管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

GOOD ON THE REELはボーカル千野の歌唱力が最大の武器。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

GOOD ON THE REEL(グッド オン ザ リール)

【メンバー】千野隆尋(ボーカル)/伊丸岡亮太(ギター/コーラス)/岡崎広平(ギター/コーラス)/宇佐美友啓(ベース)/高橋誠(ドラムス)

【ジャンル】ロック

【活動期間】2006年~

 

5人組ロックバンドのGOOD ON THE REEL。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 雨天決行

 

第4位 夜にだけ

 

第3位 花

 

第2位 素晴らしき今日の始まり

 

第1位 つぼみ

 

なんと言っても、一度聴いたら耳を離れないボーカル千野隆尋の歌声がGOOD ON THE REELの最大の魅力。
訴えかけるようなロックから、感動すら覚えるバラードまでどれも優しくも迫ってくる歌声が素晴らしい。
さらに、その歌声に乗せたストレートな歌詞もまた心に響く。

 

感動してしまうほどの質の高いバラードが魅力的なつぼみ。
心が脆くなっている時に、この歌声でこのバラードを歌われたら確実にやられる。
歌詞も歌声も文句なしの良曲。

 

素晴らしき今日の始まりは、タイトル通りポジティブな楽曲。
前を向いて生きていこうというポジティブさの中にも深みを感じる歌詞が、素晴らしい。
歌声はもちろん、サビの歌い方も独特で耳に残る楽曲。

 

GOOD ON THE REELの楽曲はどれも千野の歌唱力ありきと思わせるほど、千野隆尋という男の存在感は大きい。
歌唱力も凄まじく、この歌唱力こそが彼らの最大の武器と言える。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第2位 透明な傘の内側より

【収録曲一覧】
01. アイスランド
02. 第三質問期
03. 迷走
04. 青い瓶
05. 向日葵とヒロインと僕
06. うまくは言えないけれど
07. NO FUTURE
08. ホワイトライン
09. 透明な傘の内側から
10. ハッピーエンド

 

Pick Up!
02. 第三質問期
04. 青い瓶

02. 第三質問期

さすがの表現力。
グッと心に伝わってくる彼ららしい楽曲。

 

04. 青い瓶

シンプルな演奏で千野の歌声の魅力がより感じられる楽曲。


この2曲が収録されている。
GOOD ON THE REELらしい楽曲が盛りだくさんのアルバム。

 

第1位 ペトリが呼んでる

【収録曲一覧】
01. BYSTANDER
02. サーチライト
03. つぼみ
04. rainbeat
05. シャボン玉
06. So Late Me
07. スケール美術館
08. ノースポール
09. REM
10. さよならポラリス
11. Mr.Week
12. ペトリコール

 

「ペトリが呼んでる」の全曲試聴動画

 

Pick Up!
06. So Late Me
09. REM

06. So Late Me

穏やかで癒される。
ゆったりとした楽曲。

 

09. REM

裏声の高音も綺麗で魅力。
繊細かつ、かっこいい楽曲。


つぼみが収録されている。
千野の様々な歌声の魅力。
そして歌唱力の高さが際立つアルバム。

 

最後に

 

ボーカル千野の歌声は凄まじい・・・。
誰も真似出来ない、この唯一無二の歌声には魅力しか感じない。

 

だが、一通り彼らの楽曲を聴いて思ったのは、楽曲作りや演奏は大雑把に固定された何個かのパターンに当てはめてるだけで、凄く楽そうということ。
はっきり言うと、彼らの楽曲を聴いて千野の歌声以外に魅力を感じなかったというのが個人的な本音。
例えば「ここの演奏に工夫があって」とか「このメロディが堪らん」とかそういう感想は自分でも驚くほど出てこなかった。

 

本当に作曲能力の高い人に楽曲を提供してもらえれば、千野の歌声はまだまだ化けるとさえ感じた。
楽曲作りの面はまだまだ改善の余地がありそうという印象。

 

逆に考えると、作曲面に全く魅力を感じないのに、歌声だけで楽曲をこのレベルに持ってくるGOOD ON THE REELというバンドはある意味、凄まじく脅威。

 

彼らはインディーズ時代が長く、結成してから約10年の時を経てメジャーデビュー。
改善の余地も伸びしろもまだありそうな彼らだが、ここから快進撃が始まるというのは間違いない。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。