管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

SUPER BEAVERのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

SUPER BEAVER
LINEで送る
Pocket

 

 

SUPER BEAVER

SUPER BEAVER

photo by natalie.mu

 

メンバー:渋谷龍太(ボーカル)/柳沢亮太(ギター)/上杉研太(ベース)/藤原広明(ドラムス)

ジャンル:ロック

活動期間:2005年~

 

4人組バンド、SUPER BEAVERについて紹介しています。

スポンサーリンク


SUPER BEAVERのメンバーを詳しく紹介!

 

SUPER BEAVERの4人のメンバーを1人1人詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

渋谷龍太

渋谷龍太

photo by natalie.mu

 

生年月日:1987年5月27日

担当:ボーカル

 

SUPER BEAVERのボーカル担当の渋谷龍太。

MANGA SHOCKというバンドでも活動しており、そのバンドではベースを務める。

 

SUPER BEAVERでは、ボーカル。

MANGA SHOCKでは、ベース。

さらに、ソロで弾き語りシンガーとして活動することもあり、ギターも弾ける渋谷。

 

ちなみにソロで活動する際は「澁谷逆太郎」という名で活動している。

歌唱から演奏まで、幅広くこなす渋谷。

 

レコーディングの最中、自分の中で「これは、嫌だなー、気持ち悪いなー。」と納得できない部分があり、この歌が世に出たら、楽しみにしている人達の耳に入ってしまう・・・。

と考えた時に、気持ち悪くなり、倒れてしまったというエピソードも。

 

それほど、音楽に対して、超が付くほどの真面目な人物。

そういった、音楽に対して、真面目な面がSUPER BEAVERの音楽にも表れているように感じる。

 

ソロでも活動出来る、実力者なのはもちろん。

なんと言っても、力強くも繊細で、迫るような彼の歌声は素晴らしい。

 

その訴えかけるような歌声があるからこそ、聴く人の心に響く。

彼の歌声があってこそのSUPER BEAVERと言える。


柳沢亮太

柳沢亮太

photo by natalie.mu

 

生年月日:1989年2月21日

担当:ギター/コーラス

 

SUPER BEAVERのギター・コーラス担当の柳沢亮太。

作詞・作曲も担当しています。

 

彼のプロデュース能力は高く、多くの他アーティストからも認められている。

SUPER BEAVERとしての活動以外にも、SCANDALや井上苑子、Shout it Outなどの楽曲のプロデュースも務めることも。

 

過去には体調不良で休養していた時期もある柳沢。

その時はメンバーはもちろん。

サポートしてくれたギタリストなど、様々な人に支えられ、そのありがたみを実感したという。

 

ギタリストとして、演奏の面でSUPER BEAVERを支えるのはもちろん。

彼の作詞・作曲は、SUPER BEAVERの持ち味を最大限に活かしている。


上杉研太

上杉研太

photo by natalie.mu

 

生年月日:1988年1月26日

担当:ベース

 

SUPER BEAVERのベース担当の上杉研太。

作詞・作曲を担当することもあります。

 

メンバーの渋谷と柳沢が潰れてしまった時期に、仕方なく、曲を書くことになったという。

メンバーが潰れてしまった時期というのは、メンバー同士が助け合いながらも、普段やらないこともやらざる負えなくなり、大変な時期だったはず。

その時期の、彼の存在というのは大きかったように感じる。

 

その、曲を書くという経験や、その他の様々な彼が経験したこと。

それが現在の、SUPER BEAVERの表現できることに1つになっている。


藤原広明

藤原広明

photo by natalie.mu

 

生年月日:1988年6月1日

担当:ドラムス

 

SUPER BEAVERのドラムス担当の藤原広明。

老け顔、癒し担当だという。

 

藤原と公明の間に年齢を挟んで自分の事を表記することが多い彼。

「藤原28才広明」のような感じで。

 

そういった、ユーモア溢れる1面もまた彼の良さ。

ドラマーとしての、類まれなる演奏力はもちろん。

そういったユーモアさと持ち前の癒し力で、根幹からSUPER BEAVERを支えている。

スポンサーリンク


SUPER BEAVERのおすすめの人気曲ランキング!

 

そんな4人のメンバーからなる、SUPER BEAVERのおすすめの人気曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第5位 証明

SUPER BEAVER「証明」MV

 

第4位 秘密

SUPER BEAVER「秘密」MV

 

第3位 ことば

SUPER BEAVER「ことば」MV (Full)

 

第2位 うるさい

SUPER BEAVER「うるさい」MV (Full)

 

第1位 青い春

SUPER BEAVER「青い春」MV (Full)

 

深く考えさせられる歌詞。

ただただ、励まされる歌詞。

ストレートで心に刺さる歌詞。

 

そして、それを音楽に乗せて、聴く人に伝える。

SUPER BEAVERの音楽からは、そんな印象を受けた。

 

聴く人の心に響く音楽。

と言うのは簡単だが、それを実現するのは容易ではない。

 

しかし、SUPER BEAVERの音楽を聴き、考えさせられた人、励まされた人、心に響いた人。

そういう人達が数多くいるのも事実。

 

SUPER BEAVERの音楽には人の心を動かす力があるのかもしれない。


SUPER BEAVERのおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、SUPER BEAVERのおすすめのアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 愛する

 

アルバム「愛する」の収録曲一覧

1.誰か

2.らしさ

3.証明

4.結果論

5.わたし

6.Q&A

7.おかげさま

8.言えって

9.生活

10.愛する

11.ILP

 

上で紹介した「証明」はもちろん。

「らしさ」「結果論」「言えって」などメッセージ性溢れる、彼ららしい楽曲が盛りだくさん。

SUPER BEAVERの魅力が存分に味わえるアルバム。


第1位 27

 

アルバム「27」の収録曲一覧

1.27

2.秘密

3.ことば

4.うるさい

5.赤を塗って

6.ひとつ

7.じぶんまかせ

8.本音

9.まっしろ

10.運命

11.青い春

12.人として

13.素晴らしい世界

 

上で紹介した「秘密」「ことば」「うるさい」「青い春」は当然、素晴らしい。

他にも「ひとつ」「人として」など。

様々な苦難を乗り越え、さらに進化した。

そんなSUPER BEAVERを感じられるアルバム。


私の感想と余談

 

SUPER BEAVERは、本当に様々な困難を乗り越えてきたバンド。

上でも、触れたようにメンバーが倒れ、入院した時期もあったり。

 

早々にメジャーデビューするも、挫折し、契約を打ち切られ。

その後自主レーベルを立ち上げ、また再び這い上がり、現在に至るという彼ら。

 

これは、本当に凄い事。

並みの覚悟と努力では、出来ることではない。

 

本当に想像を絶するような、様々な苦難を乗り越えてきたSUPER BEAVER。

彼らの奏でる音楽には、本気の思いが詰まっている。

そんなSUPER BEAVERの今後の活躍も非常に楽しみです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。