管理人のともが気になる人物や興味のあることを自分目線で調べ、書き綴っていきます

9mm Parabellum Bulletのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

9mm
LINEで送る
Pocket

 

 

9mm Parabellum Bullet

9mm

photo by natalie.mu

 

メンバー:菅原卓郎(ボーカル・ギター)/滝善充(ギター・コーラス)/中村和彦(ベース)/かみじょうちひろ(ドラム)

ジャンル:ロック

活動期間:2004年~

 

4人組バンド、9mm Parabellum Bulletについて紹介しています。

読み方は【キューミリ パラべラム バレット】

スポンサーリンク


9mm Parabellum Bulletのメンバーを詳しく紹介!

 

9mm Parabellum Bullet、通称9mmの4人のメンバーを1人1人詳しく紹介していきたいと思います。

では、どうぞー。

 

菅原卓郎

菅原卓郎

photo by extradt.net

 

生年月日:1983年7月19日

担当:ボーカル/ギター

 

9mm Parabellum Bulletのボーカル・ギター担当の菅原卓郎。

作詞も担当しています。

 

趣味は読書で村上春樹や太宰治を愛読するという知的な一面を持つ。

作詞を行う菅原卓郎にとって、読書というのは言葉の幅を広げるツールの役割も果たしているのかもしれない。

 

さらに、弾き語りでイベントに出演することもあり、ソロでも活動している菅原卓郎。

歌唱面、演奏面どちらも高い技術を持っていないと、ソロで弾き語りというのはなかなか出来ませんから、彼の能力の高さがうかがえます。

 

そして、2011年に一般女性の方と入籍。

2014年には長女も生まれ、現在は父としても奮闘している菅原卓郎。

 

父として家庭を支えることはもちろん。

1人のアーティストとして、音楽に向き合う菅原卓郎。

独特で彼にしか出せないあの歌声と、高い演奏力は当然9mmにとって欠かせない。


滝善充

滝善充

photo by natalie.mu

 

生年月日:1983年5月9日

担当:ギター/コーラス

 

9mm Parabellum Bulletのギター・コーラスの滝善充。

作曲も担当しています。

 

「ギターの妖精」「ギターの仙人」などと呼ばれるほど、皆に認められている演奏者。

ライブでは、激しいパフォーマンスで観客を魅せる。

ちなみに、楽器を大事にしていて、壊すほど暴れることはない模様。

 

さらに9mmとしての活動以外にも、ボカロPやキングダムハーツのトリビュートへの参加など、積極的に音楽活動を行っている。

 

滝善充のボカロPとしての楽曲「セツナドライブ」

【IA】セツナドライブ | 滝 善充(9mm Parabellum Bullet)

 

すごく・・・9mmです。

さすがのかっこよさと、このギターの速弾き。

 

やはり、9mmの音楽は滝善充の音楽。

とまで、言ってしまっても語弊は無いのかもしれない。


中村和彦

中村和彦

photo by natalie.mu

 

生年月日:1984年4月24日

担当:ベース

 

9mm Parabellum Bulletのベース担当の中村和彦。

9mmへの加入が最も新しいメンバー。

一部作曲も担当しています。

 

ギターの滝と同じくライブでは激しいパフォーマンスで魅せる中村和彦。

ちなみに、彼のシャウトはライブでテンションが上がり過ぎて、その勢いで始めてしまったとのこと。

その場の勢いのシャウトがほとんどなので、メンバーはもちろん、本人も何を言っているのかわからないことが多いらしい。

 

彼のシャウトやライブでの激しいパフォーマンスも9mmの良さ。

演奏はもちろん、ライブでの予測不能で激しいパフォーマンスに魅せられるファンも多い。


かみじょうちひろ

かみじょうちひろ

photo by natalie.mu

 

生年月日:1981年1月13日

担当:ドラムス

 

9mm Parabellum Bulletのドラムス担当のかみじょうちひろ。

9mmのリーダーも務めています。

 

ドラムス担当ではあるが、ギターも演奏出来て、さらにはボーカルの経験もあるという。

音楽の才、溢れる人物。

 

9mm Parabellum Bulletというグループ。

その原型を作ったのがこのかみじょうちひろ。

 

彼が、大学生の頃にボーカルの菅原卓郎とギターの滝善充を誘い、このメンバーでバンド活動を開始。

それが、9mm Parabellum Bulletの原型。

 

個性的なメンバーが集まったバンド、9mmのリーダーであるかみじょう。

彼自身もなかなか個性的ではあるが、ライブ中は、暴れ狂うギターの滝とベースの中村を横目に落ち着いて演奏している。

 

ライブでは演奏の土台になっているのはもちろん、9mmのリーダーとして土台からメンバーを支えている。

スポンサーリンク


9mm Parabellum Bulletのおすすめの人気曲ランキング!

