管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

GARNiDELiAは歌って踊れる可愛いメイリアとtokuの作曲が魅力。おすすめの人気曲・アルバムランキング

LINEで送る
Pocket

GARNiDELiA(ガルニデリア)

【メンバー】メイリア(ボーカル)/toku(キーボード)

【ジャンル】J-POP/アニメソング

【活動期間】2010年~

 

2人組音楽ユニットのGARNiDELiA。
彼女達の音楽の魅力について迫っていきます。

スポンサーリンク

 

おすすめの人気曲ランキング

 

第3位 BLAZING

 

第2位 約束-Promise code-

 

第1位 Lamb.

 

メイリアのかわいくも美しく透き通った歌声とtokuの先進的なサウンドで魅せるGARNiDELiA。
メイリアの歌唱力、tokuの作曲センスどちらも素晴らしく、作る音楽の質も高い。

 

特にその先進的なサウンドと魅力溢れる歌声が光るLamb.
一時期、どこかの動画でこのLamb.を聴きメロディと歌詞を頼りにネット中を探し回ったほど個人的に魅力を感じた楽曲。
メイリアの歌声はもちろん、特にtokuの作る繊細かつ壮大なサウンドにはセンスしか感じない。

 

約束-Promise code-は、メイリアの歌声あってこその楽曲。
この疾走感とかっこ良さが堪らない。
MVのメイリアの和装もGood!

 

歌唱力が高く、容姿も可愛いメイリアとtokuの先進的かつ才能溢れる作曲センス。
これだけの音楽を作っていて魅力を感じないわけがない。

 

しかもメイリアはさらに踊れるという高スペックぶり。
彼女のダンスについては、下記で紹介。

スポンサーリンク

 

おすすめのアルバムランキング

 

第2位 BiRTHiA

【収録曲一覧】
01. ARiA
02. ONE
03. 21248931
04. Arrow of Love
05. Hands
06. COLOR
07. Lucifer
08. Break down
09. ASTEROiD
10. Harmony
11. Butterfly
12. ホシノウタ
13. SPiCa -ReACT-
14. ORiON
15. Birth

 

Pick Up!
03. 21248931
10. Harmony

03. 21248931

サビがアップテンポで癖になる。
サウンドも秀逸で、GARNiDELiA屈指の良曲。
個人的にこのアルバムでNo.1の楽曲。

 

10. Harmony

ガルニデ至高のバラード。
メイリアの歌唱力の高さが際立ち、感動すら覚える楽曲。


この2曲が収録されている。
彼女達のインディーズ時代の良曲が詰まったアルバム。

 

第1位 Linkage Ring

【収録曲一覧】
01. PRIDE
02. True High
03. Gravity
04. BLAZING
05. フタリ座流星群
06. Moon Landing
07. march
08. Steps
09. Lamb.
10. オオカミ少女
11. grilletto
12. ambiguous
13. LiNKAGE

 

「Linkage Ring」の全曲試聴動画

 

Pick Up!
07. march
10. オオカミ少女

07. march

しんみりするバラード。
シンプルな演奏でメイリアの歌声が心地良い楽曲。

 

10. オオカミ少女

ギター演奏が神。
ガルニデらしい疾走感とかっこ良さに溢れた楽曲。


この2曲に加え、おすすめの人気曲として紹介した、Lamb.、BLAZINGが収録されている。
バラードありロックありエレクトロありで、ガルニデの魅力が一曲一曲に反映されている質の高いアルバム。

 

最後に

 

上で触れていた踊れるというメイリア。
その彼女の踊ってみたシリーズが、あまりにも魅力的過ぎたのでこの別枠で紹介。

 

【みうめ・メイリア・217】極楽浄土

 

【みうめ・MARiA[メイリア]・217】Girls

 

PiNK CAT 【みうめ・MARiA[メイリア]・217】

 

全てメイリア、みうめ、217の3人で踊っていて、本当にダンスのクオリティが高い。
可愛くも美しいダンスに見惚れて何回も観てしまう。

 

ちなみに、メイリアは元AKB48の増田有華とは高校の同級生で大親友とも言える仲なんだとか。
気さくで明るく誰とでも仲良くなれるというメイリア。
性格にもスペックの高さが表れてる。

 

歌って、踊れて、可愛く、明るく、気さくという。
メイリアは、まさに全てに置いて高スペック女子。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。