管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

片平里菜とは一体何者?おすすめの人気曲・アルバムランキング!

片平里菜
LINEで送る
Pocket

 

 

片平里菜

片平里菜

photo by natalie.mu

 

生年月日:1992年5月12日

出身地:福島県

職業:アーティスト

活動期間:2012年~

 

アーティスト、片平里菜について紹介しています。

スポンサーリンク


片平里菜とは一体何者?

 

片平里菜とは、一体何者なのかについて。

詳しく紹介していきたいと思います。

 

自身が小学生の頃に、中学生だった兄がバンドを組み、ギターを弾いているのを見て、音楽をやりたいと思うようになったという彼女。

特に、アヴリル・ラヴィーンみたいになりたいという気持ちが強く、次第に歌を練習するようになっていく。

 

中学3年生の終わり頃に、本気で歌手になりたいと思うようになり、高校に入学してからは、ボイストレーニングにも通うように。

度々オーディションを受ける・・・が、当時は、全く引っかからなかったという。

 

高校3年生になると、次第にライブをしてみたいなと思うようになり、アコースティックギターを弾くようになる。

また、ギターと同時進行で、歌詞も書くようになった。

 

高校3年生の夏に初ライブを行う。

ただ、当時はまだギターの腕が未熟で、弾ける子に弾いてもらい、片平は歌に専念していた。

 

そこからは、積極的にオリジナル楽曲を制作し、高校卒業後に、閃光ライオネット2011に参加。

そして、審査員特別賞を受賞し、彼女の音楽人生の転機となる。

事務所も決まり、そこから現在まで、快進撃を続ける彼女。

 

音楽に対し、とにかく積極的で貪欲。

そして、肝も据わっていて、芯が強い印象の彼女。

そのブレない姿勢が、現在の活躍に繋がっているように感じる。

 

彼女が音楽の道を志すようになったのも、兄の存在が非常に大きい。

負けず嫌いな性格で、兄を強くライバル視していたのも、プラスに働いていたように感じる。

 

彼女の書く高い共感性を持つ歌詞にも、彼女の人となりが出ていて、まさに、聴く人の感情を揺さぶり、歌で代弁する。

アーティストらしいアーティストと言える。

スポンサーリンク


片平里菜のおすすめの人気曲ランキング!

 

続いて、片平里菜のおすすめの人気曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第5位 女の子は泣かない

片平里菜「女の子は泣かない」Music Video

 

第4位 煙たい

片平里菜 「煙たい」 Music Video

 

第3位 Oh JANE

片平里菜 「Oh JANE」 Music Video

 

第2位 始まりに

片平里菜「始まりに」Music Video

 

第1位 結露

片平里菜「結露」(TVアニメ「迷家-マヨイガ-」ED曲)Music Video

 

同性に圧倒的に支持されている彼女。

その理由は、曲を聴けばすぐにわかる。

 

あたかも、実体験のようなリアルな歌詞。

そして、優れた表現力と言葉のセンス。

 

言葉を歌声にして、聴く人に伝える。

その能力が、他アーティストと比べても突出しているのがわかる。

 

失恋の歌を歌えば、失恋をし、心痛めた人達が、彼女の歌を聴きに集まる。

恋が成就した歌を歌えば、同じく成就し、心満たされた人達が、彼女の歌を聴きに集まる。

それ程、彼女の書く詞と歌声は、聴く人にとって、大きな存在となっている。


片平里菜のおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、片平里菜のおすすめのアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 amazing sky

 

アルバム「amazing sky」の収録曲一覧

1.夏の夜

2.tiny room

3.HIGH FIVE

4.女の子は泣かない

5.あなた

6.teenage lovers

7.CROSS ROAD

8.Hey boy!

9.Oh JANE

10.心は

11.Come Back Home

12.amazing sky

13.始まりに

 

上で紹介した「女の子は泣かない」「Oh JANE」「始まりに」は、もちろん。

他にも「あなた」「teenage lovers」「Hey boy!」など。

片平里菜にしか、書けない。

共感性の高い、楽曲が目白押し。

片平里菜の魅力溢れるアルバム。


第1位 最高の仕打ち

 

アルバム「最高の仕打ち」の収録曲一覧

1.この空を上手に飛ぶには

2.誰もが

3.Party

4.誰にだってシンデレラストーリー

5.Love takes time

6.あの頃、わたしたちは

7.舟漕ぐ人

8.スターター

9.大人になれなくて

10.この涙を知らない

11.BAD GIRL

12.煙たい

13.最高の仕打ち

14.そんなふうに愛することができる?

 

上で紹介した「煙たい」は、もちろん。

他にも「誰もが」「スターター」「そんなふうに愛することができる?」など。

彼女の、言葉選びのセンスの化け物具合が、感じられる。

どの曲も、言い回しが秀逸過ぎて、感動すら覚える。

片平里菜ワールドが思う存分に味わえるアルバム。


私の感想と余談

 

ちなみに、彼女の出身高校は、福島県立安達高等学校。

母校の学園祭でライブをした経験も。

 

生徒たちにとっては、最高の思い出となったのは、間違いない。

そして、学園祭で、片平里菜のライブを観られるなんて、羨ましさMAX。

こういった所からも、片平里菜の福島に対する、地元愛を強く感じる。

 

さらに、過去には、Goose houseに何回かゲスト出演していたこともある、彼女。

Goose houseについては、別の記事で詳しく紹介しているので、こちら→Goose houseのメンバーを紹介!おすすめの人気カバー曲とアルバムランキング!

を是非どうぞ。

 

共感性の高い歌詞と、耳触りの良い、心地の良い歌声で、聴く人を魅了する片平里菜。

そんな彼女の今後の活躍も非常に楽しみです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

    • りうと
    • 2016年 2月 05日

    出身は福島です!!!
    ここ大事なので修正お願いします。

      • とも
      • 2016年 2月 05日

      うわぁ・・・すみません。
      ここ大事ですよね。
      大事な所なのに、ひどいミスだ・・・。
      訂正しておきました。
      コメント本当にありがとうございます!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。