管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

Hump Backの林萌々子の歌声に耳を奪われた話。おすすめの人気曲・アルバムランキング

Hump Back(ハンプバック)

【メンバー】林萌々子(ボーカル・ギター)/ぴか(ベース・コーラス)/美咲(ドラムス・コーラス)

【ジャンル】ロック

【活動期間】2009年~

 

3人組バンドのHump Back。
彼女達の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第3位 嫌になる

 

第2位 サーカス

 

第1位 月まで

 

色々なガールズバンドを聴いているとたまに現れる。
Hump Backは、完全に実力で勝負しているタイプのガールズバンド。
歌声の表現力、引き込む力が凄い。
一度聴けば、耳に残る特徴的な歌声に惚れ惚れする。

 

訴えかけるように力強く、さらに表現力豊かな歌声に耳を奪われる楽曲、月まで。
彼女達の潜在能力というか、大器の片鱗のようなものを感じる。
今出せるHump Backの魅力、良さが詰まった良曲。

 

サーカスにも、もちろん月までと同じく彼女達の大器の片鱗っぷりが窺える。
ボーカル、林萌々子の特徴的なこの歌声。
何回でも聴きたくなるほど、癖になるこの歌声こそがHump Backの最大の武器なのかもしれない。

 

まだまだ頭角を現して間もないバンド、Hump Back。
林萌々子の歌声を武器に今後も快進撃を続けていきそうな予感。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバム

 

夜になったら

【収録曲一覧】
01. 月まで
02. 短編小説
03. チープマンデー
04. 嫌になる
05. ヒーロー
06. ぎんのうた
07. 夢の途中
08. いつか

 

Pick Up!
02. 短編小説
06. ぎんのうた

02. 短編小説

ボーカル林萌々子の歌声が際立つ。
Hump Backの魅力が詰まった楽曲。

 

06. ぎんのうた

しっとりした優しい歌声に聴き惚れる。
聴き心地の良い良曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、月まで、嫌になるが収録されている。
今出せるHump Backの全てが詰まったと言っても過言では無い。
渾身のファーストミニアルバム。

 

最後に

 

私自身、初めてHump Backを聴いた時からボーカル、林萌々子の歌声が耳を離れない。
飾らず、良い意味でガールズバンドらしくない、音楽一点で勝負している印象の彼女達。

 

まだまだ楽曲の数自体は少ないが、色々な曲を聴かせて欲しいと思ってしまう。
当然、今後の彼女達の活躍も非常に楽しみな所。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。