管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

SiM(バンド)のメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

LINEで送る
Pocket

 

 

SiM

sim2

photo by atpress.ne.jp

 

メンバー:MAH(ボーカル)/SHOW-HATE(ギター・キーボード)/SIN(ベース)/GODRi(ドラムス)

ジャンル:ロック/パンク/レゲエ

活動期間:2004年~

 

4人組バンド、SiMについて紹介しています。

スポンサーリンク


SiMのメンバーを詳しく紹介!

 

SiMのメンバー1人1人を詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

MAH

mah

photo by natalie.mu

 

生年月日:1986年8月5日

担当:ボーカル

 

SiMのボーカル担当のMAH。

MAHの読みは【マー】

腕の刺青とアイラインが特徴的なMAH。

 

MAHアイラインver

mah2

photo by naver.jp

 

す、すげー迫力だ。

目力半端ない。

 

ライブのチケットの転売に対して厳しい姿勢を取っているというMAH。

チケット購入者とライブ来場者を抜き打ちで照合する「ランダムIDチェック」というものもしているんだとか。

 

そうだね、転売は良くないよね。

ただ、これもしも知人が急遽行けなくなって譲り受けたとかそういう場合はどうなるんだろう。

という疑問が。

そういうときは口頭で説明して・・・という感じになるのかな。

 

特に最近は転売屋が増えて色々問題になってますからね。

こういう厳しい姿勢は賛成です。

 

MAHさんは「寡黙でかっこいい」というイメージのあった自分。

twitterやブログを見ると、そんなことはなく面白く陽気な人だった件。

勝手なイメージってよくないね。

 

特にブログは読みごたえあり過ぎ。

MAHのブログ→http://ameblo.jp/sim-mah/

 

さらに猫が大好きなMAH。

猫縛りの質問に答えるというラジオのコーナーまで持ってるっていう。

 

猫への愛が留まることを知らないね。

イメージとのギャップがやばい(いい意味で)

 

MAHとMAH家の猫の2ショット

mahと猫

photo by ink361.com

 

猫ちゃんかわいい。

何故か猫の名前は教えてくれないというMAHさん。

人に飼っている猫の名前を教えるのが、恥ずかしい気持ちなんとなくわかる。


SHOW-HATE

showhate

photo by naver.com

 

生年月日:1986年2月18日

担当:ギター/キーボード

 

SiMのギター・キーボード担当のSHOW-HATE。

SHOW-HATE、読みは【ショウヘイト】

ギターだけでなくキーボードもこなすとは、演奏の幅が広い。

 

なんと一児の父というSHOW-HATE。

年齢的には一時の父でも全然おかしくないのですが、バンドマンでは珍しいですね。

 

2010年にはツアー中に脳梗塞で倒れたことも。

いや、本当元気になってよかった・・・。

 

SHOW-HATEは嘘や曲がったことがが大嫌い。

真面目で、真っすぐな人という印象。

 

泣いたり怒ったりと感情表現も豊かな人。

きっと良いお父さんなんだろうな。

 

SHOW-HATE「人を貶す人は、自分が貶した人に助けられてるってことに気付いた方が良い。」

この言葉は深いなと思った。

その通りなんだよね。


SIN

sin

photo by jurnalotaku.com

 

生年月日:1986年2月24日

担当:ベース

 

SiMのベース担当のSIN。

元々はSiMのサポートメンバーだったが、2009年に正式にSiMのメンバーとして加入。

 

実家に住んでいるというのを度々ネタにしているSIN。

個人的にメンバーで1番面白いのはこのSIN。

文才あり過ぎるよ。

 

でんぱ組.incとライブをやった際には、オタクに扮してみたりとノリも良いSIN。

 

オタクに扮するSHOW-HATEとSIN

sin2

photo by twitter.com

 

クオリティの高さに笑ったww

2人とも恰好も去ることながら、表情も絶妙。

 

ライブを一緒にやったでんぱ組.incについては別の記事で詳しく紹介しているので、こちら→でんぱ組.incのメンバーを紹介!ブスしかいない?みんなかわいい?自己紹介コールで盛り上がれ!

