管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

KEYTALKのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

keytalk
LINEで送る
Pocket

 

 

KEYTALK

keytalk

photo by natalie.mu

 

メンバー:寺中友将(ボーカル・ギター)/小野武正(ギター)/首藤義勝(ボーカル・ベース)/八木優樹(ドラムス)

ジャンル:ロック

活動期間:2007年~

 

4人組バンド、KEYTALKについて紹介しています。

スポンサーリンク


KEYTALKのメンバーを詳しく紹介!

 

KRYTALKのメンバー4人を1人1人詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

寺中友将

寺中

photo by moshlock.com

 

生年月日:1988年5月12日

担当:ボーカル・ギター

 

KEYTALKのボーカル・ギター担当の寺中友将。

皆からは「巨匠」の愛称で親しまれています。

実はものまねが得意な巨匠。

 

巨匠のドッキリ動画(後半部分に少しものまねあり)

【KEYTALK TV】潜入!巨匠寺中ソロライブ – 突撃ドッキリ企画・KEYTALKからの刺客

 

ものまね普通に上手くてわろたww

当然と言えば当然なんだけど、歌も上手くて、普通に聴き入ってしまったよ。

 

巨匠は高校時代にはボクシングでインターハイに出場した経験もあるそうです。

スポーツ万能で歌も上手いとか。

 

ライザップにも挑戦し、肉体改造もしたそうで・・・。

 

巨匠・アーロン・ライザップ寺中

寺中ライザップ

photo by twitter.com

 

結果にコメットし過ぎてる件ww

これは男も惚れ惚れする肉体。


小野武正

小野武正

photo by natalie.mu

 

生年月日:1988年9月19日

担当:ギター

 

KEYTALKのギター担当の小野武正。

KEYTALKのリーダーも務めています。

トークが上手く、ライブのMCやラジオ番組でも進行役を担当することが多い小野武正。

 

14歳からクラシックギターを習っていたこともあり、その腕前は本物。

高校の軽音楽部に仮入部するときに「ドヤ顔でギターを披露していた」

とメンバーの八木が語っています。

 

高校入学時点で既にギターが弾けるってすごすぎ。

まだ15歳とかなのに。

 

現在でもサポートを含め5バンドを掛け持ちしているというから驚き。

ギターが上手いし上手くなるわけだ。

 

ギターの講師として弾き、解説までしていた経験も。

 

小野武正のアルペジオ講座

KEYTALK小野武正のアルペジオ講座Part 3(Go!Go!GUITAR 2014年1月号)

 

上手い人間はしっかり努力してるんだな。

というのが伝わってきた。

 

ギターを弾いた経験が自分はないので、解説に関してはさっぱりわからなかった。

というのが正直な感想。

ただ、「アルペジオ奏法をやってみたかった!」という方には非常に為になる動画なのかもしれない。


首藤義勝

首藤義勝

photo by moshlock.com

 

生年月日:1989年2月17日

担当:ボーカル・ベース

 

KEYTALKのボーカル・ベース担当の首藤義勝。

首藤義勝、読みは【しゅどうよしかつ】

またの名を、おしゃれ番長、首藤義勝。

 

おしゃれ番長 首藤義勝の服装1

首藤 服

photo by ro69.jp

 

おしゃれ番長 首藤義勝の服装2

首藤 服2

photo by twitter.com

 

おしゃれ番長 首藤義勝の服装3

義勝 服3

photo by rankingbox.jp

 

スヌーピーのTシャツは義勝に着てもらうために作られたと言っても過言じゃない似合いっぷり。

サイズ感がゆったりしていて、かわいく、独特なデザインのTシャツが好きそうな感じがします。

 

どの服装もよく似合ってる。

パーマにもよく合った服装で着こなしていますね。

 

KEYTALKはバンドでは珍しく、どのメンバーが作詞作曲するかは決まっておらず、メンバーそれぞれが様々な曲の作詞作曲を担当しています。

みんなが曲を書けて、作れるってすごいわ・・・。

 

その中でも作詞作曲をすることが多い首藤義勝。

リーダーの小野武正に「義勝が作る曲がKEYTALKの王道だ」

と言わしめた義勝の作曲能力は本物。


八木優樹

八木優樹

photo by natalie.mu

 

生年月日:1988年10月19日

担当:ドラムス

 

KEYTALKのドラムス担当の八木優樹。

中日ドラゴンズファンなんだとか。

 

おぉ、同志。

八木氏は、愛知県出身の同郷か。

と思いきや何故か東京都出身。

 

自分がドラゴンズファンなのにこんな言い方はあれだけど、

なんでドラゴンズファンなんだ?ww

 

「東京ドームではなくナゴヤドームでライブをやりたい!!」

と公言していることから根っからのドラゴンズファンなのは、間違いなさそうなんですが。

 

ドラゴンズのTシャツユニフォームを着る八木氏

八木 ドラゴンズ

photo by twitter.com

 

同じドラゴンズファンなのでKEYTALKのメンバーで最も親近感が湧いた八木氏。

絶対叶わないけど、ドラゴンズトークなんてのもしてみたい。

スポンサーリンク


KEYTALKのおすすめの人気曲ランキング!

 

続いて、そんな4人のメンバーからなるKEYTALKのおすすめの人気曲をいくつか紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第3位 桜花爛漫

KEYTALK – 「桜花爛漫」MUSIC VIDEO

 

第2位 パラレル

KEYTALK – パラレル【YouTube限定MUSIC VIDEO】

 

第1位 sympathy

KEYTALK “sympathy” 【PV】

 

デビュー当初と最近では曲の雰囲気が違うけど、どちらも個人的には好きですね。

飽きさせない楽曲作りはさすが。

メンバーそれぞれが作曲出来る強みですね。

 

こういうバンドは長く売れる。


KEYTALKのおすすめのアルバムは?

 

続いて、KEYTALKの個人的におすすめしたいアルバムを紹介したいと思います。

おすすめしたいアルバムはこれ。

 

OVERTONE

 

アルバム「OVERTONE」収録曲一覧

1.バミューダアンドロメダ

2.コースター

3.MURASAKI

4.BEAM

5.はじまりの扉

6.お祭りセンセーション

7.パラレル

8.メロディ

9.Siesta

10.シンドローム

11.YGB

12.雨のち、夏

13.プルオーバー

 

上で紹介した「パラレル」はもちろん良い。

他にも「コースター」「MURASAKI」など良曲揃いなので、おすすめするならやはりこのアルバムですね。


私の感想と余談

 

KEYTALKってみんながみんな良い意味で目立っていて、それぞれの長所を生かした演奏、曲作りをしている感じ。

バンドだと、ボーカルだけ目立ったりとかしてしまいがちなのに、メンバーみんなが良い具合に目立っている。

そこもまたKEYTALKの良さですね。

 

あと、作詞作曲をメンバー全員が曲によってそれぞれがしているという点も素晴らしい。

だからこそ同じバンドでも色が違う様々な曲を作れるので、聴く側にしてみれば、飽きにくいというのは嬉しい。

なんだかんだ曲調がワンパターンなバンドって多いですから。

 

そんな、メンバー全員が際立っていて良さを生かしているKEYTALKの今後の活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。