 

そんな4人のメンバーからなる、9mm Parabellum Bulletのおすすめの人気曲をランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第5位 インフェルノ

9mm Parabellum Bullet – インフェルノ

 

第4位 Lost!!

9mm Parabellum Bullet – Lost!!

 

第3位 Answer And Answer 

9mm Parabellum Bullet – Answer And Answer

 

第2位 反逆のマーチ

9mm Parabellum Bullet – 反逆のマーチ

 

第1位 ハートに火をつけて

9mm Parabellum Bullet – ハートに火をつけて

 

どの曲も9mmならではの曲ばかり。

曲によっては知らなくても、イントロだけで9mmだとわかってしまうレベル。

 

それほど、音楽に個性があって、他バンドには無い魅力がある。

ボーカル菅原卓郎の歌声も、この9mm独特の演奏にマッチしている。

 

ボーカル菅原卓郎の哀愁漂う個性的な歌声。

ギター・ベース・ドラムスそれぞれの楽器隊の演奏技術。

さらに、ダサカッコいい作詞や作曲、全てが絶妙に合わさって、9mmの唯一無二の音楽を作り出している。


9mm Parabellum Bulletのおすすめのアルバムランキング!

 

続いて、9mm Parabellum Bulletのおすすめのアルバムをランキング形式で紹介したいと思います。

では、どうぞー。

 

第2位 Waltz on Life Line

 

アルバム「Waltz on Life Line」の収録曲一覧

1.生命のワルツ

2.Lost!!

3.湖

4.Mad Pierrot

5.反逆のマーチ

6.ロンリーボーイ

7.Kaleidoscope

8.Lady Rainy

9.ダークホース

10.誰も知らない

11.火祭り

12.モーニングベル

13.迷宮のリビングデッド

14.スタンドバイミー

15.太陽が欲しいだけ

 

上で紹介した「生命のワルツ」「Lost!!」「反逆のマーチ」はもちろん。

他にも「スタンドバイミー」「太陽が欲しいだけ」

この2曲は、かなりやばい。

個人的にこのアルバムで最高の曲2トップ。

 

このアルバム「Waltz on Life Line」では、普段作曲している滝善充だけでなく、メンバー各々が作曲にチャレンジしていて、今までとはまた色の違ったアルバムになっている。

しかし、自分自身このアルバムで良いと思った曲はことごとく、滝善充作曲の曲なので、やはり9mmは滝善充じゃないと・・・と思っているのかもしれない。

ただ、そこを踏まえても今までとは違った9mmを味わえて、かつ「太陽が欲しいだけ」のような滝作曲でこれまでの9mmの良さが存分に出ている曲もあり、完成度は高い。


第1位 Greatest Hits


 

アルバム「Greatest Hits」の収録曲一覧

1.The World

2.Discommunication

3.Supernova

4.Wanderland

5.Black Market Blues

6.Cold Edge

7.命ノゼンマイ

8.新しい光

9.カモメ(Strings Version)

10.ハートに火をつけて

11.Answer And Answer

 

上で紹介した「ハートに火をつけて」「Answer And Answer」は当然良い。

というか、このアルバム「Greatest Hits」はこれまでの9mmのシングル・EP曲を集めたベストアルバム。

当然、ハズレなわけがない。

このアルバムはどちらかと言うと、最近9mmを知ったばかりという方におすすめしたいアルバム。


私の感想と余談

 

マジで余談らしい余談話ですが・・・。

実はうちの母も9mmが好きです。

 

vegasやワンオクを勧めてもハマらなかったくせに9mmにはハマる母。

ロックで激しいは激しいんだけど、どこか懐かしい感じがするから好きとのこと。

 

激しいロックの中に9mm独特の歌謡テイストな部分(?)っていうんですかね。

そういうようなものがあるようには確かになんとなく感じる。

 

若手ロックバンドで50歳を超えたあまりロックが好きじゃない人にも愛されるバンドってなかなかいないと思う。

そんな世代問わず愛される可能性を秘めたアーティスト。

9mm Parabellum Bulletの今後の更なる活躍も非常に楽しみ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。