管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

GRANRODEOがアニメの主題歌を歌えば最高に盛り上がる。おすすめの人気曲・アルバムランキング

GRANRODEO(グランロデオ)

【メンバー】KISHOW(ボーカル)/e-ZUKA(ギター)

【ジャンル】J-POP/ロック

【活動期間】2005年~

 

2人組音楽ユニットのGRANRODEO。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 Go For It!

 

第4位 カナリヤ

 

第3位 Can Do

 

第2位 偏愛の輪舞曲

 

第1位 愛のWarrior

 

迫力あるKISHOWの歌声とe-ZUKAの奏でるサウンドが堪らないGRANRODEO。
この否が応でもテンションの上がる音楽が魅力的過ぎる。
歌声もギターもMVの魅せ方も文句無しにかっこいい。

 

そのかっこ良さに、セクシーさとシリアスさを兼ね備えた愛のWarrior。
楽曲の魅力に加え、男の感情と女の感情を上手く表したMVも秀逸。
楽曲はシリアスでMVはギャグとどこか真逆の要素を感じながらも、不思議としっくりくる。

 

偏愛の輪舞曲は、さらにかっこ良く大人な雰囲気が漂う楽曲。
途中のガラリとメロディが変わる「廻れ消え行くまで~」の部分に特に聴き惚れる。
そして、サビは力強くまさにGRANRODEOらしい、彼らの魅力が凝縮されたような良曲。

 

大人な雰囲気から一転、爽やかさに溢れたCan Do。
これは聴いているだけで楽しくなるのは間違いない。
この疾走感もまたGRANRODEOの良さ。

 

ボーカルの谷山紀章(KISHOW)に関しては、もうこっちが本業でいいんじゃ・・・と思うほど、彼の歌声には惚れ惚れする。
声優兼歌手と二足の草鞋を履きながらも、歌手顔負けの彼の歌唱力はGRANRODEOの最大の武器。

 

そんな歌唱力も抜群のGRANRODEOの楽曲はアニメの主題歌に抜擢されることも多い。
当然、彼らの楽曲がアニメの主題歌に起用されればそのアニメがさらに盛り上がるのは明白。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第3位 GRANRODEO B‐side Collection “W”

【収録曲一覧】
[DISC-1]
01. GAMBiT
02. mistake
03. SUGAR
04. 月に猫
05. シルエット
06. Shake the Fake
07. Snow Pallet
08. シャニムニ
09. GRIND “style GR

 

[DISC-2]
01. サマーGT09
02. 紫炎
03. ネジレタユガミ
04. Rain Beat
05. SEA OF STARS
06. チキン・ヒーロー
07. Soul crazy
08. ケンゼンな本能
09. めぐりあい

 

Pick Up!
[DISC-1]04. 月に猫
[DISC-2]08. ケンゼンな本能
[DISC-2]09. めぐりあい

[DISC-1]04. 月に猫

胸に突き刺さるような歌声と儚さ漂う演奏が魅力。
バラード調の良曲。

 

[DISC-2]08. ケンゼンな本能

ベースの音色が神懸ってる。
そして、セリフ調の所はさすが声優さんクオリティ、上手過ぎる。
ギターの演奏もKISHOWの歌声も文句なしにかっこいい楽曲。

 

[DISC-2]09. めぐりあい

どこかで聴いた記憶が・・・。
と思ったら機動戦士ガンダムの主題歌。
色褪せない名曲を見事にカバーし、GRANRODEOらしさも存分に出ている。


この3曲が収録されている。
GRANRODEOの魅力が詰まったベストアルバム。

  

第2位 DECADE OF GR

【収録曲一覧】
[DISC-1]
01. バラライ
02. Go For It! “style EDGE”
03. Infinite Love
04. 慟哭ノ雨
05. Once & Forever
06. delight song
07. Snow Pallet
08. Darlin’
09. アウトサイダー
10. tRANCE
11. modern strange cowboy
12. サマーGT09
13. カナリヤ
14. 21st CENTURY LOVERS
15. シャニムニ

 

[DISC-2]
01. SEA OF STARS
02. ROSE HIP-BULLET
03. SUPERNOVA
04. 愛のWarrior
05. Can Do
06. メズマライズ
07. RIMFIRE
08. CRACK STAR FLASH
09. 偏愛の輪舞曲
10. Y・W・F
11. The Other self
12. 変幻自在のマジカルスター
13. Punky Funky Love
14. メモリーズ
15. 今より先を

 

Pick Up!
[DISC-2]06. メズマライズ
[DISC-2]10. Y・W・F
[DISC-2]15. 今より先を

[DISC-2]06. メズマライズ

心地良さと迫力を兼ね備えたKISHOWの歌声。
そして、音の壮大感とあまりのかっこ良さに聴き惚れる良曲。

 

[DISC-2]10. Y・W・F

オートチューンとはまた珍しい。
そのオートチューンの歌声とKISHOWの普段通りの歌声とのギャップが素晴らしい。
サビは、聴くだけで確実にテンションが上がる良曲。

 

[DISC-2]15. 今より先を

至高のバラード。
KISHOWの歌声の魅力が存分に伝わる楽曲。


この3曲に加え、おすすめの人気曲としても紹介した、愛のWarrior、偏愛の輪舞曲、Can Do、カナリヤが収録されている。
まさに最高の良曲だらけ。
GRANRODEOのこれまでの全てが詰まってると言っても過言では無い渾身のベストアルバム。

 

第1位 Pierrot Dancin’

【収録曲一覧】
01. Pierrot Dancin’
02. TRASH CANDY
03. ナミダバナ
04. 君に one way love
05. 日常ホライズン
06. 終わらぬ夢
07. Punky Funky Love [with FIRE HORNS]
08. Lovers High
09. Fake lover’s true heart
10. FAT SHAPER
11. 少年の果て
12. メモリーズ
13. UNDER THE SKY

 

Pick Up!
03. ナミダバナ
06. 終わらぬ夢
13. UNDER THE SKY

03. ナミダバナ

抜群の疾走感と重厚感が魅力的過ぎる。
GRANRODEOのかっこ良さ全振りの神曲。

 

06. 終わらぬ夢

聴き惚れる壮大なバラード。
KISHOWの歌唱力の高さがよくわかる楽曲。

 

13. UNDER THE SKY

アコースティックギターのGRANRODEOとは珍しい。
普段の楽曲とは一味違う、哀愁を感じる楽曲。


この3曲が収録されている。
GRANRODEOの培ってきた音楽+新たな挑戦心を感じる。
バラエティに富んだ質の高いアルバム。

 

最後に

 

ちなみに、オフィシャルファンクラブ「ロデオ組」では、男性ファンのことをRODEOBOY、女性ファンのことをRODEOGIRLと呼んでいる。
この辺りからファンを大切にしている様子もうかがえる。
ファンからしたら、特別感のある呼び名は嬉しいはず。

 

そういったこともあって、ファンを大事にしている印象のGRANRODEO。
なので、当然実力だけではなく、人気も兼ね備えている。

 

「2015年 年間ライブ観客動員ランキング」の声優・アニメ部門にて、水樹奈々、μ’sに次ぎ、3位にランクインするほどの人気っぷり。
この勢いに乗って、今後もアニメ界・声優界の主役アーティストとして躍進を続けてほしい。

スポンサーリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。