津玄師でしか味わえない。
これだけ様々な音を掛け合わせて、ここまで質の高い音楽にするとか、もはやある意味、狂気の沙汰。

 

米津玄師の歌が上手いとは思わない。
だが、楽曲ごとに様々な世界観を作り出す歌詞は、才能の塊としか言えない。
そして、それ以上に彼の作曲センスは、もはや人間離れをした別次元の領域にまで来ているとさえ感じてしまう。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第2位 Bremen

【収録曲一覧】
01. アンビリーバーズ
02. フローライト
03. 再上映
04. Flowerwall
05. あたしはゆうれい
06. ウィルオウィスプ
07. Undercover
08. Neon Sign
09. メトロノーム
10. 雨の街路に夜光蟲
11. シンデレラグレイ
12. ミラージュソング
13. ホープランド
14. Blue Jasmine

 

「Bremen」全曲試聴動画

 

Pick Up!
07. Undercover
10. 雨の街路に夜光蟲
11. シンデレラグレイ

07. Undercover

踊りたくなるような音楽。
先進的だが、少し懐かしさも感じる楽曲。

 

10. 雨の街路に夜光蟲

RADWINPSのふたりごとに似ていると感じた曲。
J-POP色が強く、シンプルで聴きやすい楽曲。

 

11. シンデレラグレイ

この特有のテンポが良い。
彼のスタイリッシュなかっこ良さを感じる楽曲。


この3曲に加え、おすすめの人気曲として紹介したアンビリーバーズが収録されている。
米津玄師の多彩さを感じられるアルバム。

 

第1位 YANKEE

【収録曲一覧】
01. リビングデッド・ユース
02. MAD HEAD LOVE
03. WOODEN DOLL
04. アイネクライネ
05. メランコリーキッチン
06. サンタマリア (ALBUM VER.)
07. 花に嵐
08. 海と山椒魚
09. しとど晴天大迷惑
10. 眼福
11. ホラ吹き猫野郎
12. TOXIC BOY
13. 百鬼夜行
14. KARMA CITY
15. ドーナツホール (COVER)

 

「YANKEE」全曲試聴動画

 

Pick Up!
02. MAD HEAD LOVE
07. 花に嵐
13. 百鬼夜行
14. KARMA CIRY
15. ドーナツホール(cover)

02. MAD HEAD LOVE

聴いていると自然とリズムに乗ってしまう曲。
心地良い音とこの特有のリズム。
「ああ、彼の音楽に転がされているな」と感じるほど、米津ワールド全開の楽曲。

 

07. 花に嵐

この曲は米津玄師の中でもキャッチーな印象。
彼の様々な音を使った独特の音楽が苦手という方にこそ、聴いてほしい。
シンプルで聴きやすく耳にスッと入ってくる良曲。

 

13. 百鬼夜行

独特のリズムとメロディ。
タイトルとは裏腹に楽しい雰囲気の曲。
米津玄師という男の多彩さを感じられる楽曲。

 

14. KARMA CIRY

うわ、やっぱりこの人の才能やばいわ。
というのが、この曲を聴いた私の第一印象。
この曲の独創性と中毒性は、半端じゃない。
米津玄師の中でも個人的にはベスト3に入る神曲。

 

15. ドーナツホール(cover)

誰もが知る米津玄師のハチ名義の名曲、ドーナツホール。
ボーカロイドで聴き慣れていた楽曲だったが、このカバーは大いにあり。
むしろこっちの方が良いくらい。


この5曲に加え、おすすめの人気曲として紹介したアイネクライネが収録されている。
米津玄師を味わうならこの1枚と言えるくらい。
彼の作る音楽の魅力を余すことなく感じられる質の高いアルバム。

 

最後に

 

米津玄師は「才能があるから俺はなんだって出来る」という風に魅せるのが上手い気がする。

 

歌唱力は正直並みレベル。
LOSERのMVは魅力的ではあるがダンスも言っちゃうと普通。

なんだー、米津玄師なんて・・・。

 

絵が作家並みに上手くて。
心を打つセンス溢れる歌詞が書けて。
作曲能力が異次元のレベルで抜群に飛びぬけているだけのアーティスト。

 

結論:米津玄師はなんだって出来る

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。