管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

大原櫻子は歌上手いし可愛いけど、ぶっちゃけどこが魅力的なの?おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

大原櫻子(おおはらさくらこ)

【生年月日】1996年1月10日

【出身地】東京都

【職業】歌手/女優

【ジャンル】J-POP

【活動期間】2012年~

 

歌手で女優の大原櫻子。
彼女の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 キミを忘れないよ

 

第4位 大好き

 

第3位 Dear My Dream

 

第2位 真夏の太陽

 

第1位 瞳

 

可愛くて歌が上手いというのが、大原櫻子を聴いて最初に感じた印象。
これだけの可愛さがあれば、MVも映える。
歌唱力も伸びのある歌声が魅力的で、純粋に上手い。

 

瞳は、ゆったりとしたバラードで彼女の歌唱力の高さがよくわかる楽曲。
透明感があり、この透き通るような歌声は、こういったバラードにもよく合う。
どこか儚さを感じるMVも魅力的。

 

そして、元気が出るような楽しい雰囲気が魅力的な、真夏の太陽。
日差しの中、弾ける笑顔が眩しい。
意中の人と、この夏にどこかへ行きたいと思っている女性にとっては、打って付けの楽曲。
この曲を聴けば、踏み出せなかった一歩が踏み出せるはず。

 

可愛い、歌が上手い以外に彼女の魅力的な所は、女性に対しての共感性と後押し。
いくら歌詞が魅力的だとしても、ここまで女性の心は掴めない。
それは彼女の表現力の豊かさや、伝える能力の高さがあってのもの。

 

彼女の楽曲に勇気や元気を貰っている女性も多いはず。
だが、それに引き換え、ほとんどの男どもは多分見た目にしか興味ない。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第2位 HAPPY

【収録曲一覧】
01. Over The Rainbow
02. サンキュー。
03. 瞳
04. 無敵のガールフレンド
05. 明日も
06. 頑張ったっていいんじゃない
07. Happy Days
08. のり巻きおにぎり
09. READY GO!
10. ただ君のことが好きです
11. ちっぽけな愛のうた
12. ワンダフル・ワールド

 

Pick Up!
08. のり巻きおにぎり
09. READY GO!

08. のり巻きおにぎり

歌詞が面白い。
弁当のおにぎりが主役とはまた斬新。
この遊び心も魅力的だと感じる楽曲。

 

09. READY GO!

全ての女性へ向けた応援歌。
はいはいレディーファーストレディーファースト。
勢いがあり、元気が出るような楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、瞳が収録されている。
女性が共感できるような、元気が貰えるような楽曲が目白押し。
大原櫻子の原点とも言える1stオリジナルアルバム。

 

第1位 V(ビバ)

【収録曲一覧】
01. 踊ろう
02. 大好き
03. キミを忘れないよ
04. 勇気と微笑み
05. メロディー
06. 真夏の太陽
07. こころ
08. サイン
09. トレモロレイン
10. Dear My Dream
11. 君になりたい
12. September
13. Scope

 

Pick Up!
05. メロディー
08. サイン
12. September

05. メロディー

大原櫻子の音楽への愛が伝わる。
心地良く、聴きやすいテンポが印象的。
CMで流れていたこともあり、サビは誰しも聴いたことがある楽曲。

 

08. サイン

珍しくシリアスな印象の楽曲。
どこか切ない雰囲気を感じる彼女の歌い方も良いと思える楽曲。

 

12. September

個人的に、大原櫻子の曲の中で唯一惚れた曲。
メロディも秀逸。
さらに切なさ、儚さを感じる歌声も最高。
大原櫻子の隠れた名曲。


おすすめの人気曲として紹介した、真夏の太陽、Dear My Dream、大好き、キミを忘れないよが収録されている。
今までには無かった、大人になった彼女の新たな魅力にも気付ける。
彼女の成長をそのまま感じられるアルバム。

 

最後に

 

中には大原櫻子のメディアのごり押しっぷりを不快に感じる方も居る様子。
正直気持ちはわかる。
けど実際売れていて、同性からの支持も厚いので、メディアのごり押しも止む無しといったところ。

 

現在は亀田誠二プロデュースで大原櫻子の楽曲の作曲も彼が担当している。
だが作曲を彼女に全投げしてみても、面白いかもしれない。
新たな魅力を生み出すきっかけにもなりえる。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。