管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

go!go!vanillasのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

go!go!vanillas
LINEで送る
Pocket

 

 

go!go!vanillas

go!go!vanillas

photo by joinalive.jp

 

メンバー:牧達弥(ボーカル・ギター)/長谷川プリティ敬祐(ベース)/柳沢進太郎(ギター)/ジェットセイヤ(ドラムス)

ジャンル:ロック

活動期間:2012年~

 

4人組バンド、go!go!vanillasについて紹介しています。

スポンサーリンク


go!go!vanillasのメンバーを詳しく紹介!

 

go!go!vanillas、通称バニラズの4人のメンバーを1人1人詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

牧達弥

牧達弥

photo by natalie.mu

 

生年月日:1989年12月10日

担当:ボーカル/ギター

 

go!go!vanillasのボーカル・ギター担当の牧達弥。

作詞・作曲も担当しています。

 

go!go!vanillasというバンド名の名付け親。

Vから始まる海外のバンドにかっこいいバンドが多いと思い、Vから始まる単語を探し「vanilla」に目に留まる。

 

そして、「THE」が付くバンドは多かったので、「THE」に代わるものを考えていた時にジョジョの奇妙な冒険のジャイロ・ツェペリの金歯に「ゴー!ゴー!ツェペリ」と彫られていることを思い出し「go!go!」を頭に付けたという。

ジョジョからバンド名を取った辺り、おそらく生粋のジョジョ好き。

 

中学生の頃からコピーバンドをしていたという牧達弥。

ザ・ビートルズの影響を色濃く受け、それが今のバニラズにも反映されているという。

 

go!go!vanillasを、聴き継がれるバンドにしたいという牧達弥。

将来的なgo!go!vanillasも見据え、活動している印象。

ボーカル・ギターから作詞・作曲まで、役割も幅広く、バニラズにとっての彼の存在は非常に大きい。


長谷川プリティ敬祐

長谷川プリティ敬祐

photo by natalie.mu

 

生年月日:1989年12月20日

担当:ベース

 

go!go!vanillasのベース担当の長谷川プリティ敬祐。

バニラズのムードメーカー的存在。

 

ボーカルの牧とは、中学の同級生の間柄。

当時から友達の関係だったという。

長い付き合いなので、お互いのことを信頼し合っている印象。

 

ちなみに彼のプリティの由来は、Sex pistolsの「pretty vacant」という楽曲から。

自分もメンバーもお客さんも全員が楽しくなるようなライブにしたいというイメージを持ち、ライブに臨んでいるプリティ。

 

演奏面はもちろん。

明るく陽気な性格で、バニラズの雰囲気をより良いものにしてくれている人物なのは間違いない。


柳沢進太郎

柳沢進太郎

photo by natalie.mu

 

生年月日:1992年8月20日

担当:ギター

 

go!go!vanillasのギター担当の柳沢進太郎。

バニラズへの加入が2015年7月と最も新しいメンバー。

 

明るい性格で、楽しい人柄だという柳沢。

ただ、口下手で、あまり人前で話すのは得意では無いとのこと。

 

リズム感が抜群に良く、視野も広いので、合わせやすい。

とメンバーからの信頼も厚い。

 

さらに、音楽に対して、熱意があり、向上心が高いという。

その熱意と向上心と持ち前の協調性は、バニラズにとって、なくてはならないものになっている。


ジェットセイヤ

ジェットセイヤ

photo by natalie.mu

 

生年月日:1990年1月15日

担当:ドラムス

 

go!go!vanillasのドラムス担当のジェットセイヤ。

小4の頃に、ギターウルフのライブを父と観に行き、そのあまりのかっこ良さに、ドはまり。

それ以降、自分の事をジェットセイヤと名乗るようになったらしい。

 

元々、音楽一家で小3の頃にドラムを買ってもらい、既に父とバンドをやっていたという。

メンバーからは、音楽やバンドが本当に大好きで、真面目でピュアな人間という印象を持たれている様子。

ドラムの技術、そしてその成長速度にはメンバーも驚かされるという。

 

音楽に対して、真面目で、一生懸命。

だからこそ、彼の演奏力は高く、メンバーからも認められている。

 

そういった演奏面や、音楽に対しての向き合い方など。

他のメンバーが、彼から影響を受けている部分もあり、バニラズにとってセイヤの存在は大きい。

スポンサーリンク


go!go!vanillasのおすすめの人気曲ランキング!

 

そんな4人のメンバーからなる、go!go!vanillasのおすすめの人気曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第5位 エマ

go!go!vanillas / エマ (MUSIC VIDEO)

 

第4位 カウンターアクション

go!go!vanillas – カウンターアクション MUSIC VIDEO

 

第3位 スーパーワーカー

go!go!vanillas – スーパーワーカー MUSIC VIDEO

 

第2位 マジック

go!go!vanillas/マジック (MUSIC VIDEO / YouTube ver.)

 

第1位 人間讃歌

go!go!vanillas / 人間讃歌 (MUSIC VIDEO)

 

聴いていると自然と楽しくなるような。

どれだけ落ち込んでても、元気が出てくるような。

そんな音楽が、魅力のバニラズ。

 

音楽を聴くだけで、どこか異国チックで、自然と陽気で楽し気な風景が思い浮かぶ。

というのは、それだけ彼らの世界観に引き込まれている証拠なのかもしれない。

 

そんな、引き込まれ方をするバンドはなかなか居ない。

そういったところも、バニラズにしか出せない魅力の1つ。


go!go!vanillasのおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、go!go!vanillasのおすすめのアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 Magic Number

 

アルバム「Magic Number」の収録曲一覧

1.セルバ

2.エマ

3.マジック

4.トワイライト

5.オリエント

6.春眠

7.サマータイムブルー

8.ドアー

9.ホラーショー

10.ライクアマウンテン

11.ティーンネイジャーズノイズ

 

上で紹介した「エマ」「マジック」は、もちろん。

「オリエント」「サマータイムブルー」など。

聴けば陽気になれる、元気が出る。

バニラズらしさ溢れる、良曲が盛りだくさん。

これぞ、go!go!vanillasと言えるアルバム。


第1位 Kameleon Lights

 

アルバム「Kameleon Lights」の収録曲一覧

1.ラバーズ

2.ニューゲーム

3.スーパーワーカー

4.バイリンガール

5.ビートクラブ

6.チルタイム

7.セレモニー

8.ツインズ

9.ヒートアイランド

10.カウンターアクション

11.ギフト

12.デッドマンズチェイス(Kameleon version)【初回盤限定ボーナストラック】

 

上で紹介した「スーパーワーカー」「カウンターアクション」はもちろん。

他にも「セレモニー」「ギフト」など。

さらに「ヒートアイランド」は今までのバニラズとはまた違った良さが溢れる楽曲。

「スーパーワーカー」もそうだが、個人的には、こういった挑戦的な楽曲は大歓迎。

今までのバニラズの良さは継承しつつ、新たなバニラズの一面も見れるアルバム。


私の感想と余談

 

ちなみに、バニラズは、THE BAWDIESとも親交が深く、タッグを組み、コラボシングルも出しています。

互いの音楽をリスペクトし合っているからこそ、出来るタッグ。

 

THE BAWDIESについては、別の記事で詳しく紹介しているので、こちら→THE BAWDIESのおすすめ人気曲・アルバム!ROYの英語の歌い方(発音)は下手?

を是非どうぞ。

 

陽気で聴いていると楽しくなるような音楽が魅力的なバニラズ。

今後、彼らがどういった活躍をしていくのか楽しみです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。