管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

選挙権を18歳に引き下げる法案のメリットやデメリット、適用はいつから?

投票
LINEで送る
Pocket

 

 

現在では、国民投票が出来るのは、20歳からとなっております。

ですが、それが引き下げられ「18歳から国民投票が出来る」となる法案が早ければ2016年の夏に適用されるようになるかもしれません。

 

これにより今まで選挙権を持っていなかった約240万人の18歳、19歳の有権者が新たに加わることになります。

この選挙権を18歳に引き下げる法案については賛否両論、様々な意見があります。

スポンサーリンク

 

ー賛成派ー

「これから政治の影響をより受けるのは若い世代だから、18歳からで問題ないと思う。」

「未成年でも社会人として働いて税金も納めている人も居るんだから、当然選挙権もあって良いと思う。」

「世界中の国のほとんどが選挙権は18歳から行使できるのでそれに日本も倣うべきである。」

 

ー反対派ー

「18歳、19歳の子供達に国を動かす選挙を託すのは危ない。」

「社会経験がほとんど無い18歳、19歳に投票権を与えたところで、本当に日本の為になる答えを導き出し辛いと思う。」

「投票できる年齢を20歳から18歳にしたところで投票率が上がるとは到底思えない。」

 

 

ここから見えてくるメリット・デメリットは

 

 

ーメリットー

若い世代に政治について関心を持ってもらえるようになる可能性が高い。

若い人たちの意見が反映されやすくなる。

 

ーデメリットー

「18歳、19歳はまだまだ未熟な年齢であり、社会経験のない人が多いので、やはり危ない。」

 

選挙権を18歳に引き下げる法案の全体の意見、メリット・デメリットはこの辺りになります。

スポンサーリンク

 

ここからは私個人の考えを述べさせていただきます。

 

個人的には、選挙権を18歳に引き下げる事は賛成です。

これからの日本を背負っていくのは若い世代ですから、若い世代こそ政治について関心を持つべきです。

 

それに20歳になれば立派な大人で、考えをしっかり持っているかと言われればそんなこともないと思います。

18歳でも、考えをしっかり持っていてより日本がよくなるように投票出来る人もいれば

20歳でも考えもせず、みんな入れてるし、よくわかんないけど入れておこうという人も居ると思います。

 

まぁ適当に入れちゃう人でも、投票に行かない人よりは何十倍もえらいと思いますけどね。

要は18歳から20歳で何か劇的に変わるわけでもないということです。

 

これは反感を買うかもしれませんが、さらに欲を言えば

投票出来るのは「18歳から65歳まで」になるというのが個人的な理想です。

 

結局のところ、若い世代の人達があまり投票しないので、今投票しているのはほとんどが高齢者です。

それは政治家もわかっています。

 

今の世の中得をしているのは投票をしている高齢者だけです。

その高齢者の為に、高い税金を払っているのが我々若い世代です。

 

言ってしまえば、投票に来ない若者に媚を売る必要なんてなく、投票に来てくれる高齢者の方たちだけに得をしてもらって、媚を売って票をゲットしようってことです。

 

なんだか悔しいじゃないですか。

 

この現状を打破する為には、やっぱりまず若い世代も高齢者の人達のように投票をすること。

ただ、それでも数の差がある・・・圧倒的な高齢化社会なので。

なので、投票できるのは「18歳から65歳まで」というのが理想です。

 

この選挙権を18歳に引き下げる法案で、若い世代の投票率が上がり、若い世代の意見が少しでも反映されるようになると嬉しいです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。