管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

バンドのライブ・夏フェスに行く際の女性・男性別のおすすめの服装と持ち物は?

女子ライブ服装
LINEで送る
Pocket

 

 

バンドのライブ・夏フェスに参戦する際のおすすめの服装(男女別)と持ち物について詳しく紹介しています。

バンドのライブや夏フェスに参戦したいけど「服装や持ち物はどうすれば・・・」とお困りの方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


バンドのライブ・夏フェスに行く際のおすすめの服装(男性編)

 

男性がバンドのライブ・夏フェスに行く際のおすすめの服装について、詳しく紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

まず、当然動きやすい服装が原則ですね。

なので、Tシャツに動きやすいパンツ、デニム、靴もスニーカーがいいですね。

夏だとハーフパンツが涼しくおすすめです。

首にタオルを巻いておけば完璧!!

 

冬でもライブハウスの中は暑かったりするので、Tシャツの上にすぐ脱げるようにカーディガンやジャケット、その上にコートなんかを着てすぐに涼しい服装にチェンジ出来るとなお、楽で良いと思います。

運動をしに行くような服装とほとんど変わらないので、簡単ですね。

夏フェスでも服装自体はそこまで変わらないです(Tシャツにハーフパンツor動きやすいパンツに靴はスニーカーで首にタオル巻けばOK)

ただ、野外での開催ということもあって持ち物は色々必要になってきますが、その辺りは下記で紹介しますね。

スポンサーリンク


バンドのライブ・夏フェスに行く際のおすすめの服装(女性編)

 

続いて、女性がバンドのライブ・夏フェスに行く際のおすすめの服装について、詳しく紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

やはり、女性は色々気を付ける点が多く大変です。

一つ一つ紹介していきます。

 

女性も男性と同じくTシャツに動きやすいパンツやショートパンツ、靴はスニーカーが基本ですね。

ただ、その他に気を付ける点が多く、髪型や装飾品、爪まで気を使った方がいいです。

こちらは、イラストで紹介。

 

ライブに行く際の女性のおすすめの服装

女子ライブ服装

photo by twitpic.com

 

自分では描けなかったので、@cheeeetasさんのイラストで紹介(上のphoto by ~のリンクでイラストが描いてあるページに飛べます)

いやー非常にわかりやすいです。

 

このイラストを見て頂ければ説明する点もほとんど無いのですが、服装以外のことで一つ。

最近は随分とライブに参戦する女性も増えましたが、男性がやっぱり多いのは間違いないです(バンドにもよりますが)

で、痴漢の被害に遭う女性もいるそうです。

 

多少、狭かったり激しかったりするとぶつかってしまったりするのはしょうがないとは思いますが・・・。

「レギンスの中に手を入れてきた」というような声も某知恵袋さんからちらほら聞こえるので女性の方はその辺りも本当に気を付けた方がいいです。

 

おしゃれしてライブに参戦したい気持ちはグッと堪えて、あまり女性らしい格好はしないに越したことはないと思います。

レギンスやタイツを履けばスカートでもいいんじゃ・・・と思いそうですが、パッと見て目立つ女性の格好は標的にされる可能性が高くなってしまうので、避けた方が無難ですね。

やはり、イラストのようなショートパンツやデニムなどがおすすめですね。

 

ここまで長々と説明してしまいましたが、そんなことする方は本当に極稀なので、一応「こういう人もいるんだ・・・。」というのを頭の片隅に置いておいて最大限にライブを楽しんでほしいと思います。

せっかくのライブ!!

楽しまないと損ですからね。


ライブ・夏フェスに行く際の持ち物は?

 

続いて、ライブ・夏フェスに行く際の持ち物を紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

必ず必要な持ち物

・チケット

・水分

・レインコート(夏フェスor野外時)

・タオル(3枚くらいあると安心)

・日焼け止め(特に女子、夏フェスor野外時)

・着替え(特に夏場は必要)

 

あると便利な物

・携帯充電器

・双眼鏡(席が遠い場合に)

・虫よけスプレー(夏フェスor野外時)

・帽子(熱中症対策、夏フェスor野外時)

・防寒具(夏でも夜の山は意外と冷える、夏フェスor野外時)

・レジャーシート(場所取りにあると便利、夏フェスor野外時)

 

この辺りですね。

服装、持ち物をしっかり整えて、最大限にライブを楽しんでくださいね!!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。