管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

名古屋発のバンド、ミソッカスとは何者?おすすめの曲やアルバムは?

ミソッカス
LINEで送る
Pocket

 

 

ミソッカス

ミソッカス

photo by ttmnet.co.jp

 

メンバー:左から→ブルマン藤井(ベース・コーラス)/ノブリル(ギター・コーラス)/デストロイはるきち(ボーカル・ギター)/マイケルTHEドリーム(キーボード)/ジャンボリー加藤(ドラム・コーラス)

出身地:愛知県

活動期間:2006年~

 

愛知県出身のバンドでこれからの活躍が期待されるバンド、ミソッカスについて紹介しています。

スポンサーリンク


名古屋発のバンド、ミソッカスとは何者!? 

 

名古屋発の男性5人組バンドグループその名もミソッカス。

2006年から、何度かメンバーチェンジを重ね今に至ります。

知らない方がほとんどだとは思いますが、そんな彼らを紹介していきたいと思います。

 

元々は「みそっかす」という平仮名名義で活動していましたが、現在は「ミソッカス」とカタカナ名義になっています。

そしてそれまでは浴衣を着用して活動していましたが、カタカナ名義のミソッカスになってからはそのトレードマークであった浴衣を脱ぎ捨て、楽曲自体の雰囲気も変わっています。

 

ミソッカスは多彩なメロディで色々な曲を作れるので曲によって全く感じ方や雰囲気が違ってくるんですよね。

そんなミソッカスの楽曲を紹介していきます。


ミソッカスのおすすめの曲は? 

 

ミソッカスは魅力的な曲がたくさんありますが、その中からおすすめの3曲を紹介したいと思います。

 

ミソッカス『マッドシュリンプス』

 

まず、入りのイントロのかっこよさが異常。

そしてサビのメロディも1度聴くと何度も聴きたくなるようなクセになるメロディです。

やっぱりキーボードが居るとメロディの幅も広がりますよね。

 

ミソッカス「シャイニングイリュージョン」PV

 

先程のマッドシュリンプスとは違い、キャッチーなメロディの曲となっていてミソッカスを初めて聴くという方は聴きやすいと思います。

PVも絵本チックで、文字のロゴも可愛らしくてこういうパターンのミソッカスも良いですね。

先程のかっこ良さから一転可愛さよりのキャッチーな曲も作れて本当に制作する楽曲の幅も広く魅力的です。

 

ミソッカス『愛しさと切なさと純情な感情』

 

来ました、私の一番好きな曲でミソッカスを知るキッカケとなった曲

今でもかなりの頻度で聴いていますね。

メロディのかっこよさも抜群で、初めて聴いた時は地元名古屋にこんなバンドがおったんか・・・。なぜ今まで知らなかったんだ・・・」と少し後悔しました(笑)

 

ちなみにMVに出演されている女性の方はモデルの中田クルミという方です。

中田クルミについて詳しく!!という方はこちら→中田クルミの身長や体重、大学や高校などのプロフィール、ファッション画像や性格も

 

まだまだミソッカスの曲はそこまで多くはないのですが、他にもみそっかす時代にも魅力的な曲もたくさんあるので、「ミソッカス、でらいいがね!」と思った方は他にも色々聴いてみてください。

スポンサーリンク


ミソッカスのおすすめのアルバムは?

 

やはりなんといっても上記でも紹介したマッドシュリンプスとシャイニングイリュージョンが収録されているアルバム「統一された混沌」がおすすめですね。

 

統一された混沌

 

 

私もこのアルバム「統一された混沌」買いました。

もう車で地下鉄で聴きまくりです(笑)


私の感想と余談

 

ミソッカスのPVやMVなんかを観ているとキーボードのマイケルがいちいち面白いのでそれもまた魅力的で楽しみの一つでもあります(笑)

 

ミソッカスを聴いていて思ったのですが、どのバンドもずっと聴いているといつかは飽きというものがきますよね?

ですがミソッカスは1番と2番はただ繰り返しているだけではなく少しずつアレンジを加えていることが多いので聴いていても飽きにくいんですよね。

普通は1番と2番なんて大体歌詞が違うだけですからね。

そのような部分からも曲の制作に対する本気具合が伝わってきます。

 

名古屋を中心に活躍しているようなので、もしかしたら名古屋在住の私は行こうと思えば結構すぐにミソッカスのライブに行けちゃうんですかね。

だとしたら、すぐにでもミソッカスのライブに行ってみたいです(笑)

 

そんな名古屋発の実力派バンド、ミソッカスを今後も応援していきたいです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。