管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

Goose houseのメンバーを紹介!おすすめの人気カバー曲とアルバムランキング!

goosehouse
LINEで送る
Pocket

 

 

Goose house

goosehouse

photo by freebit.com

 

メンバー:工藤秀平/竹渕慶/竹澤汀/マナミ/沙夜香/ワタナベシュウヘイ/齊藤ジョニー

活動期間:2010年~

 

7人組グループ、Goose houseについて紹介しています。

読み方は【グースハウス】

スポンサーリンク


Goose houseのメンバーを詳しく紹介!

 

Goose houseのメンバー7人を1人1人詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

工藤秀平

工藤秀平

photo by natalie.mu

 

生年月日:1988年4月4日

出身地:神奈川県

担当:ボーカル/ギター/ハーモニカ/ヒューマンビートボックス/ピアノ

 

初期からGoose houseに所属しており、現在はリーダーを務める工藤秀平。

いろいろな楽器が弾ける能力はさすが。

 

彼が担当することもある、ヒューマンビートボックスってなんだ?

と思った方の為に軽く説明。

 

ヒューマンビートボックスというのは、人間の口だけでDJプレイすること。

擬音によりレコードのスクラッチ音やベース音、リズムマシンのミキシングによる音色の加工や変化などを一人で再現しブレイクビーツを作り上げるテクニック。

なので、ボイスパーカッションとほぼ同義だと考えて良い。

 

ヒューマンビートボックスで演奏に参加する工藤秀平

バーチャル#9/Goosehouse(original)

 

この演奏。

彼のヒューマンビートボックスがあるかないかで、かなり違ってくる。

そして上手い。

 

メンバーの話によると・・・。

ガヤ撮りしているときにブースの外で踊っていたり。

テンションが上がると変な言葉を掛けてきたり。

と、変人な1面も持ち合わせている工藤秀平。

 

本人曰く、リーダーとして、楽しい雰囲気を作りたかったそうだが。

空回りしてしまうことも多々あるが、リーダーということもあり、メンバーの事をよく考えている印象。

 

歌唱力の存在感は、もちろん。

幅広い楽器を演奏することができ、リーダーとして、皆に頼られる彼がGoose houseに及ぼす影響は非常に大きい。


竹渕慶

竹渕慶

photo by natalie.mu

 

生年月日:1991年7月11日

出身地:東京都

担当:ボーカル/ピアノ/パーカッション

 

初期からGoose houseに所属している竹渕慶。

帰国子女ということもあり、英語も話すことが出来るという彼女。

 

英語の歌詞を歌う竹渕慶

Mine/Taylor Swift(Cover)

 

歌唱力も去ることながら、英語力も素晴らしい。

英語の歌詞をここまで歌いきるとは。

 

過去にはtetra+というグループで音楽活動をしていたが、無期限の活動休止。

現在はGoose houseに重きを置き、活動している様子。

 

歌入れが終わった後にそれを聴いてボロボロと泣いてしまうこともある。

という感情表現が豊かな彼女。

 

音楽に対して真っすぐで誠実な姿勢が伝わってくる。


竹澤汀

竹澤汀

photo by natalie.mu

 

生年月日:1991年6月19日

出身地:神奈川県

担当:ボーカル/アコースティックギター/ピアノ/カホン/ドラム

 

第2期生として、Goose houseに所属している竹澤汀。

読み方は【たけざわみぎわ】

 

彼女が担当することもある、カホンという見慣れない楽器。

カホンは、ペルー発祥の楽器だそう。

 

カホンを演奏している竹澤汀

白い雲のように/猿岩石 (Cover)

 

下の段?にいる右から2番目の女性が竹澤汀。

何かに乗って叩いて演奏していますが、あれがカホンという楽器です。

 

彼女の歌唱力の高さは、もちろん。

ここまで、演奏出来る楽器の種類の多い人物はなかなか居ない。


マナミ

マナミ

photo by natalie.mu

 

生年月日:1984年11月13日

出身地:千葉県

担当:ボーカル/ギター

 

第3期生として、Goose houseに所属しているマナミ。

こう見えて、実はお笑い担当という彼女。

 

謎のポーズを取るマナミ

マナミ2

photo by naver.jp

 

何のポーズなのかも、見当もつかない件。

どうやら、忍者の真似(?)らしい・・・。

 

Goose houseのムードメーカー的存在なのは間違いなさそう。

彼女が話す、呟く言葉の節々にセンスを感じる。

 

明るく、面白いムードメーカー的存在のマナミ。

彼女がGoose houseの雰囲気をより良いものにしているというのは間違いない。


沙夜香

沙夜香

photo by net-allstars.org

 

生年月日:1986年5月12日

出身地:群馬県

担当:ボーカル/ピアノ

 

第3期生としてGoose houseに所属している沙夜香。

読みは【さやか】

メンバーからはさや姉と呼ばれ慕われている様子。

 

競技スキーはプロ級の上手さという彼女。

【平成23年度群馬県民体育大会冬季大会兼 第68回群馬県都市親善スキー競技大会】

関口沙夜香2位。

 

という実績があるから驚き。

これはかなりの上級者。

プロ級と言っても全然大袈裟では無さそう。

 

ちなみに、沙夜香の成績が詳しく見たいという方は、上記の大会名で検索すれば一発で見れます。

スポーツに一生懸命打ち込む一面もまた、好印象を受ける。

 

