管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

Maison book girlはPで作曲サクライケンタの発想力から。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

Maison book girl(メゾン ブック ガール)

【メンバー】矢川葵/井上唯/和田輪/コショージメグミ

【ジャンル】J-POP

【活動期間】2014年~

 

4人組アイドルグループのMaison book girl。
彼女達の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第3位 bath room

 

第2位 snow irony

 

第1位 cloudy irony

 

これは、新しい。
良い意味で、アイドルらしからぬ世界観と音楽。
現代~先進音楽を取り入れた新しいアイドルの形を見た。

 

イントロから、メロディアスな音楽に心奪われるcloudy irony。
癒され、心が洗われるような楽曲。
彼女達の繊細で儚い歌声を活かした先進的なサウンドにも魅力を感じる。

 

snow ironyは、サビの繰り返しのフレーズが癖になる。
ポップ要素が強く、メンバーの歌声の主張も強い。
だが、それが良いと思える楽曲。

 

MVも楽曲との世界観に合っていて魅せ方が上手い。
新しいアイドルの形を見出だしたサクライケンタのその発想力・アイデアに脱帽。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバム

 

bath room

【収録曲一覧】
01. bath room (intro)
02. bath room
03. my cut
04. 最後の様な彼女の曲
05. snow irony
06. film noir
07. Remove
08. last scene
09. water

 

Pick Up!
04. 最後の様な彼女の曲
06. film noir
09. water

04. 最後の様な彼女の曲

この曲を聴くと自然と森の中の情景が思い浮かぶ。
それほどリラックス出来て、心地良い楽曲。

 

06. film noir

ブクガの中では、メンバーの歌声主体の曲という印象。
決して歌が上手いわけではないが、癒し効果のある歌声が魅力の楽曲。

 

09. water

リアルすぎる水の音には、怖さを感じる。
歌ではなく、語り。
コショージメグミが書いた暗く深い歌詞も魅力的な楽曲。


この3曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、snow irony、bath roomが収録されている。
サクライケンタの変拍子を使いこなすセンス溢れる作曲能力。
そして、ブクガのメンバーの世界観を壊さないリラックスボイス。
それらの魅力をふんだんに感じることが出来る、質の高い彼女達の1stアルバム。

 

最後に

 

Maison book girlの振り付けを担当しているのは、ミキティー本物という人物。
新宿二丁目出身という異様な経歴の持ち主でもある彼(彼女)だが、その振り付けセンスはまさに名前通り本物。
そして新しい振り付けを考える際は、前入れた振りを忘れる為にも寝ながら曲を聴き、夢の中で曲を覚えて、起きてから振りを入れるとのこと。
ただ、サクライケンタの作る楽曲が変拍子の為、頭がおかしくなってしまったらしい。
変拍子の楽曲に振り付けを付けるというのは、物凄く大変だということがわかる。

 

プロデューサーでもあり作曲者でもあるサクライケンタは過去にうつ病を患っていた時期がある。
その病気の影響で、いずこねこは活動休止。
現在では、ブクガを含めバリバリに活動しているが、再発とならない為にもあまり無理はしてほしくないところ。

 

ちなみに彼は、アーティストの大森靖子とも親交が深い。
大森から直接、編曲を依頼されることもあるほど。
大森靖子については、こちら→大森靖子とは一体何者?おすすめの人気曲・アルバムランキング!を是非どうぞ。
 

現代音楽とアイドルの融合という新しさを感じるMaison book girl。
ブクガのメンバーはもちろん。
サクライケンタやこのミキティー本物など。
様々な人物が関わり、この新しい世界観や音楽を作り上げている。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。