管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

The Birthdayの数々の名言と伝説を残すチバユウスケという男。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

The Birthday(ザ バースデイ)

【メンバー】チバユウスケ(ボーカル・ギター)/フジイケンジ(ギター)/ヒライハルキ(ベース)/クハラカズユキ(ドラムス)

【ジャンル】ロック

【活動期間】2006年~

 

4人組ロックバンドのThe Birthday。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 LEMON

 

第4位 さよなら最終兵器

 

第3位 くそったれの世界

 

第2位 夢とバッハとカフェインと

 

第1位 MOTHER

 

渋さ溢れるチバユウスケの独特な歌声が魅力。
そして、一つ一つの音色も深くかっこ良さが溢れている。
これぞ本物のロックンロールと思えるThe Birthdayの数々の楽曲。

 

入りの演奏が既にかっこ良すぎるMOTHER。
特にこのギターの弾き方や音使いは、最近のバンドにはあまり無い。
バースデイ特有の、このギターの音色だけで聴く価値がある。
渋さもかっこ良さも兼ね備えた楽曲。

 

イントロから既にかっこいい良曲だと確信出来る、夢とバッハとカフェインと。
ギターのリフの音色の力強さも堪らない。
さらに渋さが増した歌声と音色が魅力的な楽曲。

 

他バンドでは出せない大人の渋さとかっこ良さを兼ね備えたバンド、The Birthday。
彼らの楽曲は年月が経つにつれて、さらに深みを増していく印象を受ける。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第3位 BLOOD AND LOVE CIRCUS

【収録曲一覧】
01. FULLBODYのBLOOD
02. MOTHER (BLC ver.)
03. ROCK YOUR ANIMAL
04. TWENTY FOUR
05. LOVE SHOT
06. SOMBREROSE
07. DOOR
08. Shan Shan
09. BILLY BLACK
10. I KNOW (BLC ver.)
11. 声

 

Pick Up!
06. SOMBREROSE
11. 声

06. SOMBREROSE

バースデイの中では落ち着いた雰囲気の曲。
尖り過ぎず、やや聴きやすくなった彼らも良いなと感じる楽曲。

 

11. 声

人間味溢れる歌詞が魅力。
等身大のThe Birthdayを感じる楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、MOTHERが収録されている。
メッセージ性溢れる歌詞や少しキャッチーになり聴きやすくなったバースデイの魅力を感じるアルバム。

 

第2位 GOLD TRASH

【収録曲一覧】
[DISC-1]
01. stupid
02. KIKI The Pixy
03. NIGHT LINE
04. アリシア
05. プレスファクトリー
06. ALRIGHT
07. KAMINARI TODAY
08. カレンダーガール
09. 涙がこぼれそう
10. あの娘のスーツケース
11. ローリン
12. 愛でぬりつぶせ
13. ピアノ
14. ディグゼロ

 

[DISC-2]
01. Buddy
02. ホロスコープ
03. ゲリラ
04. LOVE GOD HAND
05. SATURDAY NIGHT KILLER KISS
06. ROKA
07. LEMON
08. 爪痕
09. シルエット
10. BABY YOU CAN
11. なぜか今日は
12. さよなら最終兵器
13. くそったれの世界
14. READY STEADY GO

 

Pick Up!
[DISC-1]01. stupid
[DISC-1]06. ALRIGHT
[DISC-1]09. 涙がこぼれそう

[DISC-1]01. stupid

The Birthday初期の尖りに尖った。
迫力と我武者羅さが魅力的な楽曲。

 

[DISC-1]06. ALRIGHT

ゆったりとしたテンポの中に強い感情を感じる。
これぞThe Birthdayと思える良曲。

 

[DISC-1]09. 涙がこぼれそう

まさにロックンロール。
言いたいこと伝えたいことが真っすぐ伝わる楽曲。


この3曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、くそったれの世界、さよなら最終兵器、LEMONが収録されている。
初期の尖ったバースデイも、深みを増したバースデイも。
どちらも感じられる質も量も文句なしのベストアルバム。

 

第1位 COME TOGETHER

【収録曲一覧】
01. くそったれの世界 (COME TOGETHER MIX)
02. アイノメイロアイノネイロ
03. SAKURA
04. 星の首飾り
05. LOVE GOD HAND
06. KIMAGURE KING
07. LEMON
08. KNIFE
09. PIERROT
10. 情熱のブルーズ
11. 星に願いを
12. COME TOGETHER

 

Pick Up!
02. アイノメイロアイノネイロ
08. KNIFE
10. PIERROT
11. 星に願いを

02. アイノメイロアイノネイロ

ギターの多彩な演奏が際立つ。
チバユウスケの吐き捨てるような歌い方も魅力的。
良い意味で古さ、レトロさを感じる楽曲。

 

08. KNIFE

KNIFEという尖ったタイトルとは裏腹に静かなバラード。
シンプルな演奏でチバユウスケの歌声の魅力がより伝わる楽曲。

 

10. PIERROT

演奏に才能とセンスが溢れすぎている。
そして、楽曲の雰囲気をガラリと変えるギターの音色がかっこ良すぎて鳥肌もの。
サビのメロディも秀逸で、個人的にこのアルバムでNo.1の楽曲。

 

11. 星に願いを

チバユウスケの訴えかけるような迫る歌声が魅力。
彼の力強くも渋さ溢れる歌声の良さを再確認出来る楽曲。


この4曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、くそったれの世界、LEMONが収録されている。
The Birthdayの持ち味に拍車が掛かり、彼らの魅力が凝縮された質の高いアルバム。

 

最後に

 

The Birthdayのボーカルを務めるチバユウスケは過去に数々の名言や伝説を残している。
その一部を少し紹介。

 

~名言編~

「みんな、牛好きかー!?ジンギスカーン!」(札幌ライブにて)
– ジンギスカンは羊ですよ、チバさん。

「オリンピックってどこが優勝したか知ってる?」(長野オリンピック後の長野ライブにて)
– チバさん、ワールドカップと間違えているのかな?

「桃太郎ってどこにいるの?山?」 (客:「家にいるよ!」) 「今度見せて!」(岡山ライブにて)
– チバさんの純粋さが眩しい。

「名古屋ってダイヤモンドが特産か?・・・いや、ここに来る途中で『名古屋ダイヤモンド工業』って見かけてさー・・・ここも『ダイヤモンドホール』だし・・・。」
– 私、名古屋人ですが、これは腹筋がよじれました。

 

~伝説編~

広告会社に就職が決まっていたウエノに対し「いいじゃん。俺についてきたら間違いないよ」と言い就職を蹴らせる。
– チバさんかっこ良すぎる。

デビュー前、新宿ロフトのライブで客席にダイブして、客が避けたため背中から落ち、翌日バイトを休む。
– これは、チバさんかわいそう。

ドラムのクハラカズユキを、かなり長い間「ノブオ」と間違えて覚えていた。しかも、訂正された端から間違えていたため、クハラも若干あきらめていた。
– やっぱり才能ある人ってどこか抜けてるんだなぁ。

フジロックにて女子ファンに「サインしてください!」と頼まれ「いいよ」と、迷わずおでこにサイン。
– チバさん、最高過ぎる。

 

周りの人間は大変かもしれないが、ボーカリストはこれくらいぶっ飛んでいた方が魅力的だ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。