管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

nano.RIPEはきみコの歌声でアニソン界を席巻、だが売れ行きは…。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

nano.RIPE(ナノライプ)

【メンバー】きみコ(ボーカル・ギター)/ササキジュン(ギター)/アベノブユキ(ベース)/青山友樹(ドラムス)

【ジャンル】J-POP/ロック/アニメソング

【活動期間】2004年~

 

4人組ロックバンドのnano.RIPE。
彼女達の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 絵空事

 

第4位 セラトナ

 

第3位 ツマビクヒトリ

 

第2位 ハナノイロ

 

第1位 リアルワールド

 

かっこ良くも爽やかなポップロック。
nano.RIPEの楽曲は、聴くだけで元気が貰える。
そして、きみコの唯一無二のハイトーンボイスが魅力に拍車を掛ける。
この歌声は、nano.RIPEにしか無い良さ。

 

そして、きみコの歌声の魅力を最大限に感じられるリアルワールド。
某動画サイトでは、色々なキャラが振り付け付きで踊っていたりする。
ひたすら楽しいこの楽曲は、多くの人に愛されている。
どれだけ落ち込んでいても聴くだけで自然とテンションが上がる良曲。

 

ハナノイロは、花咲くいろはという神アニメの主題歌。
個人的にnano.RIPEを知ったきっかけは、このハナノイロから。
きみコのこの声に、何回鳥肌が立ったか。
爽快感と疾走感を兼ね備えた良曲。

 

ツマビクヒトリは、かっこいいnano.RIPE。
この疾走感ときみコの伸びのある歌声の相性は抜群。
クールでかっこいいnano.RIPEの魅力が感じられる楽曲。

 

これまで数々のアニメソングの主題歌を担当してきたnano.RIPE。
彼女達の何が凄いって、毎回クオリティが高くアニメに合った楽曲を提供している所。
nano.RIPEの楽曲にハズレ無しというのは、事実。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第3位 スペースエコー

【収録曲一覧】
01. SN1998A
02. ルミナリー
03. ライムツリー
04. システム
05. こだまことだま
06. アナザーエンド
07. ティーポットのかけら
08. 日付変更線
09. スノードロップ
10. 在処
11. イタチ
12. ものがたり
13. ディア
14. 終末のローグ

 

Pick Up!
03. ライムツリー
09. スノードロップ

03. ライムツリー

ギターが良い味を出していて、雰囲気にオシャレさを感じる。
いつものnano.RIPEよりもシックでかっこいい印象の楽曲。

 

09. スノードロップ

かっこいいnano.RIPE。
きみコの力強い歌声と楽器隊の力強い演奏が魅力的な楽曲。


この2曲が収録されている。
今までのnano.RIPEには無かった魅力や彼女達の進化を感じるアルバム。

 

第2位 七色眼鏡のヒミツ

【収録曲一覧】
01. こたえあわせ
02. 透明な世界
03. スノードーム
04. ルーペ
05. 4分間
06. 神様
07. アポロ
08. パラレルワールド
09. 絶対値
10. 嘘と月
11. ラルミー
12. ホタル
13. 空飛ぶクツ
14. 有色透明

 

Pick Up!
04. ルーペ
06. 神様
08. パラレルワールド
12. ホタル

04. ルーペ

きみコの歌声が心地良い。
歌詞も深く、ゆったりとした優しい楽曲。

 

06. 神様

ピアノの音色とギターの音色が際立つ繊細な楽曲。
力強くも優しいきみコの歌声が魅力。
サビのメロディも秀逸で、nano.RIPE屈指の名曲。

 

08. パラレルワールド

聴いていたら自然とリズムを取りたくなる。
楽しくなるような、nano.RIPEらしさが溢れた楽曲。

 

12. ホタル

爽やか、かつ疾走感に溢れた楽曲。
王道のロックといった印象。
キャッチーで聴きやすく、nano.RIPEの隠れた良曲。


この4曲が収録されている。
nano.RIPEの繊細さも活発さも感じられる。
バラエティに富んだ質の高いアルバム。

 

第1位 シアワセのクツ

【収録曲一覧】
01. 色彩
02. 絵空事
03. もしもの話
04. なないろびより
05. 月花
06. 細胞キオク
07. ゆきのせい
08. フラッシュキーパー
09. 透明な世界
10. リアルワールド
11. 面影ワープ
12. ハナノイロ
13. 影踏み
14. パトリシア
15. 地球に針

 

Pick Up!
05. 月花
07. ゆきのせい
13. 影踏み
15. 地球に針

05. 月花

ゆったりとしたテンポで、きみコの優しい歌声と繊細な音色が心地良い。
聴くだけで癒される楽曲。

 

07. ゆきのせい

特徴的なピロピロ音が癖になる。
そして、それが良い雰囲気を出している。
タイトル通り、冬にぴったりの楽曲。

 

13. 影踏み

ギターのリフが印象的。
その演奏ときみコの歌声が相まって、楽しい雰囲気が伝わる楽曲。

 

15. 地球に針

優しくも壮大。
きみコの歌声だからこそ、成り立つ楽曲。


この4曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、リアルワールド、ハナノイロ、絵空事が収録されている。
これまでのnano.RIPEのシングル曲が詰め込まれた。
良曲揃いのベストアルバム。

 

最後に

 

知らなかったんだが、シングルの最高位が右肩下がりで落ちているnano.RIPE。
花咲くいろはとのタイアップ効果もあったハナノイロが20位以内、それ以外の楽曲は20位以内には入れず、2016年8月3日に発売したスノードロップに至ってはまさかの三桁順位という・・・。
決して曲が悪いとは感じないのに・・・。
むしろスノードロップ、上でも言ってるけど、今までのnano.RIPEには無いくらいかっこええで。

 

良い曲=売れる
というわけではないというのは重々わかっているが、それでも、三桁というのは・・・。
もしかしたら、今のnano.RIPEも良いと思っている自分は少数派なのかな。

 

さらに2016年、年内での脱退が発表されているベースのアベノブユキとドラムスの青山友樹。
彼らが脱退したその後のnano.RIPEというのは、未知数な面が多いが、逆境に負けずにこれからも頑張ってほしい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。