管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

アカシック(バンド)のメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

アカシック
LINEで送る
Pocket

 

 

アカシック

アカシック

photo by akasick.info

 

メンバー:理姫(ボーカル)/奥脇達也(ギター)/黒川絢太(ベース)/Hachi(キーボード)/山田康二郎(ドラムス)

ジャンル:ロック

活動期間:2011年~

 

5人組バンド、アカシックについて紹介しています。

スポンサーリンク


アカシックのメンバーを詳しく紹介!

 

アカシックの5人のメンバーを1人1人詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

理姫

理姫

photo by natalie.mu

 

担当:ボーカル

 

アカシックのボーカル担当の理姫。

作詞も担当しています。

読み方は【りひ】

 

ぶっ飛んだ性格で、自由奔放。

まさしく、アーティストらしいアーティストの彼女。

そもそも、音楽活動を始めた経緯も普通とはまた一味違う。

 

女子高に通っていた頃、学校帰りにフラフラしていたら、女性ボーカルを探しているというギター少年と出会い、ボーカルを頼まれる。

そして、そのギター少年は音楽の専門学校を志望しており、「お前も行くぞ。」と半ば強引に、理姫の分の専門学校の資料も全て用意。

本当は大学を受験しようと思い、勉強していた、理姫だったが「楽だから、そっちに行っちゃおう。」ということで、専門学校に入学。

 

そして、その専門学校でアカシックの今のメンバーと出会い、バンド活動を開始。

活動を続けるも、「お金が掛かるバンド活動が嫌になり、クラブで遊びたかった。」という理由で活動を開始して、2~3年後に1度解散。

しかもメンバーには、「バンド終わりです。」というメール一言だけだったとか。

 

その後、バンドマンと知り合い、そのバンドのライブを観た際に、あまりのかっこ悪さに「なんでこんなバンドがしゃあしゃあとライブなんかしてんだ!もう1度私がやるしかない!」と思い、バンド活動再開を決意。

そして、再び集まって約2年振りにバンド活動を再開し、今に至る。

という筋金入りの自由奔放さ。

 

理姫の書く、歌詞は全て実体験。

そのリアルで共感性の高い歌詞は、多くの女性から支持されている。

彼女が書く、女性目線の辛辣で、ストレートな歌詞は、アカシックの魅力の1つ。

 

それに加え、彼女の癖になる、歌声と醸し出す独特の世界観。

そんな理姫が居てこその、アカシックと言える。


奥脇達也

奥脇達也

photo by natalie.mu

 

担当:ギター

 

アカシックのギター担当の奥脇達也。

作曲も担当しています。

 

一時期は、(アカシックとは違う)バンドを解散して「小説でも書こうかな・・・。」と思っていた時期もあったという彼。

ただ、そのタイミングで理姫から、約2年ぶりに連絡を貰い、理姫、奥脇、黒川の3人でアカシックを再結成。

再びバンド活動をすることになったという。

 

アカシックのリーダーで、まとめ役的存在の奥脇。

曲を作るときは、常に妥協を許さず、ハードルを上げて、聴いてくれる人により良いものをという意識を強く持っている彼。

 

そういった、音楽に対してストイックな面は、彼の曲作りはもちろん、演奏面にも表れていて、アカシックをより良いものにしている。


黒川絢太

黒川絢太

photo by natalie.mu

 

担当:ベース

 

アカシックのベース担当の黒川絢太。

アカシック1のイケメンとも言われる。

 

元々は美容師になりたかったが、美容師の専門学校の試験に落ち、音楽の専門学校に進むことになったという彼。

奥脇から、再結成の話を貰ったときは、黒川もバンドを解散する時期だったという。

タイミングが見事に噛み合い、理姫、奥脇、黒川の3人が再び集まることが出来たからこそ、現在のアカシックがある。

 

アカシックの音楽に置いて、彼のベースの音色は重要。

演奏技術の高さはもちろん、メジャーデビューは通過点と考えている高い彼の高い向上心は今後のアカシックの活動にも期待させる。


Hachi

hachi

photo by natalie.mu

 

担当:キーボード

 

アカシックのキーボード担当のHachi。

2014年の8月にアカシックに加入。

 

ワイルドな性格でお調子者だという彼女。

ムードメーカーな要素も兼ね備えている印象。

 