を是非どうぞ。

 

おっちょこちょいな一面もあるSIN。

 

ホテル先で、早朝5時にランニングをし、風呂に入る。

その後下着を取ろうとスーツケースを開けようとするも開かない。

ダイヤルがズレてしまったようで、親のだったため電話で番号を聞くも親もわからず。

その間、全裸待機ww

 

結局、鍵のプロの人に来てもらって事なきを得たんだとか。

今でこそ笑い話だけど、その時は焦ったでしょうね。

ダイヤル、鍵系は気を付けないとね。


GODRi

godri

photo by qetic.jp

 

生年月日:1986年6月24日

担当:ドラムス

 

SiMのドラムス担当のGODRi。

GODRiの読みは【ゴリ】

過去には、ドラムコンテストで優勝したこともある実力者。

 

SiMのムードメーカー的存在でもあるGODRi。

SiMにとって欠かせないメンバーの1人ですね。

 

ゴジラが大好きというゴリ。

GODRi「ゴジラは日本の誇り」

 

大ゴジラ特撮展をエンジョイするGODRi

godri2

photo by twitter.com

 

ゴジラ愛が伝わってきますね。

GODRiの男らしさ、かっこよさの原点はこのゴジラから来ている。

・・・のかもしれない。

 

毎年、花粉症に悩まされているというGODRi。

辛いよね、花粉症。

 

今後も力強いGODRiらしいドラム捌きでSiMに活力を。

スポンサーリンク


SiMのおすすめの人気曲ランキング!

 

続いて、そんな4人のメンバーからなるSiMのおすすめの人気曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第5位 KiLLiNG ME

SiM – KiLLiNG ME (OFFICIAL VIDEO)

 

第4位 GUNSHOTS

SiM – GUNSHOTS (OFFICIAL VIDEO)

 

第3位 MAKE ME DEAD!

SiM – MAKE ME DEAD! (OFFICIAL VIDEO)

 

第2位 CROWS

SiM – CROWS (OFFICIAL VIDEO)

 

第1位 Fallen Idols

SiM – Fallen Idols (OFFICIAL VIDEO)

 

ランキングにするのムズ過ぎ泣いた。

それだけ良曲揃いということなんですけどね。

なので、気分によってこのランキングはブレる(おい)

 

レゲエとパンク。

両方の要素を兼ね備え、SiMにしかない良さがある。

個人的な好みもドンピシャ。

 

MVもどの曲も凝ってるし、映像でも楽しませてくれる。

最高かよ。


SiMのおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、SiMのおすすめのアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 PANDORA

 

アルバム「PANDORA」の収録曲一覧

1.PANDORA

2.WHO’S NEXT

3.Pieces of Troops

4.BRAiN

5.Blah Blah Blah

6.Borning People, Fucking Grays

7.DOUBSOLUTiON #4

8.We’re ALL Alone

9.Rosso & Dry

10.Keep it Burnin’

11.March of the Robots

12.Dreaming Dreams

13.Upside Down

 

上では紹介出来なかったが「Pieces of Troops」「Blah Blah Blah」「Dreaming Dreams」「Upside Down」と個人的に好きな曲がたくさん。

こういう曲がたくさんあるから、ランキングにするのが難しかったっていう。

このアルバムはレゲエ要素強めかな?

なので、レゲエ寄りのSiMが好きという方にはよりおすすめしたいアルバムですね。


第1位 THE BEAUTiFUL PEOPLE


 
アルバム「THE BEAUTiFUL PEOPLE」の収録曲一覧

1.MAKE ME DEAD!

2.NO FUTURE

3.THE KiNG

4.Abel and Cain

5.Paradox

6.If I Die

7.I DUB U

8.Dance In The Dark

9.GUNSHOTS

10.CROWS

11.The Problem

12.EXiSTENCE

13.Life is Beautiful

 

当然、上で紹介した「MAKE ME DEAD」「GUNSHOTS」「CROWS」は紛うことなき良曲。

さらに他にも「Paradox」「Dance In The Dark」も最高。

かなり完成度の高いアルバムになっていると思います。

 

車の中で曲を掛ける方はスピードの出し過ぎに注意ね。

それくらいテンションの上がるアルバムになっています。


私の感想と余談

 

個人的には大好きですが、メタル系の音楽は好みが分かれますよね。

同じメタル要素を含んだvegasも個人的に好きなバンドの1つです。

 

vegasについては別の記事で詳しく紹介しているので、こちら→Fear, and Loathing in Las Vegasってどんなバンド?メンバーは?おすすめの曲・アルバム紹介

を是非どうぞ。

 

武道館公演も行い成功を収めたSiM。

彼らはどこまで突き進んでいくのか。

今後の活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。