管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

MOSHIMOというバンドの猫かぶり女子を皮肉った楽曲が秀逸な件。おすすめの人気曲・アルバムランキング

MOSHIMO

【メンバー】岩淵紗貴(ボーカル・ギター)/一瀬貴之(ギター)/宮原楓(ベース・コーラス)/本多響平(ドラムス)

【ジャンル】ロック/J-POP

【活動期間】2006年~

 

4人組バンドのMOSHIMO。
彼女達の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 音の無い世界のうさぎ

 

第4位 命短し恋せよ乙女

 

第3位 哀しみのブランコ

 

第2位 触らぬキミに祟りなし

 

第1位 猫かぶる

 

ボーカル岩淵紗貴の歌声がまず耳に残る。
割と好き嫌いが分かれるハイトーンボイスだが、その特徴的な声がどの楽曲に活かされている印象。
感傷に浸れるような歌も、楽しい気持ちになれるような歌もどれも聴き入ってしまう。

 

特に、感傷に浸れて聴き入ってしまうという点でずば抜けている、哀しみのブランコ。
これを聴きながら一人で考え事するのがおすすめ。
一人の世界に入り浸れるような、そんな楽曲。

 

そして、ある意味真逆の触らぬキミに祟りなし。
こちらは、自然と身体が動くような楽しい楽曲に仕上がっている印象。
MVもダンス推し。
自然とテンションが上がる楽曲。

 

猫かぶるは、この2曲とはまた違った魅力のある楽曲。
結構、辛辣な歌詞が面白くて、ハマる。
なかなかの毒舌っぷり。
いいぞ、もっとやれ。
このダークさとサビのメロディの中毒性が堪らない良曲。

 

猫被り女子とそれに騙される男子を皮肉った楽曲、猫かぶるは本当に秀逸。
わかりやすく面白い歌詞にもセンスを感じるし、聴いて楽しい。
今後ももっとMOSHIMOのこういった少し毒づいた楽曲が増えてくれることに期待。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第2位 触らぬキミに祟りなし

【収録曲一覧】
01. 触らぬキミに祟りなし
02. 赤いリンゴ
03. この恋の結末
04. ポテトサラダ
05. めくりめく夏の思い出
06. 途切れないように
07. 花束
08. てんてこまい

 

Pick Up!
06. 途切れないように
08. てんてこまい

06. 途切れないように

ゆったりとした曲調にボーカルの歌声が合っていて聴き入ってしまう。
切なさ溢れる楽曲。

 

08. てんてこまい

ギターの音色の味がよく出ている。
弾き語り形式で聴きやすく耳にスッと入ってくる楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、触らぬキミに祟りなしが収録されている。
MOSHIMOの魅力が詰まった全8曲のミニアルバム。

 

第1位 YEARS

【収録曲一覧】
01. 三角形関係
02. ウソツキライダー
03. 哀しみのブランコ
04. 平行線のうた
05. 強がり虫
06. 乾いたのど
07. ゼイガルニク
08. ちょっとねぇ
09. 蜩
10. 寝グセ
11. 音の無い世界のうさぎ
12. 虹の向こう

 

Pick Up!
02. ウソツキライダー
12. 虹の向こう

02. ウソツキライダー

楽曲の雰囲気も歌い方もいつものMOSHIMOとは良い意味で少し違う印象。
力強く疾走感が心地良い楽曲。

 

12. 虹の向こう

歌詞も曲も、とにかく爽やか。
青春を感じるような爽快感に溢れた楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、哀しみのブランコ、音の無い世界のうさぎが収録されている。
MOSHIMOを知るならこの一枚と言える。
ボリュームたっぷりの全12曲のフルアルバム。

 

最後に

 

実はMOSHIMOというグループ名になったのは、2015年の4月から。
それまでは、CHEESE CAKEというグループ名で活動していた。
なので、上記で紹介した楽曲はCHEESE CAKE時代のものも混じっている。

 

過去には、メンバーの脱退などでレーベルを外れたり、大幅なメンバーの入れ替えに伴い、改名した経緯を見るになかなかの苦労バンドと言える。

 

今後も良質な楽曲を作り続け、そんな苦労が報われる日を楽しみに待ちたい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。