メンバーからも、絶賛されている彼女のキーボード。

彼女が作曲を担当した楽曲「ギャングスタ」は、今までのアカシックのイメージを覆す楽曲になっている。

Hachiの加入によって、アカシックの新たな音楽要素が開拓できたと言っても過言では無い。


山田康二郎

山田康二郎

photo by natalie.mu

 

担当:ドラムス

 

アカシックのドラムス担当の山田康二郎。

Hachiと同じく、アカシックに2014年8月に加入。

 

Hachiとこの山田康二郎の加入によって、アカシックの演奏力は全体的に底上げされた。

とメンバーも、2人の演奏力を認めている。

 

ドラムだけでなく、ギターも弾けるという山田。

それに加え、歌まで歌えて、作曲も出来るというから驚き。

 

ドラムの演奏技術の高さはもちろん。

様々な音楽の才能に長けていて、彼がメンバーに頼られている部分は大きい。

スポンサーリンク


アカシックのおすすめの人気曲ランキング!

 

そんな5人のメンバーからなる、アカシックのおすすめの人気曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第5位 プリチー

アカシック「プリチー」MV

 

第4位 今日から夜は家にいるよ

アカシック 「今日から夜は家にいるよ」

 

第3位 サイノロジック

アカシック「サイノロジック」

 

第2位 8ミリフィルム

アカシック「8ミリフィルム」

 

第1位 ツイニーヨコハマ

アカシック「ツイニーヨコハマ」MV

 

不思議とアカシックの曲は定期的に聴きたくなる。

そんな中毒性を持ち合わせたバンド。

 

ボーカル、理姫の歌声と容姿。

楽器隊の幅の利いた演奏。

どれも全てが癖になる。

 

楽曲のバリエーションが豊かな所も聴き手を飽きさせず、癖にさせる魅力の1つ。

ボーカル、理姫の世界観が強く反映されていて、それが他バンドには真似できない、アカシックにしか出せない良さを出している。

こういった、独自の魅力を持つバンドは、売れる。


アカシックのおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、アカシックのおすすめのアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 DANGEROUS くノ一

 

アルバム「DANGEROUS くノ一」の収録曲一覧

1.CGギャル

2.サイノロジック

3.香港ママ

4.溺愛

5.ベイビーミソカツ

6.真夜中のクローンラベル

7.女

8.オールドミス

9.さめざめ

 

上で紹介した「サイノロジック」は、もちろん。

他にも「CGガール」「香港ママ」など、アカシックの魅力溢れる楽曲が勢ぞろい。

「溺愛」は、理姫の女性目線のストレートな歌詞が存分に味わえる楽曲になっている。

アカシックの世界観が堪能できるアルバム。


第1位 凛々フルーツ

 

アルバム「凛々フルーツ」の収録曲一覧

1.結婚

2.8ミリフィルム

3.サンデイバージンディアボーイ

4.今日から夜は家にいるよ

5.ヨコハマカモメ

6.飴と日傘

7.ギャングスタ

8.うたかたの日々

9.ロリータ

10.華金

11.馬鹿なハスキーエイジ

12.恋は媚薬だなんて冷めるわ

13.夢遊

 

上で紹介した「8ミリフィルム」「今日から夜は家にいるよ」はもちろん、素晴らしい。

他にも「結婚」「ギャングスタ」「恋は媚薬だなんて冷めるわ」など、良曲揃い。

特に「ヨコハマカモメ」は、個人的にお気に入りの一曲。

今までの、良さは残しつつ、さらにバリエーションの広がったアカシックの良さが味わえる、渾身の1stフルアルバム。


私の感想と余談

 

ボーカルの理姫は、バラエティ番組に出演の経験もあり。

出演した際の言動は、まさしく、自由奔放で素晴らしいぶっ飛び具合だった。

 

酔っぱらって、起きたら、トイレのブルーレットが顔に付いてたり。

彼氏の存在を公表したり。

とまさに、自由奔放な言動のオンパレード。

 

自由奔放で、自身を飾らないからこそ、彼女に書ける詞がある。

そして、その詞を生かす、音楽を生み出すメンバーが居るからこそのアカシック。

 

そんなアカシックの今後の活躍も非常に楽しみです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。