さらに海外ドラマが好きだという彼女。

海外ドラマで使用されている音楽に、自身の音楽も影響を受けているという。

 

海外の音楽を取り入れる向上心、何事にも一生懸命に打ち込む彼女。

そういった姿勢が、現在の活躍に結びついているのかもしれない。


ワタナベシュウヘイ

ワタナベシュウヘイ

photo by net-allstars.org

 

生年月日:1988年11月1日

出身地:大分県

担当:ボーカル/ギター/バス/ウクレレ/ドラム/ベース

 

第4期生としてGoose houseに所属している、ワタナベシュウヘイ。

わっしゅうの愛称で親しまれています。

 

わっしゅうは存在感があるので、動画を見て、すぐに居るかどうかがわかるっていう。

演奏出来る楽器の多さに加え、見た目とギャップのある、透明感溢れる歌声が魅力のわっしゅう。

 

めざせポケモンマスター

めざせポケモンマスター(Cover)

 

のカビゴンがわっしゅうです。

透き通っていて尚且つ力強い歌声。

 

歌声もさることながら・・・。

鍵盤ハーモニカがこんなにもかっこいいものだとは。

 

しかし、本当に楽しそうに歌い、演奏するなぁ。

そこもまたGoose houseの魅力かな。

 

わっしゅうは歌声の素晴らしさはもちろんのこと、持ち前の明るさでメンバーをより元気にしているイメージ。

今後も観ているこっちも楽しくなるような動画を待ってる。


齊藤ジョニー

齋藤ジョニー

photo by net-allstars.org

 

生年月日:1987年10月27日

出身地:新潟県

担当:ボーカル/ギター/マンドリン/バンジョー/バイオリン/ベース/チェロ/パーカッション

 

第1期生として、Goose houseに所属していたが2012年に卒業。

そして、第4期生として再びGoose houseのメンバーになった齊藤ジョニー。

 

演奏できる楽器の幅が凄まじい。

1度卒業はしていますが、元々1期生で初期の頃からいたメンバーということもあり、副リーダー的なイメージの齊藤ジョニー。

ギターのテクニックもメンバーの中で随一。

 

そして、ジョニーが演奏できる、見慣れない楽器の、バンジョーという楽器。

全くピンと来ない件。

 

バンジョーはバンジョーでもこっちのバンジョーしか・・・。

 

バンジョーゲーム

photo by prcm.jp

 

バンジョーと聞いて、こっちしか出てこなかった人もきっと居るはず。

どうやらバンジョーという楽器は、弦楽器の一種のようです。

 

バンジョーを演奏している齊藤ジョニー

靴下を買いに /齊藤ジョニー feat.Goose house

 

変わった形の楽器ですね。

どこか民族チックというか落ち着く良い音色。

 

メンバーの中でも、演奏力が高く、弾ける楽器の種類も幅広い齊藤ジョニー。

今後も、Goose houseを根幹から支えてほしい。

スポンサーリンク


Goose houseのおすすめの人気カバー曲ランキング!!

 

そんな7人のメンバーからなる、Goose houseのおすすめの人気カバー曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第3位 サウダージ

サウダージ/ポルノグラフィティ(Cover)

 

第2位 女々しくて

女々しくて/ゴールデンボンバー(Cover)

 

第1位 Automatic

Automatic/宇多田ヒカル(Cover)

 

正直な所。

本当はこの3曲以外にも紹介したい曲がたくさんあるっていう。

 

やはり、自分の好きな曲や昔よく聴いていた懐かしい曲を彼らがカバーしてくれているとテンションが上がる。

また、本物とは違った良さがありますからね。

 

世代問わず様々な曲をカバーしてくれているというのも嬉しい。

彼らにカバーされて、またその楽曲の新たな魅力に気付けるかも。


Goose houseのおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、カバー曲では無く、Goose houseのオリジナル楽曲で構成されたアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 Milk

 

アルバム「Milk」の収録曲一覧

1.光るなら

2.オトノナルホウヘ→

3.恋するMerry-Go-Round

4.コバルトの街

5.Perfume

6.Pop Up!

7.L.I.P’s

8.笑ったままで

 

「光るなら」「オトノナルホウヘ→」「笑ったままで」など。

さすがというべき、美声のオンパレード。

「Perfume」「恋するMerry-Go-Round」など、楽曲の幅も広い。

Goose houseのそれぞれのメンバーのそれぞれの魅力が味わえるアルバム。


第1位 Bitter

 

アルバム「Bitter」の収録曲一覧

1.Sign 2015

2.ドミノエフェクト

3.ハルヒノ -合唱-

4.Humming bird

5.トーキョー・シティ

6.セダンガール

7.シオン

8.未来の足跡

 

「Sign 2015」「Humming bird」「シオン」など。

心地良い歌声に、しっとりする楽曲が魅力。

これぞ、まさしく、安眠アルバム。

と言えるくらいの彼らの綺麗な歌声に酔えるアルバム。


私の感想と余談

 

ベッキーやDaiGo、おぎやはぎの矢作など。

芸能人の方で、Goose houseのファンだと公言している方も多い。

 

それほど、高い歌唱力に演奏力、さらに音楽と楽しそうに向き合う様子が魅力的な彼ら。

そんな、Goose houseの今後の活躍も楽しみです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。