管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

ジラフポット、中野大輔の狂気と爽やかが入り混じる歌声と作曲。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

ジラフポット

【メンバー】中野大輔(ボーカル・ギター)/関浩佑(ベース・コーラス)/原田直樹(ドラムス・コーラス)

【ジャンル】ロック

【活動期間】2011年~

 

3人組ロックバンドのジラフポット。
彼らの音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第5位 HECTOR-G

 

第4位 Ever diver

 

第3位 Beautiful Nonsense

 

第2位 I don’t know don’t I

 

第1位 Black designer

 

Black designerは鳥肌が止まらないレベルのかっこ良さ。
そして、狂気すら感じる歌声が堪らなく心地良い。
サビのファルセットも良い味が出ていて、ボーカル中野の多彩な歌声が際立っている。
重厚なギターとベース、そしてドラムの疾走感。
何もかもがかっこ良くて、彼らの音楽に一瞬で心を奪われた。
歌詞から拝借させてもらうと、間違いなくこれが芸術。

 

I don’t know don’t Iは、GO!からのイントロでまず高鳴る。
そして、歌声も演奏も全てが多彩で中毒性も半端ない。
Black designerとは違ったかっこ良さと魅力を感じる楽曲。

 

Beautiful Nonsenseはこの2曲とは打って変わって、彼らの爽やかな面を感じる楽曲。
この曲は正統派ロックといった感じで、他の曲に比べるとややキャッチーな印象。
どの楽曲も芯の通ったロックだが、多様性があって作る音楽の質も高い。

 

作る音楽の幅も広く、楽曲ごとに世界観が異なる彼らの音楽。
そして、どの楽曲も中野大輔の才能が爆発している。
彼の狂気と爽やかさを兼ね備えた歌声と作曲には脱帽、もう素晴らしいという言葉以外に出てこない。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバム

 

Hydro human

【収録曲一覧】
01. HECTOR-G
02. nocebo effect
03. 明日のない花はない
04. I don’t know don’t I
05. オレンジテレフォン
06. Reverse the voice
07. ウルトラカラフル
08. ワンダーサワー

 

Pick Up!
03. 明日のない花はない
05. オレンジテレフォン

03. 明日のない花はない

ボーカル中野の歌声は、本当に多彩で表現も豊か。
ジラフポットの爽やかさを感じられる楽曲。

 

05. オレンジテレフォン

これはかなり独特な曲。
囁きにも近い歌声→叫びにも近い歌声とコーラス。
という彼らの予測不能な音楽を体現したような楽曲。
癖になる上に中毒性も高い。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介したI don’t know don’t I、HECTOR-Gが収録されている。
狂気と爽やかさという正反対の二面性を感じられる。
彼らの魅力が詰まった全8曲の1stミニアルバム。

 

最後に

 

単に音楽が好きだからというのもあるが。
ジラフポットは、個人的にも売れてほしいバンドの1つ。

 

現在は精力的にライブを行い、活動の幅を広げているジラフポット。
そんな彼らの活動を今後も追っていきたい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。