管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

MONOEYESはHIATUSよりも親しみやすい音楽が魅力。おすすめの人気曲・アルバム

LINEで送る
Pocket

MONOEYES(モノアイズ)

 

【メンバー】細美武士(ボーカル・ギター)/戸高賢史(ギター)/スコット・マーフィ(ベース・コーラス)/一瀬正和(ドラムス)

【ジャンル】ロック

【活動期間】2015年~

 

細美武士が立ち上げたプロジェクトのMONOEYES。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲

 

Run Run

 

My Instant Song

 

My Instant Songから感じる穏やかな雰囲気。
音楽も馴染みやすい。
上手く言えないが、昼下がりに出掛ける時に聴くと気分が上がる音楽といった印象。
このようなthe HITUSとは違った音楽が魅力。
どちらかと言うと雰囲気はエルレに近い。

 

Run Runは、the HIATUSでも感じたことのある音楽。
まさしく「ロックバンド」といった印象。

 

MONOEYESとthe HIATUSの大きな違いは、キーボードの有無。
the HIATUSは複雑かつ多彩な演奏で様々な音楽を生み出しているイメージ。
MONOEYESはthe HIATUSと比べるとシンプルで馴染みやすいロック音楽といったイメージ。

 

MONOEYESに関してはまだまだ実験段階の部分が多そうだが、日本語の歌詞の楽曲も存在しているのでおそらくthe HIATUSよりも聴きやすく、キャッチーな印象になっていくと予想。

 

これはこれで細美さんのまた違った新たな魅力が感じられるかもしれない。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバム

 

A Mirage In The Sun

【収録曲一覧】
01. Cold Reaction
02. Like We’ve Never Lost
03. Just A Little More Time
04. My Instant Song
05. Run Run
06. グラニート
07. End Of The Story
08. Do I Have To Bleed Again
09. Get Me Down 
10. 明日公園で
11. Wish It Was Snowing Out
12. Remember Me

 

Pick Up!
06. グラニート
07. End Of The Story
11. Wish It Was Snowing Out

06. グラニート

細美さんの貴重な日本語の歌声が聴ける。
王道のロックバンドといった音楽。
爽やかで聴きやすい楽曲。

 

07. End Of The Story

走り出したくなるような疾走感が魅力。
細美さんの歌声もこの疾走感に拍車を掛ける。
聴いているだけで自然と気分が上がる楽曲。

 

11. Wish It Was Snowing Out

語りかけるような細美さんの歌い方にも魅力を感じる曲。
エンドロールが流れてきそうな静かで聴き浸れる楽曲。


この3曲に加え、おすすめの人気曲として紹介したMy Instant Song、Run Runが収録されている。
王道のロック音楽が味わえるMONOEYESの1stアルバム。

 

最後に

 

MONOEYESとthe HIATUS。
どちらも違う魅力があるので、MONOYES派とthe HIATUS派に分かれそう。

 

私はどちらも好きですが・・・。
強いて言うならHIATUSですね。
the HIATUSについては、こちら→the HIATUSから感じるエルレとは違う細美の意思。 おすすめの人気曲・アルバムランキングを是非どうぞ。

 

エルレが活動していたのは、2008年まで。
ということは、若い子達は当時幼すぎてエルレの存在を知らないかもしれない。
the HIATUSやMONOEYESから細美武士という男を知ったという子達も少なからず居るはず。

 

それでも良い。
the HIATUSやMONOEYESを通じて、エルレを知らない世代でも細美武士という男を多くの人に知ってほしい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。